陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

『壷』Ⅲ

昼の合図を少し過ぎたころ、北原が入ってきた。
「オヤジさん!色よい返事はもらえるかな?
 おや?あの壷はどうしたんだ!」
店主は番台の奥から丁寧に取り出して、
「はい。はい。ここにちゃ~んとありますよ!
 私どももあれからあちこち問い合わせ、
 これがなかなかの物であることが判明いたしました。」
「そうさ!そうだとも!なにせ70万で買ったものを50万で
 いいって言ってるんだからな!」
「まぁまぁ、慌てなさんな!
 しかし、どうもいくらよい品物といっても50万ぐらいだそうですよ!」
「じょ、冗談はよせ!
 これだって出るところへ出れば、ひょっとしたら
 100万にはなるかもしれない壷だぞ!」
「そうおっしゃっても私どもとしては、この品につけられる値は
 せいぜい25万といったところでしょうか?」
「それじゃぁ、俺の言い値の半額じゃねぇか!
 もう二声(ふたこえ)、まけて35万!頼むよ!」
北原は手を合わせて拝んだ。
「わかりました。それではなかをとって30万でどうでしょうか?」
「ちぇっ!しかたねぇな!背に腹は変えられねぇ!
 オヤジさんの気が変わらねぇうちに手を打つか!」
「おありがとうございます!」
30枚の札束を受け取り、北原は捨てぜりふに、
「オヤジさん!アンタでっかく儲けようって腹だな!」
「とんでもございません!
 しばらくはゆっくり鑑賞させてもらいますよ!」
「そいじゃぁありがとよ!また来るよ!」
北原が去って行ったあと、店主はこぼれんばかりの笑顔で、
その壷を舐めまわすよう手にとり眺めていた。

待ち合わせ場所に着いた北原は、
「あのオヤジ、なかなかのしみったれの欲張りだったぜ!
 それでも30枚もらって来たよ!」
「まぁ、いいじゃぁないか!テルさんがたった1万で買った壷だ!
 今回も大成功じゃないか!なにか旨いもんでも食いに行くか!」
「それもいいね!ところでクラさん、
 どうして『小野明心』なんて、洒落た名前にしたの?」
「『ONOMESIN』を逆さに読んでくれ!」
「ほう!なるほどね!」
北原は着流しの中島と肩を並べ、人混みに紛れ、
昼時で賑わう繁華街へと消えて行った。

by don-viajero | 2008-09-30 20:14 | 超短編小説 | Comments(2)
2008年 09月 29日

『壷』Ⅱ

北原が去って、一時間ほどして和服を着こなし、
顔には白いものが混じるチョビ髭を生やした
『小野明心(めいしん)』こと中島蔵之助がその店に入って来た。
「ごめんください‥‥。少し店内を見させてくださいな!」
「どうぞ‥‥。」
うつむいたままぶっきらぼうに店主は答えた。
中島は店内にある品物を一つ一つ丁寧に
吟味するように見て回り、独り言のように、
「私はこうして掘り出し物を探しているんですよ‥‥。」
 おや?その帳場のカウンターにある壷をちょいと拝見!」
懇(ねんご)ろに眺めていた中島は、
「ほう!いい仕事をしてますねぇ!」
店主は上目遣いに中島の仕草をじっと見ていた。
「これは300年ぐらい前に朝鮮から渡って来た優れものですねぇ!
 これ、どなたか予約済みの品ですか?」
「え、えぇ。ちょ、ちょっとわけありでしてねぇ!」
口ごもりながら、
「あなた様はどういうお方ですか?」
中島は『日本陶芸協会副理事長・小野明心』と記された
名刺を慇懃(いんぎん)に渡し、
「もし、誰も買い手がなければ100万で
 譲ってもらいたいんですが‥‥。」
「えっ!えっ?ひゃ、100万?」
「ひょっとしたら100万円でも安い買い物かもしれませんね!」
「小野先生!ちょ、ちょっと待ってくださいよ!
 これは少しばかり事情がありまして‥‥。
 三時ごろ、また来てもらえませんか?」
「それは丁度いい。私はこれから協会に用がありますから。
 その帰りにもう一度寄らせてもらいます。
 くれぐれも色気など出さずに私に譲ってくださいよ!」
中島は可愛い子の頭を撫でるようにその壷を撫で回し、
店主にそっと返した。
「はい。はい。ごもっともです。
 先生が来られるまで隠しておきますからご安心を‥‥。」
「それじゃぁ、そうお願いしますよ!」
着流しの中島の背を見送りながら、店主はほくそ笑んだ。

