陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:「アドルフお坊ちゃん」( 43 )


2017年 07月 10日

総まとめ

小学生のころから嘘つき晋三少年!

嘘つきお坊っちゃんの総まとめです!!!

by don-viajero | 2017-07-10 19:32 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 07月 08日

お坊っちゃんと不愉快な仲間たち

f0140209_19514938.jpg
指さしながら「こんな人たちには負けない!」
(インディペンデント・ウェブ・ジャーナル)

有言不実行を実直に繰り返す“出まかせ男”とは?

「おい!スガよ、都議選惨敗残念会を
 フランス料理で食事会でもやろうぜ!
 もちろんあの金(機密費)でな!」
「御意!誰をお呼びすればよろしいでしょうか?」
「もちろん、スガお前とヒョットコ、デコちゃんで
 いいかな?」

場所はあるフランス料理店で‥‥
「ボクはちっとも悪くなかったよね!」
食事会のみんな静かに頷く‥‥
「惨敗は“This is 敗因”の4人だよ!」
「4人って誰のことですか?」
「豊田(t)・萩生田(h)・稲田(i)・下村(s)だよ!」
「う~ん‥‥なるほど!」
「次の改造では、あいつら入閣させないからなぁ!」
「御意!」
「ボクは口だけ謝り続けるから大丈夫だよ!!!」

巷間囁かれているのは、ご本人の退場であることを
まったく解っていない、愚かなお坊っちゃんである!
悪いのはすべて人のせいにする‥‥裸の王様だよ!

by don-viajero | 2017-07-08 20:01 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 07月 02日

秋葉原にて

f0140209_12545132.jpg
『雨に濡れた我が家のピンクのバラ・花言葉“温かい心”』

【講釈師 見てきたような 嘘を言い】
(この話は事実です/一部脚色‥‥)

‐帰れ~! 辞めろぉ~!-
‐アフォノミクスはどこに消えたぁ~?-
街頭演説のあちらこちらから非難コールが、怒号の如く
沸き上がる‥‥。

そんな声の主たちに、お坊ちゃんは指さしてこう言った!
「こんな人たちに負けるわけにいかない!」
‥‥誰だっけ?「人を指さして物を言うものじゃない!」って
言ったのは???‥‥
続けて「相手を誹謗中傷したって何も生まれない!」
と言い放ち、自分の成功を列挙しまくり、その後延々と
旧民主党政権を誹謗中傷しまくったのだった‥‥。

この短舌の口から出まかせお坊ちゃん『温かい心』と
いうものは、持ち合わせていないのだろうな!

by don-viajero | 2017-07-02 13:00 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 06月 30日

偽政者たち

彼らは為政者ならぬ偽政者集団と呼んだ方がいいのかも
しれない‥‥。
親分が嘘つきなら子分まで平気で嘘をつくんだね!

「スガよ!
 ボクは東大出が大っ嫌いなんだ!
 でも閣僚に任命するには、少しばかりは
 彼らを優遇しなくっちゃね!
 でも、奴らは世間知らずだからすぐに
 迷言を吐くんだよ!
 『長靴』の務台や『東京じゃなくてよかった』の
 今村はすぐに首だよ!!!」

「お坊ちゃん、因みに私は法政ですから‥‥」

「特にボクの家庭教師だった平沢はボクを東大に
 入れてくれなかったから、絶対に閣僚になんか
 指名しないよ!」

「それでは、伊達メガネのお嬢さんは?」

「彼女はボクが育ててきた早稲田出の政治家だからね!
 多少のことには目を瞑ってやるさ!」

「御意!!!」
f0140209_19194047.jpg
『我が家のユリ・黄色いユリの花言葉は“偽り”』

by don-viajero | 2017-06-30 19:21 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 06月 27日

Trump's Lies

f0140209_1833542.jpg
『The New York Times紙より』

ニューヨーク・タイムズ紙の報道によると、トランプ大統領は
就任後、週5日は嘘をついているらしい‥‥。

道理でアドルフお坊ちゃんと気が合うわけだよ!!!

by don-viajero | 2017-06-27 18:39 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 06月 26日

「丁寧な説明」

「嘘をついてはいけません!」
そう言われて育てられてきた子供たちは、あの高飛車な人の
発するこの言葉を、どう受け止めているのだろうか‥‥。

国会閉会後の言いっ放し会見で、短舌のアドルフお坊ちゃんは
「加計疑惑」に関して、この言葉を繰り返した‥‥。

「安保法制」を強引に成立させた後の会見でも、この言葉を
繰り返し言っていたが、あれから一回として「丁寧な説明」を
聞いた記憶はない‥‥。

嘘をつくのは平気の平の御仁なのだろう‥‥。

「アドバルーン」のように次から次へと、まるで目先を変える
ように打ち上げる心地よい言葉の政策。
「プレミアムフライデー」、「キッズウィーク」etc‥‥。
f0140209_19192430.jpg
『白い花・パクチー』因みに花言葉は「辛辣」。

by don-viajero | 2017-06-26 19:21 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 06月 22日

『A級戦犯』

戦争ごっこじゃあるまいし、軽々(かるがる)しく
こんな言葉を使ってもらいたくはないのだが‥‥。
f0140209_1926912.jpg
『Wiki』より』

「あのヨーダ・スガめ!ボクは完全に頭にきた!
 あいつに任せておきさえすれば、すべて大丈夫だと
 思っていたのに!あいつは『A級戦犯』だよ!
 そもそも(アドルフお坊ちゃんが辞書で
 調べたら基本的って意味があったらしいが‥‥)
 軽々(けいけい)に『怪文書』なんて言って
 しまったから、節目が変わってしまったんだよ!」

「ボクの辞書に間違いはない!
 すべてにおいてボクは正しいのだ!
 他者は『印象操作』をして、ボクを
 貶めようとしているだけなのだ!!!」

私にも軽々(かるがる)しく言わせてもらえば、
そもそもは『息を吐くように嘘をつき』嘘の上塗りを
繰り返し続ける当の本人こそが、『超A級戦犯』
じゃないだろうか!

