カテゴリ:Bulgaria/Swiss( 17 )


2011年 05月 17日

LUZERN

旅を終える前日。
ヴェリコ・タルノボでの日本語学科大学生との
会話以外、得意な?日本語を駆使できなかった私は、
ルツェルンで堰を切ったように話しまくった‥‥。

その日の予定は初めから空白だった。
チューリッヒから何処へ行くかはすべて天候次第‥‥。

冬のヨーロッパの朝は遅い。8時を過ぎてようやく
白みかけてくる。夜、薄く降り積もった雪が、窓から
見える薄暗い景色を寒々とさせている。腐った白子の
ような鈍色(にびいろ)の雲は、すぐにでも白いものを
舞い落とす用意ができているようだった。温(ぬく)い
ベッドのなかで地図と睨めっこしながらルツェルン行きを
決める。

スイスのなかでも格段特筆すべき街ではないルツェルン。
2時間ほどぶらつき、小さな土産店に入った。
するとつかつかと歩み寄ってきたのが小柄な日本人女性。
旦那はスイス人。その店に、日本人はほとんど来ないと
いうことだった。私と同様、彼女も日本語に飢えていた
ようだった。
「せっかくスイスに来たのに、こんな天気ではねぇ‥」
「ヨーロッパの冬は、毎日がこんなようなどんよりした
 天気ですよ!それでも今日はリギ山が見えただけでも
 ラッキーと思わなくっちゃ!」
1000円ほどの買い物に1時間も付き合ってくれた
店員さん!ありがとう!!!もっとも、私が入店してから
新たな客は入ってこなかったのではあるが‥‥。
f0140209_4292980.jpg
リギ山
f0140209_4295999.jpg
フィーアヴァルトシュテッテ湖
f0140209_4315578.jpg
ゲシュネッツェルテス(24SF≒2100円)
仔牛肉とジャガイモをホワイトソースで煮込んだ料理。
スイスで唯一の外食。あとは朝食付きホテルの味気ない
コンチネンタルとすべてを近くのスーパーで調達。

by don-viajero | 2011-05-17 04:42 | Bulgaria/Swiss | Comments(0)
2011年 05月 13日

ZURICH Ⅳ

ステンドグラス・グロスミュンスター
f0140209_20153889.jpg

f0140209_20162076.jpg

ステンドグラス・フラウミュンスター/シャガール作
f0140209_20184668.jpg
f0140209_2019159.jpg
f0140209_20191645.jpg


by don-viajero | 2011-05-13 20:20 | Bulgaria/Swiss | Comments(0)
2011年 05月 11日

ZURICH Ⅲ

グロスミュンスターの塔からの眺め
f0140209_20165080.jpg
ザンクト・ペーター教会
f0140209_2018696.jpg
フラウミュンスター
f0140209_2019897.jpg
チューリッヒ湖
f0140209_2020147.jpg

f0140209_20202471.jpg


by don-viajero | 2011-05-11 20:21 | Bulgaria/Swiss | Comments(0)
2011年 05月 10日

ZURICH Ⅱ

マルタ・ハウスの部屋はツインでシングル料金だ。
こじんまりしているものの、小奇麗で掃除もしっかり
行き届いていた。共同のトイレもシャワーも清潔感に
溢れ、さすがにスイスである。

少しばかり部屋で休み、ファーストフードで軽い夕食。
ところがコーラ500ccとバーガーでなんと10SF。
とてもじゃないが軽い夕食どころではない!
ぶったまげるぐらい物価が高い。近くのスーパー
(CO-OP)でワインのハーフボトルを1.8SFで調達。
さすがにこれだけは安い!ヨーロッパを実感させる。
f0140209_18383081.jpg
チューリッヒ市内・1
f0140209_18391768.jpg
チューリッヒ市内・2
f0140209_18395548.jpg
チューリッヒ市内・3
f0140209_18405479.jpg
グロスミュンスター
内部にはジャコメッティ作のステンドグラスがある
f0140209_1842711.jpg
フラウミュンスター
この教会の内部にはシャガールやジャコメッティの
ステンドグラスがある
f0140209_18431928.jpg
ザンクト・ペーター教会
ヨーロッパ最大の時計盤だ

by don-viajero | 2011-05-10 18:48 | Bulgaria/Swiss | Comments(0)
2011年 05月 09日

ZURICH Ⅰ

f0140209_20375595.jpg

空港から電車で10分ほどでチューリッヒ中央駅に着く。
翌日のソフィア行きのためリターンチケットを購入。
往復10.45SF≒1000円にはビックリしてしまった。
f0140209_2047848.jpg
チューリッヒ中央駅
f0140209_20482273.jpg
マルタハウスの部屋
f0140209_2049076.jpg
マルタハウスの屋上から・1
f0140209_20574982.jpg
マルタハウスの屋上から・2