by don-viajero | 2008-09-29 20:16 | 超短編小説 | Comments(0)
2008年 09月 28日

『壷』Ⅰ

-It's heads I win and tails you lose.-
「表が出ればぼくの勝ち、裏が出れば君の負け。」


骨董好きの北原照男はしみったれた暖簾のかかっている
一軒の質屋に入っていった。
番台には僅かに自毛を残したしかめっ面の主人が座っていた。
薄暗い店のなかで照男が必死の形相で古ぼけた
小さな壷を差し出し、
「すぐにでも金が要るんだ!頼むよ!
 この壷は70万で買った代物だが50万でいい!
 用立てしてください!お願いします!」
店主は胡散臭い物でも見るように、その壷を手にとり、
「私は骨董品の価値はさっぱりわかりませんので‥‥。」
「そこをなんとか頼むよ。この店でもう六軒も回ってるんだ!」
「それじゃぁ、私どものほうでも調べたいので
 しばらくお時間をください。」
「困ったなぁ‥‥。じゃぁ今は10時だ。
 昼頃、また顔を出す。
 そのときまで考えてくれ!朗報を待っているよ!」
「かしこまりました。」
そう言って店主は踵を返し出て行く北原の背中を見ていた。
-さぁ、よわったなぁ‥‥。
 たった二時間でどうやって調べりゃいいんだろう?
 まぁ、こんな訳のわからぬものは断ればいいんだ!-

by don-viajero | 2008-09-28 19:28 | 超短編小説 | Comments(0)
2008年 09月 26日

超短編小説 『占い』

「今日の牡羊座のラッキーカラーは赤です。
 特に男性のかたは赤地に模様の入ったネクタイがよろしいかと‥‥。
 そして、どこかポイントとして明るいブルーがあればもっと
 幸運を呼び込むことでしょう‥‥。」

独り者の柳沢慎介は、毎朝そうしているように出勤前、
テレビから流れる星占いにじっと耳を傾けていた。
余興用に買っておいた赤地に大きな白の水玉模様の
ネクタイを締め、足にはど派手なブルーの靴下を履いた。
-よっしゃ!これで今日はなんかえぇことありそうな
 気がしてきたでぇ!!!」

通勤電車のなかでは彼のあまりにアンバランスなネクタイを
じろじろ見られはしたが、そんなことにはいっこうに構わず、
意気揚々と会社へと向かった。

部署のドアを開けるなり、先に出社していた同僚の
井口隆が目を丸くして、
「おい!柳沢!お前芸人みたいにけったいな
 ネクタイしよって、どないしたんや?」
「は~い!これはワテの今日のラッキーカラーで~す!
 ついでにこれも見てくださ~い!」
ズボンの裾を上げて見せた。
「ますます、芸人やな!そんな占いなんか、
 よう毎日信じて‥‥アフォちゃうか!
 しっかも、女子高生でもあるまいし、
 えぇおっちゃんがやでぇ‥‥。お前、大物になれへんで!
 そないなもん当たるわけないやろぉが‥‥。
 日本全国、牡羊座の人間がどないおるん思ってるんや!
 俺は占いなんてもんは絶対信用せぃへんで!」
「まぁ、平均して十二分の一やろうな‥‥。
 えぇわい!ワテは小物のまんまでも‥‥。」
柳沢は少しばかりふてくされながら、そう小声で答えた。
「あはははは‥‥。柳沢!
 お前って、ほんま几帳面なやっちゃなぁ!
 ひょっとして、A型ちゃうか!?」
そう言って井口は豪快に大笑いした。



 

by don-viajero | 2008-09-26 20:50 | 超短編小説 | Comments(0)
2008年 09月 23日

超短編小説 『同級会』

貞夫は小学校卒業以来、なんと70年ぶりの同級会に出席した。
毎年開かれていて、案内状もちゃんと届いているのだが、
どうも足の具合が悪く、遠出までして参加する気にはなれなかった。

会場に遅れて入った貞夫は拍手と歓声で迎えられた。
貞夫の座る席は一番の仲良しだった義男の隣に用意されていた。
集まっている面々はみな顔には深い皺が刻まれ、
つるっ禿げの者もいれば、腰の曲がった者もいる。
女性陣のなかには髪を染め、若作りをしているものの、
やはり、よる年波には隠せないものがある。
それでも、30数名いたうちの半数以上は出席しているのでは
ないだろうか?これほどにも盛況な会とは思わなかった。

グルっと周りを見渡した後、義男に尋ねた。
「あの隅のほうに座っている、見るからに若々しい女性は
 誰かのぉ?」
「あぁ、あいつ?あいつは由美子ちゃんだよ!
 いつまでも若いねぇ!」
「あれ?彼女、若くして亡くなったって聞いていたけど‥‥。」

-私は中学卒業後、ずっと県外にいて同級生とは付き合いが
 なかったけど。そういえば‥‥、確か‥‥、
 義男は三年前、ガンで逝ってしまったって噂で聞いたような‥‥?-

