陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 29日

時流/Ⅱ

地方事務所の窓口で、個人事業税の納税証明書の
発行をしてもらいに行ったときのこと。
何年前のことだったか、とうに忘れてしまった。
ただ、FAXという代物がまだ一般には普及していなかった。

「しばらく待ってください」
書類に必要事項を記入し終え、係りのおっちゃんに渡すと、
なにやらその用紙を機械に突っ込んだ。
数分して別の書類が出てきた。
「今、県庁から送られてきたものです」
「なにか違う回線で繋がっているんですか?」
「いえ、普通の電話回線ですよ!」
唖然としてその紙を眺めた。
電話線の中を文字が走ってきたのだ。これには驚いた。

私の時代だけでも、通信の世界は急速な進歩を遂げた。
ただの電話に始まり、FAX機能、ポケベル、PHS,携帯電話、
パソコン。この先どんな進歩がもたらされる事であろうか?

あの「鉄腕アトム」のお茶の水博士でさえ黒電話で
お喋りしていたのだ。
さすがの虫好きな泉下の手塚治虫氏も、博士やタワシ警部、
ヒゲ親父たちと、この通信の進歩には“苦虫”を
噛み締めていることであろう。

時流。時の流れ。
あまりの速さに破壊し始めた脳みそはついてゆくのに
やっとである。しかし、それとは逆に「三丁目の夕日」が
ヒットしたように昭和の郷愁も存在する。
若いころ「ビッグコミック」の愛読者であった私の
「浮浪雲(はぐれぐも)」とともに好きな作品であった。

遥か古代に思いを馳せ、マヤ、インカ、そしてどこか
蠱惑(こわく)の香りが漂うシルクロードの響きに
誘われるように旅するは「Yesterday」を求め、
時の流れに逆らう自分がいるのかもしれない。

by don-viajero | 2007-11-29 19:41 | エッセー | Comments(0)
2007年 11月 26日

時流/Ⅰ

小学校高学年のときだったと思う。
母が自動車の免許を取った。今から40数年前である。
そのころ、免許取得者さえ少なかった時代。
ましてや女性ドライバー自体珍しいことだった。
当然、商売柄車の購入も早かった。
初めての車は「パブリカ」のライトバン。
その一、二年後電話に加入した。

町には有線放送という、加入した町民同士だけが
利用できるものがあり、電電公社の電話は
あまり必要としなかった。
それだけ、昔は狭い地域社会であったということだろう。
我が家に公社の電話が入ったのは中学一年のときだ。

地元局のラジオリクエスト番組を多くの
クラスメイトが聴いていた。
その電話で何回かチャレンジして番組に繋がった。
パーソナリティとの会話は、私が生まれて初めて
聴衆の場にデビューした瞬間だった。
リクエスト曲はビートルズの「Yesterday」

翌日のクラスではヒーローである。
おそらく当時、公社の電話というものは皆の
垂涎(すいえん)の的であったに違いない。
それぞれの家庭にあって必要なものと不必要なものが
はっきりしていた時代だったのだろう。

例えばテレビ。
同じころ、白黒放送に何の違和感もなく見入っていた。
しかし、あるときクラスで後ろの席の子が、
「サスケ(白土三平原作)の眼って赤いんだよ!」
-ほぉ~、そぉなんだぁ!-
悔しかったね!画面がカラーでない者には‥‥。

by don-viajero | 2007-11-26 20:27 | エッセー | Comments(0)
2007年 11月 22日

言葉

話し言葉では決して出てこない言い回し。
されど、こうして文字に表せばいとも簡単に書ける。

先日、ある女優の対談が載っている雑誌のなかに、
気に入った一文があった。
「セリフにない行間を演じたい」
確かに、役者はこういう演技をしてこそ名優たらん!

