陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Guatemala/Honduras( 16 )


2009年 10月 12日

ホンジュラス【コパン遺跡】

2/22(火) 晴れ
頭上には満天の星が煌いている。
空気が澄んでいるのだろう。15人ほどの人々が、一軒だけ
開いている雑貨屋の前でたむろしている。
チキムラ行きは5時発。ザックを枕にベンチに横たわり、
天上に煌く星々を見上げながら幾ばくかまどろむ。
チキムラ行きのミニバスは定員20名を40人以上詰め込み、
ギシギシだ。カーブのたびに大きく傾く。怖い、怖い。
隣のおっちゃんに「チキムラ、チキムラ」と言っていたのだが、
寝過ごしてしまい、エスキプーラスまで来てしまった。
再びチキムラ行きのミニバスに乗り込み、今来た道を戻る。
エル・フロイドへは乗り合いトラックを拾えということで途中降ろされる。
これも旅。とんだハプニングだ。
私も含めて3人が、ポンコツトヨタ・ハイラックスの荷台に乗り、出発。
30分ほどでエル・フロイドの街に着く。隣に停まっていた国境行きの
バスに乗り換える。乗客は少ないがすぐに出発。
ハリケーン『ミッチ』の爪痕か?道はガタガタ。これを機会に
拡幅工事もしている。オンボロボンネットバスは上り坂になると、
ヒーヒー喘いでやっと動いている状態だ。後部座席から
「それ!ガンバレ!」のエールを送る。
9:30、国境着。スムーズに通過。「マイホテル」の世話焼きを兼ねた
両替屋に纏われる。とりあえず、$10だけ両替。最後まで
「マイホテル」を繰り返し、くっ付いてきた、『グーニーズ』の
チャンク似の少年が乗り合いトラックに一緒に乗り込む。
峠を越え30分ほどで小さなルイナス・コパンの街に到着。
少年は「Only looking!」と言ってもかなり執拗に纏いつく。
やはり、彼の紹介する宿はただ安いだけで汚いところだ。
最初から決めていたブリナス・コパン(一泊$12)へ行く。
感じのいい、初老のおばさん。坪庭には花が咲き乱れ小奇麗だ。
荷をほどき、部屋を出るとドアの前であの少年が涙を流して
立っているではないか。少しばかり彼の話を聞いてやる。徒労に
終わってしまった悔しさだろう。$1あげるととても喜んで帰っていった。
昔は絶対しなかったことだ。ホテルを出て、隣のレストランで
朝食兼昼食を済ませる。食事中、チャンク少年が入ってくる。
彼を呼び寄せ、ゆっくり話しを訊いてみる。
本当か嘘か分からないが、父親を『ミッチ』で失い、幼い妹が
二人いて、学校へも行かず働いているらしい。先ほどの涙も頷ける。
しかし、そんな子は私が今迄旅した国々にはたくさんいる。
彼にとって、私はラッキーな客であったことだろう。
BANKに寄り$10両替。こちらのほうが少しばかりレートがよかった。
$20分もL(レンピテ)があれば充分だろう。$も通用することだし。
歩いて10分ほどのコパン遺跡へ行く。入場料$10、少し高いな。
これだけの遺跡を維持し、しかも未だに発見されていないものまで
あるのだから仕方あるまい。入り口には派手な色をしたコンゴインコが
出迎えてくれる。
f0140209_8572930.jpg

 【アルターQ・一面4人、計16人のコパン歴代王が刻まれている】
二時間ほど歩き回っているとアメリカ人?の老夫婦がなにやら
騒いでいる。彼らの指差す先にはモルフォー蝶が一匹、
華麗に舞っているではないか!生れて初めて見るブルーに輝く
美しい姿。あっという間に視界から消えてまった。20分ほど辺りを
探してみたが、二度とその姿を拝むことはできなかった。2時半ごろ
ホテルに戻り、シャワーを浴びながら、パンツ・靴下を洗い、ホテルの
物干しをチョイ借り。しばらく街をブラつく。今回の旅で初めて市場を
覗く。物売りとの会話は、訳が解らなくともそれだけで旅を感じる。
果物売り場に可愛い元気なお姉ちゃん。オレンジの切れ端を
食べさせてくれる。ジューシーで美味しい。三個買う。一個8円弱だ。
ついでに、「¿Puedo tomarle una foto?」「O.K.」
夕食は5時にレストランに入り、たまには違ったものをと思い、
パスタを注文する。といってもやはり大盛りだ。セルベッサ二本。
腹も達し、ホテルへ帰り、シャワーを浴び、バターン・キュー。
7時、熟睡!

