「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Run( 53 )


2017年 01月 05日

2017年開始!

昨年、ランニングシューズを忘れてきてしまったので、
正月恒例の多摩川ランは中止してしまった‥‥。

だから1月3日の朝、2年ぶりの多摩川走り始めとなった。
f0140209_18322019.jpg

多摩川原橋上で日の出を迎える。

by don-viajero | 2017-01-05 18:36 | Run | Comments(0)
2016年 11月 22日

癇に障る・Ⅱ

f0140209_18155547.jpg

不思議なことに厄日には凶が追い打ちをかけてくる‥‥。

真っ青に澄みあがった空に僅かに浮かぶ雲が、次々とその姿を
変えてゆく‥‥。一つの塊がエビに見えるようになったとき、
走っていても否が応でも昔の出来事を思い出してしまった‥‥。

カミさんの古くからの友達(女性)が泊りにきて、夕食は家族
そろっての手巻き寿司だった‥‥。
「今年の冬、田んぼの仲間4人で能登へ行ってきたんだよ!
 長野県人に人気の宿で食べたのが≪車エビのおどり喰い≫。
 口の中でピンピン跳ねるんだよ!」
やおら彼女が
「そんな三流宿で≪車エビのおどり喰い≫なんか食べられっこ
 ないよ!生の車エビってすごく高いんだよ!どうせ信州の
 山猿客だからって、まやかし物に決まっている。
 そんなこと人に話したら笑われるのがオチだよ!」
「頭にきた!オイラはもう一緒に飯なんか食べられない!」
そう言って自分の部屋に引っ込んでしまった‥‥。

その彼女が数年ぶりに訪れたとき、私は彼女とは一切私的な
話はしまいと決め込んでいたのだが、つい喋ってしまった。
「キューバに行ってから、最近モヒート
 キューバリブレに嵌っているんだよ!」
「そんなカクテル、肉体労働者の飲み物だよ!」
「あ‥‥そうなの?」
それ以上会話は続けなかった‥‥。

-この、あぁ言えば上祐おばはん、一体何様だと
 思っているんだ!ったく世間を見下しているよ!-

by don-viajero | 2016-11-22 18:52 | Run | Comments(0)
2016年 11月 20日

癇に障る・Ⅰ

それはほんの少数かもしれないが、私ばかりか精神衛生上
もっともよろしくない症状を患っている人々がいるのでは
ないだろうか‥‥。

厚顔無恥。恥も外聞もなく世界に向かって
「福島原発はアンダーコントロールされています!」
神経がゴム製で生命力がゴキブリのような我が国の指導者が、
平気で大嘘をあの短舌で拡散したと思えば、今回はもう一枚
畳んであった長い舌で
「トランプ氏は信頼できる指導者だ!」
そんな天下のお調子者を持ち上げてやまない、節操の
欠片もないお調子マスゴミの幇間野郎ども‥‥。

ほんの数日前、夜から翌明けて一日中あのマリオヒットラー
お坊ちゃんの話題ばっかり。
ひどく癇に障っていた私は、珍しく某国営放送ばかりか、
ニュースという媒体のすべてに耳を傾けなかった‥‥。

その日、脳みそのなかに薄汚い手を突っ込まれ、グチャグチャと
引っ掻き回されているような錯覚から解き放たれようと、何も
考えず全力で走った‥そして走った‥‥。
それでも無になるほど、今の閉塞感が虚しく頭蓋に響き渡る‥‥。

頬を刺すような冷たい微風が、それぞれの木々にしがみつく
ようにして、辛うじてくっついているくすんだ赤や黄色の葉を、
静かに揺らしている。

切り進む空気には、冬の粒子が確かに含んでいた‥‥。
f0140209_1746432.jpg


by don-viajero | 2016-11-20 17:47 | Run | Comments(0)
2016年 10月 08日

鬼灯

花言葉は「偽り」「ごまかし」。

昔、近所に鬼灯袋を上手に作ってくれたお姉さんがいた。
彼女だって、すでに70歳を超えている‥‥。
f0140209_18411933.jpg

8月20日(土)以来のランだった‥‥。正直かなり疲れた。

ディズニーに遊びに行ったり、田んぼの作業に休日を割かれ、
思わぬハゼの倒壊があったり、雨降りに走る意欲を削がれ、
仕事も重なり忙殺されてはいたのだが‥‥。

気が付けば、いつの間にか50日間弱走っていなかった。
そんな、心の中でごまかし続けてランをサボっていた‥‥。

走ろうという意欲さえあれば、早朝であろうと、仕事から
帰って来てからだろうと、いつでもできたはずだった‥‥。

一番に心を痛めたのは、やはり一年近く重い病に伏せていた
身内の病状悪化であり、42歳という若さで鬼籍に入って
しまった姪との別れであったことは否めない‥‥。

                    合掌

by don-viajero | 2016-10-08 18:44 | Run | Comments(0)
2016年 03月 07日

衣替え

冬バージョンから春バージョンへ‥‥。
f0140209_19303995.jpg

昨日、どうしても外せない仕事が入ってしまい、
恒例の休日ランは中止。

といっても、仕事がなかったとしても、春の
「バカッ風」が吹き荒れる一日で、とてもじゃないが、
走れる状態ではなかった。

そこで今日を休日とし、厚手の冬用トレウェアーから
軽い春用ウェアーに衣替えをし、身軽になってのラン。

陽射しのない曇天ではあったが、暑くもなく寒くもなく
無風のなか、額に薄っすらと汗がにじみ出るぐらいの
快適なフルトレができた。

by don-viajero | 2016-03-07 19:32 | Run | Comments(0)
2016年 02月 28日

午後のイタ~リアン

f0140209_13263521.jpg

1月中旬に走ってからは、道路に雪が残っており危険な状態が
続いていたので、ランニングはしばらく休んでいた‥‥。

2月中旬、暖かな雨が道路ばかりでなく、田んぼに残されていた
ほとんどの雪を融かし、先週からランニングを復活させた。

鈍(なま)っていた体での12㎞フルランはとても無理だ。
走ったり、速歩したりを繰り返しこなして、どうにか終了。
(まぁ、ほとんどは走っていましたが‥‥)

今日は風もなく、僅かに春の気配を感じながら、心地よく
走れた。ラン後の筋トレでは、爽やかな汗も流し切れた!