このアドルフお坊ちゃんに、心底御退場願いたいと
思っている者は、決して私一人ではないだろう!!!

by don-viajero | 2017-06-22 19:34 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 06月 09日

蕎麦

f0140209_2074274.jpg
Wikiより】

「へ~い!らっしゃい~!!!」
行きつけの蕎麦屋の暖簾を潜ると、威勢のいい声で
店主が迎える。

「おっ!お坊ちゃん久しぶりだねぇ~!」
「そうだよなぁ…。メニューを注文するのが…」
「そうなんですか…?
 ところでモリにしますか?それともカケにしますか?」
「…。モリカケがいいかな(笑)」

「そういやぁ~海の向こうのお坊ちゃんのお友達、
 ドナルド君は大丈夫ですかねぇ?」
「あいつは‐フェイク‐で誤魔化すだろうな…」
「ボクは金子勝が‐息をするように噓をつく‐が
 誤魔化せないところまできちゃって息切れだよ!」
「お坊ちゃんと奥様の共通の御趣味は“学園作り”と
 国費でお手々繋いで海外旅行ですもんね!」
「そうなんだよ!“学園作り”はどこかでボタンを
 掛け違えたのかなぁ…」
「まぁ、スガさんに相談すれば大丈夫ですよ!
 あのお方のフェイクニュースの流し方は、公安や
 御用新聞まで動員しての超一流ものですからね!」
「そうだな…。あいつに任しておこう!」

by don-viajero | 2017-06-09 20:12 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 05月 21日

健忘症?認知症?

f0140209_1395227.jpg
『芽を出し始めた我が家の茗荷』

「スガよ!ボクは最近大好きな茗荷の
 食べ過ぎなのか、物忘れが激しいよ!」
幇間スガは首を傾げて
「お坊ちゃま、どうしてそう思うのですか‥‥?」
「先日国会で民進党に対して
 -ズブズブの関係とか、そういう品の悪い
  言葉を使うのはやめたほうがいい-って
 言ったらさ、昨年の北海道5区の補欠選挙で
 -民進党と共産党がこんなにズブズブの関係に
 なった選挙は初めて-って
 ボクが言ったらしいんだよ‥‥?」
「それはただの物忘れですよ!自分に都合の
 悪いことは、すぐにでも忘れることが肝要かと‥。
 まぁ、ストレスが貯まらなくていいかも‥‥
 -人を指さすのはやめたほうがいいですよ-って
 言いながら野党議員を指さしていましたからね!」
「森友や加計とのズブズブも忘れたほうがいいね!」
「御意!!!あとのことはこのスガにお任せあれ!」

*「アドルフお坊ちゃん」シリーズは別枠カテゴリーに
  移動しました。

by don-viajero | 2017-05-21 13:16 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 04月 30日

お坊ちゃん誤録

ご存じ「アドルフお坊ちゃん」シリーズ。
f0140209_1837390.jpg
『昨日大輪の一つが開いた’17年我が家の石楠花』

「お坊ちゃま、最近言葉の誤用が多いかと思いますが‥‥?」
気短な坊ちゃんは幇間・スガを睨みつけ
「ボクの何が間違いなんだ!」
「13年、14年8月6日、広島原爆の日の式典で
 同じ文言でこうおっしゃいました。
 -一面を業火と爆風にさらわせ、廃墟とかした‥-
 この“業火”とは“罪人を焼く地獄の炎”であり、
 “さらう”は“水底の泥やゴミを取り除く”ことであり、
 “一面を猛火と爆風にさらし‥”が適正かと‥‥」
「まだあるのか‥‥?」
「16年、国会内である民進党議員に
『議会の運営を少し勉強したほうがいい。
 私は“立法府の長だ!”』」
このお坊ちゃん“三権分立”を御存じないみたいですね!
「まだありますよ!衆目の的にされてしまった“云々”を
 “でんでん”。まるでヒョットコみたいな読み違いでしたね!
 今年4月11日、旧民主党政権を引き合いに『烏合の衆の
 人たちが日本を混乱に陥れた』“衆と人たち”ではダブり
 表現であり“烏合の衆”で十分ですね!」
「スガよ!“そもそも”お前はちまちまし過ぎているよ!」
「お坊ちゃま!その“そもそも”の使い方は正しいですが、
 『“そもそも=基本的に”という意味もある。ぜひ知って
 おいていただきたい』
 なんてことまでおっしゃって大丈夫ですか?
 そんな意味の日本語は辞書にも載っていませんからね!」
「最近、昭恵のことで、短舌がパニック状態なのかな‥‥?」
「大丈夫ですよ!私がきちんとフォローしておきますから!」
「頼むぞ!」
「御意!!!」                 

参:4月30日付・毎日新聞朝刊より  

by don-viajero | 2017-04-30 18:47 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)