by don-viajero | 2009-10-12 09:28 | Guatemala/Honduras | Comments(0)
2009年 10月 10日

グアテマラ・Ⅲ【セイバル遺跡】

2/21(日) 晴れ
6時起床。今日も暑そうだ。
シャワーを浴び、ホテルに荷を預け、とりあえずチェックアウト。
朝食は街の開放的なレストラン。コーヒーがあまりにも
美味しく、おかわりをする。
朝食後、昨夜カルラ嬢に指示されたホテルの前に立って
待っていたのだが、約束の8時になってもミニバスが来ない。
少々、不安。しばらくすると、エディルマ嬢がやってきて$25を
私に返し、、客が一人しかいないので中止だと。
二人して昨日のサンファン・エージェンシーへ行ってみる。
セイバル行きのツァーは、もう一人の客がいるだけだが、
遂行するとのこと。$30を払い、待つ。
当たり前のことではあるが、旅人にとってはみんな親切に映る。
9時10分前、事務所の前にセイバル行きのミニバスが横付け
される。中には一人だけ乗っていた。驚き!もう一人の客とは
日本人の娘(こ)だったのだ。東京でOLをしている多胡さん。
一時間ほど走り、パシオン川に着く。
すぐにラルゴおじさんの運転するランチャ(ボート)に乗り込む。
途中、ワニのいる場所でゆっくり走らせたり、なかなか親切な
おじさんだ。一時間ほどでセイバル遺跡入口のボート乗り場に
到着。うっそうとしてジメジメした薄暗いジャングルの中の登り道。
私は多胡さんにこう訊ねてみた。
「もし、私がこのツァーに申し込まなかったら、
 一人だけだったかもしれないよね!
 こんなジャングルの山道で襲われたら
 お終いだよ!それでも来た?」
「それでも来ました!
 何かあったら、それはその時の私の運命だもん!」
恐れ入りました!大和撫子の度胸には驚かされる!
30分ほどで遺跡のメインに辿り着く。そこからは別れて、
それぞれ自由に歩き回る。二時間ほどでボート乗り場に戻る。
彼女、遺跡に興味があるというだけあって、なかなか降りて
来ない。彼女を待つ間、蝶を追っかけて写真撮影。
彼女が見えたとたん、間髪を入れずラルゴがランチャのエンジンを
回す。12:40出発。走り始めると同時に、昼食のサンドとジュースを
渡される(ランチ付きツァー)。川を渡る風を斬ってランチャは
快適に飛ばす。乗り場に着くなり、近くにあるコメドールに飛び込み、
冷えたセルベッサを一本。旨い!と思ったとたん、
迎えのミニバスが到着。慌てて飲み干す。
サバナホテルには3時ごろ着く。多胡さんとはここでさよなら。
カルラ嬢にプールに入っていいか訊ねると、OK.
ザックから水泳パンツを取り出し、ひと泳ぎ。気持ちいい!
荷をそのまま預け、この島の頂上にある教会の前で時間をつぶす。
近くの雑貨屋でセルベッサを買い、遊んでいる子供たちやベンチに
ぼんやり座っているおじさんとお喋りしたり写真を撮ったりする。
マヤン・レストランでペピアン+プラト・ティピコが食べられる
というので、時間は早いが6時ごろ夕食にする。
セルベッサ、コップともよく冷えていて美味しい。
7時半、ホテルに戻り、カルラとエディルマに別れを告げ、
サンファンへ向かう。そこには若い日本人男性がいた。
彼もやはりシティー行きの夜行バスを待っていた。少しばかり
話し込んでいるとバスが来る。しかし、彼だけはよし。私は待て・・?
「Why?」きっと彼とは違う便だったのだろう。8:30過ぎても
バスは来ない。不安。事務所の人間に訊いてみても、
もう少し待ての繰り返し。9時少し前、やっとバスが来た。
自分の指定席は確かに空いていた。一時間づつ遅れていたのだ。
バスは途中、人々を乗せたり、降ろしたり忙しない。
しかし、走っているときの速さといったら、あまりのスピードオーバーに
心配でなかなか寝付くことができない。
リオ・オンドの街には深夜2:40着。

by don-viajero | 2009-10-10 21:13 | Guatemala/Honduras | Comments(0)
2009年 10月 08日