しかしながら、凡人である私の読書では、
その都度行間を読み取ることは至難の業だ。
流れるままに読み耽る。読み終えた後に残る余韻。
おそらくは、そのなかに全体のストーリー自体の
思いを感じ取る行間があるのだろう。
そうでもしないと、逐一(ちくいち)行間に思いを
寄せていたのではページが進まない。

同じように「琴線に触れる」という表現。
会話のなかではあまり飛び出さない。

本人にとってみれば他愛のない言葉であっても、
相手には、それこそが「琴線に触れる」言い回し。
斯く云う私も平気で口にするらしい。
格別胸に一物(いちもつ)があってのことではないが‥‥。
「らしい」というのは友人からの指摘があったから
気がついた次第だ。
誰にだって、触れてもらいたくはない話題の
一つや二つ持ち合わせているだろう。

以前「言」(7月4日)のなかでも触れたのだが、
言葉というものは、優しくもあり、凶器にも成りうる。

「琴線に触れず、触れさせず」
さり気無く、人生の行間を生き抜きたいものだ。

by don-viajero | 2007-11-22 20:41 | エッセー | Comments(0)
2007年 11月 18日

二流の人

坂口安吾の作品に秀吉、家康の時代を生き抜いた
戦国武将・黒田如水を描いた「二流の人」がある。
晩年(享年58歳)隠居をして九州大宰府に住み、
まるで小百姓のように過ごしたという。
中途半端な欲を持つことの愚かさを知り抜いていた。
名は官兵衛。号を「如水」水の如く。

水五訓
-自ら活動し他を動かしむるは水なり
-常に己の進路を求めて止まざるは水なり
-障害に遭ひて激しく其勢を百倍し得るは水なり
-自ら潔らかにして他の汚を洗ひ清濁併せ容るるの量あるは水なり
-洋々として大洋を充たし発しては蒸気となり雲となり雨となり
 雪と変し霰となり凝ては玲瓏(れいろう)たる鏡となり其性を
 失はざるは水なり
これは如水作とされてはいるが他にも諸説ある。

小学校、中学校を通じてそのほとんどがクラスでの成績はNo.2。
もちろん、科目のなかでは一番になったこともあるが、
決してNo.1になれない2番であった。
高校も地区でNo.2。同レベルの生徒の集まりであるから、
ここではNo.2というわけにはいかなかった。
大学は一流とまではいかぬ二流校。
当時の六大学野球でも『〇〇、△△、馬の糞』と揶揄されたぐらいだ。

人生、生活、仕事においても一流ではない。
さりとて三流とは思っていない。
されど、一昔まで云われた『総中流』のなかにはいたであろう。
一流になろうとしたことはないが、一つのことでNo.1に
なったことがあるのだから、それで良しとする。
ただ、この先、三流に堕ち零れぬようにしなくては‥‥。

「Tomorrow is another day」
-明日は明日の風が吹く-
これからも「二流の人」として飄々と生きていくことであろう。

by don-viajero | 2007-11-18 10:05 | エッセー | Comments(0)
2007年 11月 13日

民族衣装

帽子ばかりでなく、その地で、その格好で通した
ものも、想い出の品である。

旧くは、インドの男性用民族衣装クルタ・パジャマ。
ネパールから再入国した際、すぐに購入した。
インドを一月かけて、果ては最南端
カニヤクマリ(ケープ・コモリン)まで
足を延ばすにあたり、必要なものだった。

長袖と長ズボンで暑そうに見えても、風通しもよく、
だぼだぼしているので体にくっつくこともなく、
非常に快適だった。
そのときのものは安物ではあったが、
それとは別に、ニューデリの高級店で気に入った生地を
選び、仕立ててもらったものもある。

モロッコではジュラバ。「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する
ねずみ男を想像してもらえばよい。
これを着てしゃがみ込めば砂漠のなかでも、
「どこでもトイレ」になる便利な服である。

ボリビアでは素敵な柄のポンチョ。
朝晩の冷え込みには大いに役立った。

イエメンは前出のムシュッダを頭に巻き、
トゥブという、頭からすっぽり被り体を足元まで覆う、
やはりだぼだぼの白い薄手の服。
日中の暑い日差しの下では、裾から吹く風が
股下を擽り気持ちがよい。
そしてベトナムでのホーチミン服となる。
これらも友人らとの酒宴の席で、ときどき着込むのである。

