陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Peru/Bolivia( 28 )


2017年 06月 15日

帰路

'96//1/25/0:25発マイアミ行きのAA機で、リマの空港から
18日間という、長~い時間を自分だけの為に費やしたことを
許してくれたカミさんに感謝し、楽しかった旅の日々の
記憶を、一つ一つ想い出しながら帰路に就いた…。
f0140209_20101575.jpg
『アラスカの山々』
f0140209_2011816.jpg
『マウント・レーニア(4,392m)』

by don-viajero | 2017-06-15 20:13 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 06月 07日

LIMA Ⅲ

リマを離れる…。
それは南米大陸の旅の終了を意味する…。

静かに一日を過ごし、昼飯はリッチに海岸に突き出た
高級レストランで『セビチェ』と決めていた…。

f0140209_1957749.jpg

f0140209_19572614.jpg
f0140209_19574440.jpg


by don-viajero | 2017-06-07 19:58 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 06月 03日

LIMA Ⅱ

悪趣味かもしれないが、若いころから機会があればぜひ覘いて
みたいものがあった。

それは宗教観にも由来しているものであるが、日本では決してあり
えない風習である『Catacombs=カタコンベ(地下墓地)』である。
その機会がこのリマの街で体現できた……。

セントロ(旧市街)にあるサン・フランシスコ教会を訪ねた。
英語ガイドのお嬢さんに導かれたその場所は、壮観?以外の
何ものでもない。まさに現実を突きつけられた思いであった…。
f0140209_18415312.jpg
どんよりとしたカビ臭い空気が立ち込める『カタコンベ』。
f0140209_18431017.jpg
f0140209_18433170.jpg
中庭を囲む回廊に残された、16世紀前半の美しいセビリアン
タイルが施された『サン・フランシスコ教会内部』。

by don-viajero | 2017-06-03 18:45 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 06月 01日

LIMA Ⅰ

ラ・パスから南東に450㎞離れたコチャバンバの街へと
2泊3日の行程で、片道5時間半バスに揺られ訪ねてきた。

ラ・パスに戻り、その翌々日ボリビアを離れ空路ペルー・
リマへと向かう。
f0140209_2026071.jpg
『リマ市内』

フライト時間たった1時間40分で、12日前に初めて南米の
地に降り立ったホルヘ・チャベス空港に舞い戻ってきた……。
f0140209_2027218.jpg
『ホルヘ・チャベス空港』

by don-viajero | 2017-06-01 20:28 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 05月 30日

LA PAZ Ⅳ

f0140209_19362381.jpg

f0140209_19371599.jpg

スペイン統治時代を色濃く残すハエン通り。
美しく静かな通りを歩いていると、遠い昔に
トリップしてしまったような錯覚を覚える。
f0140209_19381615.jpg

宿泊したホテルに面した、数々の露店のメルカードで賑わう
サガルナガ通り。
f0140209_1938532.jpg

パセーニョス(ラパス市民)の憩いの場所ムリリョ広場。

by don-viajero | 2017-05-30 19:40 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 05月 25日

LA PAZ Ⅲ

f0140209_19103719.jpg
『ライカコタの丘』

日曜日には家族連れやアベックのパセーニョス(ラパス人)で
賑わう公園だ。
f0140209_19122927.jpg

f0140209_19133726.jpg
とにかくここからの眺めは最高だ!イリマニ山をはじめ、
月の谷と呼ばれる浸食された谷、マッチ箱みたいな家々と
ラパス市内を一望できるビューポイントである。
f0140209_191519100.jpg
『イリマニ山・標高6,402m』 
f0140209_1916320.jpg
『月の谷』

by don-viajero | 2017-05-25 19:17 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 04月 25日

LA PAZ Ⅱ

大きなすり鉢状の街は、上からアドベ(日干しレンガ)の家々、
コロニアル建築の家々、そして底には高層ビルが立ち並ぶ。
上へ行くほど貧しい人々の家となる。

人口の半分以上をインディヘナ(スペイン語で「原住民」の意)が
占め、市内には食料品を売るメルカード(市場)が広がり、
三つ編みの髪を山高帽から垂らした民族衣装のインディヘナたちが
行き交う。
f0140209_18371761.jpg

f0140209_18381530.jpg

f0140209_18405498.jpg

f0140209_18414260.jpg

f0140209_184245.jpg


by don-viajero | 2017-04-25 18:51 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 04月 23日

LA PAZ Ⅰ

標高4,000ⅿ近いアルティプラノの大地をひた走ってきた
バスは、夜の帳が始まりかけた、すり鉢状の底を目指して
グングンと高度を下げてゆく‥‥。
f0140209_19372327.jpg

f0140209_19374675.jpg
標高3,800ⅿ。
すり鉢状に広がる街、そこが世界最高所の首都ラ・パスだ。
f0140209_19385470.jpg

f0140209_19392029.jpg


by don-viajero | 2017-04-23 19:40 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 04月 21日

PUNO➡LA PAZ

プーノ8時発のツーリストバス($18・日本人は私一人だけ)に
乗車し、国境の街ユングーユでペルー出国・ボリビア入国の
手続きを済ませ、ボリビア側のツーリストバスに乗り換え、
コパカバーナの街で(リオの海岸ではない!)ランチタイム。
その後ティティカカ湖のティキーナ海峡をフェリーで渡り、
一路ラパスへ‥‥爽快な蒼空の下に広がるアルティプラノ
大地を、10時間かけての旅だった。

陸路での国境越えは1977年インド・アムリッツァ→パキスタン・
ラホール以来で、微かな興奮を覚える。
f0140209_1941647.jpg
『プーノのインフォメーションで』
f0140209_1925159.jpg
f0140209_19579.jpg

f0140209_196795.jpg
『湖畔沿いを走る』
f0140209_1965775.jpg
『ティキーナ海峡』

by don-viajero | 2017-04-21 19:09 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 04月 20日

Lago Titicaca Ⅲ

f0140209_1992378.jpg
『ウロス島の展望台』
f0140209_1910124.jpg
『手漕ぎボート』
f0140209_19112147.jpg
『バルサ(トトラで編んだ舟)』

by don-viajero | 2017-04-20 19:12 | Peru/Bolivia | Comments(0)