グアテマラ・Ⅱ【ティカル遺跡】

2/20(土) 霧後晴れ
5時少し前、パンパ~ンとものすごい音で目を覚ます。
ホテルの近くの崖でも崩れ落ちたのかと飛び起きる。
しばらくすると再び同じ音。爆竹だと判る。
ちょうどよい目覚ましだった。あのままだと6時の便に
乗り過ごすところだった。
6時前、ホテルの前にミニバスが到着。途中、他のホテルを
巡り、ドイツ人二人、スペイン人三人、計五人を拾う。
窓の外は薄い霧がまいている。一時間ほどでティカルに着く。
駐車場からは、やはり一時間おきに帰りのミニバスが出ている
とのこと。
熱帯ジャングルの中にあるマヤ最大の遺跡だ。
入口で地図をもらい、道順通り進むと突然霧の中から
でっかい神殿(Ⅰ号神殿の裏側)が現れる。
f0140209_203729.jpg

道なりに回りこむと広場に出た。グラン・プラザだ。
Ⅰ号神殿の階段は崩壊しているので登る事はできない。
対になっているⅡ号神殿の上部にはすでに数人の観光客がいる。
狭くて急な階段、下りはさぞやおっかないだろう。
f0140209_2011421.jpg

上では狸の顔を細くしたような動物(ハナアナグマ‥現地語で
アルディーア)に外人さんたちがパンを与えている。
f0140209_20161289.jpg

そこへ日本人の女の娘が一人登ってきた。
アンティグアのスペイン語学校に通っているという野崎さん。
彼女からいろいろな情報を聞き出す。
やはり、グアテマラ・シティはかなりヤバイらしい。できることなら
素通りしたほうがいいらしい。
もし逢えたら、アンティグアでまた逢いましょうということで、
ここでバイバイ。再び神殿巡り。どの神殿も急な階段なのだが、
その下から見上げると、どうしても上まで登りたくなってしまう。
Ⅳ号神殿の頂上からは突き出たⅠ号神殿、Ⅱ号神殿、Ⅲ号神殿が
樹海の中から浮かびあがる。
f0140209_20304180.jpg

ジャングルを吹き渡る風が心地よく頬を撫でる。
よくぞ、熱帯の旺盛な植物に蹂躙され、緑の海に埋没してしまった
これら神殿群を発見できたものだと、ただただ感心する。
10時ごろには霧もすっかり晴れ上がり、くそ暑くなる。まるで夏だ。
空はアルティプラーノの青、そのものだ。
f0140209_2057983.jpg

               Ⅰ号神殿
f0140209_2058447.jpg

               Ⅱ号神殿
f0140209_2059922.jpg

             ノース・アクロポリス
f0140209_20595549.jpg

              ティカルの地図

1時ごろ、遅い昼食を駐車場近くにあるコメドール(安食堂)でとる。
なんと、その店で再び野崎さんと出くわす。
一人冷えたセルベッサを優雅に飲んでいる場合ではない。
このままフローレスからシティに飛行機で帰るという
彼女にもセルベッサを奢ってやる。
2時、フローレス行きのミニバスに乗る。
フローレスの対岸の街・サンタエレーナで降り、明日の夜行便の
バス会社をあたる。しかし、クソ暑い。30℃以上はあるだろうか?
一社だけチキムラ行きのバスがあったのだが夜行便ではなく
AM6:00発のみ。ホテルへ帰ってから考えようと、半ば
夢遊病者のようにフラついて歩いていると、一人の青年に
声をかけられ、どこへ行きたいのか訊ねられる。
彼はサンファンというエージェンシーへ私を連れて行ってくれた。
それもそのはず、彼はここの社員だったのだ。
シティ行き20:30発、デラックスバス、150Q≒2100円。
私は途中、リ・オンドで降りるから、まけてくれと交渉したのだが、
駄目。少し高いがしようがない。これしかないのだから‥‥。
予約を済ませ、ホテルへ帰り、シャワー。昨夜、稼動しなかった
エアコンを直してもらい、一眠り。
6時ごろ、明日のセイバル遺跡行きのツァー($25)をカウンターで
申し込み、カルラとエディルマのお嬢様方と記念写真。
f0140209_21133630.jpg