もちろん、我が民族の衣装も好きだ。
夏には浴衣。正月には着物を好んでオシャレする
粋な日本人?でもある。

by don-viajero | 2007-11-13 21:14 | ◆旅/全般◆ | Comments(0)
2007年 11月 08日

帽子

別に頭を隠すわけでもないが、被り物が好きだ。
髪の毛は五十を過ぎた今でも、同年代の連中に
疎まれるぐらいフサフサ、クログロの状態だ。

過去を振り帰れば学生帽(中学時代から)を被って以来、
帽子には縁がある。
高校を出てからはパーマ頭に、暑いときには“乞食帽”、
寒い時期になればハンティング帽をよく被ったものだ。

トルコ・イスタンブールのグランドバザールで購入した、
ビリー・ザ・キッド気取りで街をぶらついた尻尾の付いた
狸?の毛皮帽。
ネパールでは『トピ』と呼ばれるもの。
モロッコはジャマ・エル・フナ広場の露天で二日がかりで、
150円のものを100円までまけさせた色鮮やかなニットの
プリンストンキャップ。
ボリビアはインディオ女性が被る山高帽の男物。
ウズベキスタンはあのエリツィンさんが寒くなると
被っていた毛皮帽子(私のはビーバーの一種)。
ちょっとした冬の“お出かけ”にはよくお供する。
ヒョイと「ズドラーストヴェチェ(こんにちは)」と口すさんでしまう。
グアテマラはトウモロコシの葉をコテコテに蝋で固めたテンガロンハット。
メキシコではさすがにソンブレロというわけにもいかず、パナマ帽。
そして、今年訪れたベトナムのノンラー(すげ笠)である。
帽子ではないが、イエメンではムシュッダという大きな
スカーフを器用に頭に巻く。気分は“アラファト議長”だ。

それらは必ず、その旅のなかで着用している。
特に日差しの強い地域では必需品だ。
日本でも時々被る。
スペイン語圏のものであれば、
「ブエノス・タルデス(こんにちは)」が飛び出す。

今後、いったい幾つの帽子が、
私の部屋の壁を飾ることになるだろう‥‥。

by don-viajero | 2007-11-08 20:44 | ◆旅/全般◆ | Comments(2)
2007年 11月 03日

パソコン

新しいパソコンが届いた。
Officeが入っていないDELL(VIST搭載)
しかも通販のためかなり破格な値だ。
友人との会話。
「いまどき98なんて使ってるのは、われわれ二人ぐらい
 しかいないかも?」
この言葉がきっかけだった。
もちろん、その友人もDELLを購入した。

パソコンなるものが知り合いでも利用し始めていても、
所謂「食わず嫌い」であった。
耳にする用語はまるで宇宙後のようなものだった。

2000年、グアテマラに旅したときだ。
世界遺産・ティカルの拠点都市、フローレスの街。
そこにあった『インターネット・カフェ』というものを
初めて覗いた。大勢の欧米人の若者たちが
画面に向かってメールを打っていた。

アティトラン湖畔の美しい街・パナハッチェルの
FAX屋から自宅へ送信しようとした。
ところが、そこで働いていたアルバイト青年が
受話器を切らずに、呼び出し音を聞き入っていたのだ。
私の「Hang up!」を無視して‥‥。
我が家のFAXはTELと同番号。
しかも、その時間日本では真夜中。
電話口に出てしまったカミさん、
「なによ!こんな時間に!一体何時だと思ってるの?」
しっかり怒られてしまった。

-よし!日本へ帰ったら、すぐにでもパソコンを買おう!-
そう決めたのだった。

そのとき買い求めたのがWindows98のノート。
今から7年前になる。
「習うより慣れろ」で、どうにか使いこなせる様になった。
私の訪れる国でも、大概の街で『ネット・カフェ』がある。
そこから我が家へ、友人へと気楽にメールを送る。
航空チケットの手配、海外でのホテル予約、本の購入、
銀行の振込みetc‥‥。
こんなすばらしい機能を持ったものを使わないのは、
人生の半分は損をしているのではなかろうか?
そう思うようになっている‥‥。

by don-viajero | 2007-11-03 07:14 | エッセー | Comments(2)