by don-viajero | 2011-05-09 20:51 | Bulgaria/Swiss | Comments(0)
2011年 05月 06日

スイス

$1=120円=1.33SF 1SF≒91円

日本からブルガリア・ソフィアへの直行便はない。

当時、一番安い往復チケットはオーストリア航空が
ウィーン⇔ソフィア便を出していた。その他、
ヨーロッパ各地の主要都市からソフィアへのフライトは
数多くあったのだが、あえてスイス航空にしたのには
大きな訳がある。

チューリッヒの安宿をネットで探しても思うようなものが
見つけられなかった。それは、それなりの設備があり
宿泊費が『安い』。これが必須条件だった‥‥。

結局、探し当てた物件はチューリッヒ中央駅近くで、
トイレ・シャワー共同・シングル/80SF『Marta House』。
こんな大金を払ってのシングル・ルーム/トイレ・シャワー
共同なんて宿、日本ではどう探したって、探せない宿だ!

この時点で、スイスの物価高を認識せざるを得なかったので
はあるが、如何せん、当時スイス航空がアメリカンのグループ
『ワン・ワールド』に属していたことが、このフライト・
スケジュールを組んだ最大の理由となった。

結果、このフライト・マイレージの加算により、二年後、
メキシコへの往復無料チケットをゲットできたのだから、
物価高に関しては文句も言えまい‥‥。

by don-viajero | 2011-05-06 19:45 | Bulgaria/Swiss | Comments(2)
2011年 05月 04日

ブルガリア語

どこの国を訪れるにせよ、一応その国の簡単な
挨拶文だけは覚えて使うようにしている。

ブルガリアは西に接するラテンの国・ルーマニアを
隔てた旧ソ連・ウクライナと同じスラヴの国だ。
しかも、旧東欧諸国のなかでも、最も親ソ連路線を
打ち出していたお国柄だからなのか、使用する文字は
訳の解らぬスラヴ系のキリル文字。一方、ルーマニアは
ラテン語に分類され、アルファベットはほぼ英語と同じだ。

ブルガリアを訪れる前に行ったウズベキスタンで
覚えたロシア語と幾つか似ている表現があった。
それを紹介しよう。
順番に日本語・ロシア語・ブルガリア語

おはよう⇒ドープラエ・ウートラ⇒ドプロ・ウートロ
こんにちは⇒ドープルイ・ヂェーニ⇒ドーバル・デン
こんばんは⇒ドープルイ・ヴェーチェル⇒ドーバル・ヴェチェル
はい⇒ダー⇒ダ いいえ⇒ニェート⇒ネ
バス⇒アフトーブス⇒アフトブース‥‥。

特に「おはよう」や「こんばんは」はときどきゴッチャゴチャに
なって間違えてしまったこともあった。
それでも、結構ロシア語でも通じてしまうから面白い。

by don-viajero | 2011-05-04 08:08 | Bulgaria/Swiss | Comments(0)
2011年 04月 28日

ブルガリア料理

さすがにヨーグルトのお国柄だ。ほとんどの料理に
隠し味を含め、おいしいヨーグルトが使われている。

f0140209_19124140.jpg
カヴァルマ
ブルガリアの代表的料理。熱々のキャセロール(シチュー鍋)に
豚肉とトマト、野菜、マッシュールーム、チーズなどを煮込み、
オーブンで焼き上げたもの(5.8Lv+生ビール中ジョッキ0.9Lv)
f0140209_1924461.jpg
カヴァルマ・マオムレツ
カヴァルマを卵で包んだ料理(7Lv)
f0140209_19262766.jpg
ギュヴェチェ
白チーズたっぷりに卵、トマトをグリルして熱々の
キャセロールで出される(6Lv)
f0140209_19315494.jpg
ミシュ・マシュ
ブルガリア語で「ぐちゃぐちゃ」という意味。
溶けたチーズとトマト、タマネギの煮込み料理(2.35Lv)
f0140209_1935949.jpg
タラトール
冷製ヨーグルトスープ。ニンニク・ディル(ハーブ)が入っている
(1.2Lv)
f0140209_19422858.jpg
ムサカ
挽肉、卵、小麦粉、タマネギ、ジャガイモなどにチーズを
のせて焼いたもの。食前にヨーグルトをかける(2Lv)
f0140209_19451376.jpg
スネジャンカ
「白雪姫」の意。刻んだキュウリやクルミをクリーム状の
ヨーグルトであえたサラダ。ニンニクも隠し味(1.4Lv)
f0140209_19491733.jpg
ボブ・チョルバ
白インゲン豆をにんじんやタマネギなどと一緒に
煮込んだトマト風味のスープ(1.5Lv)
f0140209_1952515.jpg
ヨーグルトケーキ
ソフィア大学近くの有名なケーキ屋さん。コーヒー込み(5Lv)

by don-viajero | 2011-04-28 19:58 | Bulgaria/Swiss | Comments(2)
2011年 04月 26日

Велико Търново(Veliko Tarnovo)