今夜の食事はどこにしようか迷っていると、ブラついている
足は昨夜のレストランへと向かっていた。しかし、
その途中にあったレストランを覗き、エンチ・ラーダスが
できるか訊ねるとできるというのでここに決める。
早速、セルベッサ。なんとグラスまで冷えているではないか!
超感激!!!美味しいビールに美味しい食事。お腹一杯!
昨夜のスーパーで缶ビールを買い、シャワーを浴び、カンパイ!
一日中、炎天下の下、歩き回っていたのでクタクタだ。
8時にはベッドに入り込む。おやすみ‥‥。
f0140209_21123724.jpg

                エンチラーダス

by don-viajero | 2009-10-08 21:15 | Guatemala/Honduras | Comments(2)
2009年 10月 07日

グアテマラ・Ⅰ

2/18(金) 曇り
成田、定刻通りAAは出発。二人掛けの座席は私一人。
ゆっくりと空の旅ができた。座席の前には液晶テレビ。
ナショジオのチャンネルまである。シアトルにも定刻通り到着。
ここからは同じ便名でも別機に乗り換え国内線になる。
マイアミからの到着が一時間遅れたため、一時間送れて出発。
離陸直前の急ブレーキ。正直、肝を冷やした。
一旦ゲートに戻る。突然のトラブル発生のため、機内にて
一時間半も待たされる。定刻より二時間半ほど遅れて再度離陸。
マイアミには23:00着。空港内は深夜にもかかわらず、
すごい賑わいである。しかも、営業を閉じた店舗内には
たくさんの人々が床に寝そべっているので安心して横になる。
外はムッとするほどの熱気なのに、2時ごろになると、
人通りも少なくなり、空港内は冷房の効き過ぎだろうか、
少し寒い。なかなか寝付けず、持ってきた本を読んだり、
空港内をブラついて時間を潰す。(帰路もこの空港で寝た)

2/19(土) 晴れ
一睡も出来ず、6時ごろレストルームで顔を洗う。
一時間もたつとカウンター周辺も賑わってくる。
ボーディングチェックオンリーのカウンターに並び、
搭乗手続きを済ませる。早速、GateE20に向かい、朝食。
窓越しからの暖かい朝日が、疲れた身体をまどろませてくれた。
椅子にもたれながらも二時間ほどぐっすり眠れた。
マイアミ11:00発。グアテマラ行きの機内には日本人は私一人。
しかもガラガラだ。カリブの真っ青な海を眼下に眺め、
12:45グアテマラ・シティ/ラ・アウロラ空港に着く。
AAのカウンターでリコンファームを申し込むと、
「You don't need ! Why do you need ?
 You must only come here before 2 hours
 at departure time on 3 March.」である。
「I see.」でそのままやり過ごす。
フローレス行きのカウンターに行き搭乗手続き。
夕方まで空港の外をブラついたり、空港内の土産物店を
うろつく。外は快晴。淡い紫色の花をたわわにつけた木々が
涼しげになびいている。
タカ・エアー、定刻通り18:45発。もちろん日本人はただ一人。
あとは欧米人の年寄りばかりだ。50分ほどでフローレス着。
あたりはすでに真っ暗。いよいよ旅のゴングが鳴った。
バスを待とうと思ったのだが、ミニバスの客引きが15Q=220円と
言い寄ってきたので、10Qならいいよと言い返すとOKで乗り込む。
しかし、橋が工事中のためフローレス島へは行けない。
ここで5Qだけ渡して降りる。運ちゃんはかなり不服そうだった‥‥。
歩いてレイエノ橋を渡る。橋といっても工事中のためか盛土を
しただけのものである。島の灯りを頼りに目指すサバナホテルを
探す。意外と簡単に見つけることができた。
二泊分(一泊$25)をカードで支払い、明日のティカルツァーを
申し込むと、高いからやめろとのこと。
明朝一時間おきにティカル行きのミニバスがホテル前に来るから、
それに乗ってい行けばいいと。(日中は橋が車両通行可能になる)
何と欲のない連中だろう。(カルラとエディルマのお嬢様?たち)
ツアー会社にアポをとれば、幾ばくかのマージンが貰えると
思うのだが‥‥。とにかく親切だ。
小さなプールに面した廊下からは、漆黒の闇のなかに広がる湖から
漣だけが聞こえてくる。
部屋に入るなり、熱いシャワーを浴びる。空港からここへ来るまでに
汗ビッショリになっていた。
空腹を満たすため街へ繰り出す。レストラン・エルトカンでギンギンに
冷えたビール(セルベッサ・Gallo)、コンビナシオン・トゥカン(タコス・
フラウタ【柔らかいトルディージャで具を包んだもの】・サラダ・
フリホーレス【うづら豆の煮込み】・ピラフのセット料理)を注文する。
すごい量だ。しかし、あっという間に平らげる。
よっぽど腹が減っていたのだろう。味はよし、美味しかった。
これからも付き合うGalloもまずまず。
ホテルの帰り道、こじんまりしたスーパーを見つけ、明日の買出し。
ミネラルウォーターとスナック菓子。
f0140209_21555112.jpg