そして、風呂上がりには超簡単、超安くて美味しく、まるで
イタリアンレストランの前菜のように仕上がったお摘みで、
一杯ギューっとね!(もちろんビールではなく焼酎ハイボール)

材料:茹でタコ・100g、刻みニンニク・1片、オリーブ油・適、
    粉パセリ・適、塩コショウ・適、お好みでパクチー

作り方は、ボールに切り落としたタコと、ニンニク、粉パセリを
回しいれて混ぜ合わせ、塩コショウで味を調えるだけで完成!

by don-viajero | 2016-02-28 13:28 | Run | Comments(2)
2015年 08月 09日

超早朝ラン

f0140209_8161449.jpg

先日、裏へ夕涼みに出ると見知った田んぼのオーナーに出逢い、
「今年のお米はいいんじゃないですか?」そう訊くと
「おぉ!去年みたいな8月の長雨はなさそうだからな!」
破顔一笑して答えた。

ここ数回の早朝ランは6時発だったが、今朝は5時に出た。
6時では家に辿り着く前に、走る意欲をそぐような夏の強い
日差しに見舞われ、すっかりバテてしまい途中何回となく
歩いてしまっていた。

夜露を纏った酒米はたわわに実った穂を下げ始め、コシヒカリの
田もほとんどが出穂を終了し、緑の絨毯の上を渡ってくる爽やかな
風が、久々の完走ラン(12k)を気持ちよく後押ししてくれた。

by don-viajero | 2015-08-09 08:18 | Run | Comments(0)
2015年 06月 28日

早朝ラン

f0140209_20455634.jpg

休日、久しぶりの晴れだ!『早起きは三文の徳』
鈍っていた体ばかりか、心までがウキウキするような朝だ!

朝6時に温泉を買いに行き(休日は8:30にバルブを閉められるため)、
今シーズン、今朝から始める早朝ランに備えての準備体操。
大降りはないのだが、どうも今年の梅雨はジトジトって感じかな?

当然、ランニングにカメラ持参というわけにはいかないが、数日振りの
好天の空には『ゆきあいの空』さながら、夏の雲ばかりか、春の雲、
秋の雲たちが彷徨い、刻々とその姿を変えながら浮かんでいる。
そんな秋の雲のなかにサバ雲を発見!ウロコも形も半身のサバそのもの!

今日の昼飯はサバサンドで決まりだな!

by don-viajero | 2015-06-28 20:53 | Run | Comments(0)
2015年 05月 24日

完全復活?

f0140209_18172139.jpg

お世辞にも、そこまでには回復していない。

3月28日以来のランだ。約2ヶ月間のブランクは確実に
体力を落とさせていた‥‥。

本格的な夏に向かおうとしているこの時季、心地よい
薫風に誘われるように飛び出してゆく。

体から発する悲鳴の声を少しも聞き漏らさぬよう、静かに
走り始める。無理をせず普段の半分ほどの距離(5k~6k)を
選びながらゆっくり、ゆっくりと‥‥。
一筋二筋、うっすらとウナジを伝って流れ落ちてくる汗。

1時間ほどの爽快なランを終え、シャワーを浴び体組織計に
はじき出された数値は、2ヶ月前のものに比べ体重はおろか、
体脂肪率、体力年齢etc、すべてが少なくなっていた‥‥。

この間、なんとか仕事をこなすことは出来たが、思ったような
運動が無理だったので、ストイックなまでに徹してきた生活が
功を奏したのかもしれない‥‥。

by don-viajero | 2015-05-24 18:25 | Run | Comments(0)
2015年 05月 13日

イスカの嘴(はし)

f0140209_195442.jpg

暖かくなり始めた3月下旬、古傷の右膝を痛めてしまい、しばらく
足を引きずって歩いていた‥‥。

この間、ランニングはおろか縄跳びでさえ控え、休日はひたすら
ぎこちないカッコで散歩に精を出していた‥‥。

そして4月中旬、あの1年前の忌わしい痛風の発作に見舞われた
ときと、同じ時期にその予兆を感じ始めていた‥‥。

それは痛風によるものではないのだが、左足親指の裏側をひょんな
ことから捻ってしまい、その痛みは日に日に増してゆき、痛み止め薬に
頼らざるをえなくなっていた‥‥。
薬の効果もあり数日で痛みは消え、いまでは普段通りの生活に戻れた。

寒さに閉じ込められた冬から、すべての生きしものたちが快活に動き
出す春。そんな緊張が解け始めたというのに、心とは別次元を彷徨って
いるかのように、還暦を過ぎた私の体は、まるで「イスカの嘴」の如く
ぎこちない‥‥。

by don-viajero | 2015-05-13 19:59 | Run | Comments(0)