蛇行するヤントラ川の切り立った崖に建ち並ぶ家々。
森に包まれたスヴェタ・ゴラ、ツァレヴェッツ、
トラペジッツァ三つの丘に囲まれた坂の多い街。
地図を見ているだけでは想像もできないほどの
立体的な街。それが第二次ブルガリア帝国の首都として
栄えたヴェリコ・タルノヴォだ。
f0140209_19534044.jpg

リラ発のバスは、どうしたことかオフチャ・クペル
ではなく、ソフィア中央駅のターミナルへ着いた。
翌日のヴェリコ行きは、ここから出るので、近くの
エニーホテル(シャワー付・トイレ共同・朝食なし・$20)
に宿をとる。

翌朝7:45発に乗ったのはよかったのだが、つい居眠りを
してヴェリコを通り越し、シューメンまで来てしまった。
運ちゃんに身振り手振りで説明すると、彼は丁度着いた
ヴェリコ行きの運ちゃんに事情を話し、乗り越し分も、
引き返し分もなしで乗せてくれた。

すっかり日の暮れた街で、泊まるつもりの宿が見つからず、
ウロチョロあっち行ったり来たりしていると、後ろから
「May I help you ?」の声。振り向くと若い女性だ。
「あのぉ~‥日本の方ですか?」流暢な日本語で話しかけて
きた。私はこの旅で初めて聞く日本語に戸惑い、しかも
ブルガリア女性の日本語に大いに驚いてしまった。彼女は
ヴェリコ・タルノヴォ大学・日本語学科の生徒だったのだ。
日本へは一度も訪れたことがないのに、その会話力に
ただただ脱帽してしまった。彼女の助けを借り、すぐにホテル
(トイレ・シャワー付・朝食なしLv25)を見つけることが
できた‥‥。感謝、感謝だ!
f0140209_19544066.jpg
宿の窓からの風景
f0140209_19592289.jpg
右がアッセン王モニュメント
f0140209_2041793.jpg
アッセン王モニュメント付近からの眺め
f0140209_2035736.jpg
ツァレヴェッツの丘
f0140209_2064289.jpg
聖処女降誕聖堂
f0140209_2082461.jpg
石畳の続く旧市街
f0140209_2095291.jpg
スーパーで買った素焼きに入ったキセロ・ムリャコ(ヨーグリト)
f0140209_20105335.jpg
土産店のレチャ嬢
f0140209_20395954.jpg
レチャ嬢に写真を送ってやったらお返しに送られてきた、紅白のお守り『マルテニッツァ』


                      

by don-viajero | 2011-04-26 20:19 | Bulgaria/Swiss | Comments(0)
2011年 04月 24日

Рилски Манастир Ⅲ

ここでも当時の日記を紹介する。

-僧院の門を潜ると、そこは別世界。
さすがに世界遺産に指定されるだけのことはある建築物だ。
この山奥の静寂の中、凜としてたたずんでいる姿は、
善光寺がどうの、松本城がこうの、といっているアフォどもに
見せてやりたいものだ。仏教の曼荼羅を思わせる、壁面から
アーチ状の天井いっぱいに描かれたフレスコ画。まるで
『聖母誕生教会』をガードしているかのように、取り囲んで
建っている四階建ての宿坊。かつては、何千人もの僧たちが
修行をし、暮らしていた庭。これこそが世界遺産と呼ぶに
相応しいものなのだ。浮かれ気分に指定を願っているものとは
大違いだ‥-
f0140209_19175269.jpg

f0140209_1918361.jpg

f0140209_1919735.jpg

f0140209_19193241.jpg

f0140209_19195246.jpg

f0140209_19203711.jpg
f0140209_192138.jpg
f0140209_19212612.jpg
f0140209_19214796.jpg
フレリョの塔
f0140209_192305.jpg


by don-viajero | 2011-04-24 19:26 | Bulgaria/Swiss | Comments(0)