          ペテン・イツァ湖とフローレス島

by don-viajero | 2009-10-07 21:43 | Guatemala/Honduras | Comments(0)
2009年 10月 06日

マヤ文明・序章Ⅱ

この旅は初めて往復運賃無料のマイレージを行使した。
アメリカン航空の場合、中米へは5万ポイントでゲット。
今回は旅行記と写真を載せていくことにする。

ここで簡単な行程を紹介する。(青文字は宿泊地)
’00年2月18日~3月5日(閏年)
成田✈シアトル✈マイアミ✈グアテマラ・シティ✈フローレス
フローレス(乗り合いバス)⇔ティカル・ワシャクトン遺跡
フローレス(乗り合いバス+ランチャ【ボート】)⇔セイバル遺跡
フローレス(夜行バス)⇒リ・オンド(バス)⇒エル・フロイド(国境)
ホンジュラス入国・(乗り合いトラック)⇒コパン
コパン(乗り合いトラック)⇒国境・グアテマラ再入国
エル・フロイド(バス)⇒リ・オンド⇒グアテマラ・シティ⇒
チチカステナンゴ⇒サンフランシスコ・エル・アルト⇒
ウエウエテナンゴ⇒トドス・サントス・クチュマタン
ウエウエテナンゴ⇒パナハッチェル
パナハッチェル(高速ボート)⇔サンチャゴ・アティトラン
パナハッチェル(乗り合いトラック)⇔サンタ・カタリーナ
パナハッチェル(バス)⇒アンティグア
アンティグア(バス)⇒グアテマラ・シティ✈マイアミ✈シアトル✈成田
f0140209_18264054.jpg


by don-viajero | 2009-10-06 18:29 | Guatemala/Honduras | Comments(2)
2009年 10月 03日

マヤ文明・序章Ⅰ

南米インカ文明に触れてから4年後の2000年2月、
マヤ文明との出会いを求め、グアテマラに旅立った。

北米と南米を結ぶ、細長い陸地に点在する小さな国々。
グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、そしてエルサルバドルに
またがるマヤの巨大遺跡群。しかも、それら各遺跡は
おおよそ三千年以上の時空のなかに点在する。つまり、
旅人は長大な歳月を超える旅を体験することになるのだ。
そのなかにあってとりわけ、神秘的なマヤ文明を多く残す
グアテマラは最も魅力的な国であろう。

ほんの数年前の’96年まで悲惨な内戦を繰り返してきた
民衆は、イデオロギーの違いを乗り越え、平和であることの
幸せを十二分に感受していた。
ただ、マヤの文明を受け継いできた深淵な先住民文化のなかに、
常につきまとう貧困や内戦の傷跡をも見せつけられた。
すべてのイメージや事柄は渾然となって一つの現実として
存在し、私を待っていた。

実際に興味ある国を旅するということは、自分のイメージの
確認作業と破壊作業の繰り返しにほかならない。
経験上、未知の文化や生活に出会えば、持ち合わせていた
常識はどんどん壊れはするが、世界はさらに広がってゆく。
そして、この国は私の大いなる好奇心をしっかり受け止めてくれた。

マヤ遺跡訪問とは別に各地、曜日ごとに催されるメルカド(市)を
目安に旅の日程を作り上げた。
例えば、日曜日と木曜日に開かれるチチカステナンゴの市、
金曜日は標高2640m、グアテマラ最大の規模を誇る
サンフランシスコ・エル・アルトの市、土曜日は山あいにある
先住民マム族の村、トドス・サントス・クチュマタンの市‥‥。

この国の主人公は昔も今もマヤ系先住民たちだ。
それぞれの地で、異なった美しい民族衣装を身に着けた
先住民女性の姿に目を奪われる。色彩豊かなウィピル(貫頭衣)、
コルテ(直線裁ちの巻スカート)を日常普段に着こなして
生活する女性たちの存在そのものが一つの芸術のようにも写る。

そんなエキサイティングなグアテマラの旅を紹介しよう!

by don-viajero | 2009-10-03 20:34 | Guatemala/Honduras | Comments(0)