「おい!貞夫!来年はもっと盛大になるぞ!
 俺とお前と誠で組んでいたひょうきん三人組が揃う。
 しかも恒夫や哲也、それにクラスのマドンナ、麗子ちゃんも
 参加するらしいぞ!賑やかになるなぁ!」

-そうか!私は今年からこちらの同級会の仲間入りに
 なってしまったのか!
 そのぶん、あっちの同級会は淋しくなっていくんだろうなぁ‥‥。-

by don-viajero | 2008-09-23 07:18 | 超短編小説 | Comments(1)
2008年 09月 20日

超短編小説 『安楽死・Ⅱ』

すっかり腹の出た二人の中年紳士は居酒屋の隅の席についていた。
ありきたりの会話が終わって、江藤が切り出した。
「最近、叔父がガンで死んだ。そのときの痛みようと言ったら、
 側で見ているのも可哀相なものだったよ!まぁ、延命治療ってやつだな!
 俺たちは運がいいほど死とは縁遠い。でもいつかは死ぬ。
 そんなとき、あんな痛みだけは勘弁してもらいたい。
 コロっと逝けたらそれに越したことはないが‥‥。
 そこでだ!俺は最近同僚から内緒ですごい薬を手に入れたんだ!」
もったいぶって彼が袋から一つのカプセルを差し出した。
「それは何の薬だ?」
小声で語らずとも店内の喧騒にかき消されるような声で、
「これは安楽死できるものだ。まだ臨床段階で国の許可も
 下りていない代物だ。まぁ、そんな薬下りるはずもないか!
 しかも死後解剖してもその成分は検出されない。」
「そんなものを手に入れてどうするんだ?」
「だからさっき話しただろう!余命幾ばくもない状態で苦しみだけに
 耐えて生き延びるのは絶対嫌だよ!お前だってそう思うだろう?」
「まぁな!」
「俺は自分の命をお前にだけは託せる。裏を返せばお前だって
 俺に託すことができるはずだ!」
-そうだ。これが山で喜びを、苦しみを、そして生死をも
 ともに歩んできたザイルパートナーなのだ!-
上原は当たり前だという顔で大きく頷き、聞き返した。
「で、そのカプセルはどちらかが持っているのか?」
「そうじゃないさ!若い頃よく訓練に行った二人だけの岩場の
 隠し場所に置く。それは俺に任しとけ!」
「おぉ!それはいいアイデアだ!」
「そんな状態になったとき、どちらかが見舞いの折、手渡すか、
 飲ませる。俺が先か、お前が先か今はわからない。どうだ!」
「わかった!お互いそれを利用しない死に方をしたいものだが‥‥。」
「ただ、これは一つしかないから早い者勝ちだけどね!」
江藤は不器用な笑みを浮かべ、ジョッキに残っていたビールを
グイっと飲み干した。

その夜、二人は逢わなかった歳月を一気に縮めるように、
次の店、次の店と足を運び、道では肩を組み合い、すれ違う人々に
はばかることなく、大声で山の歌を高らかに歌い、ハシゴして入った
店では懐かしい青春時代を大いに語り合い別れた。

それから十数年、相変わらず賀状だけのやりとりはしているものの、
顔を合わすことがなかった。

一方そのころ、江藤純也は上原とは違う病院にいた。
モルヒネを打たれ、薄れ行く意識のなかで、
-陽介はどうして来ないんだ!
 早くこの痛みから解放させてくれ!-

by don-viajero | 2008-09-20 20:33 | 超短編小説 | Comments(2)
2008年 09月 20日

超短編小説 『安楽死・Ⅰ』

上原陽介は集中治療室のベッドの上で苦悶していた。
口には酸素マスクをあてがわれ、体中がチューブで繋がっていた。
内蔵から発せられる痛みは到底耐えられるものではなかった。
そんなモルヒネ漬けで朦朧とした意識のなかでも、
僅かな望みを賭けていた。
-いったい、純也はどうしたんだ!見舞いにも来ない!
 二人で交わしたあの約束を忘れてしまったのか?
 こんな延命処置をしたところで、どうせそう長くはないんだ!
 一刻も早くこの痛みから解放されたい‥‥。-
それは死への恐怖をはるかに上回る苦痛だった。

上原陽介と江藤純也は大学山岳部の同期であった。
卒業後、上原は商社マンとして世界を飛び回り、
江藤は大手製薬会社の研究室で新薬の開発に没頭していた。

それでも、同じ山岳会に入った二人は、暇を見つけては
ちょくちょくザイルパートナーとして、岩を求めて登っていた。
かつて、在学中の山行で穂高岳屏風岩の登攀中、滑落した。
しかし、二人とも途中の岩棚に引っかかり、
運よく軽い打撲程度のケガで助かった。

それから数年後、会として遠征したヒマラヤの登頂メンバーに
選ばれた二人は歓喜の登頂後、下山中、猛吹雪に遭い、
足を踏み外して奈落のクレパスに堕ちた。
そこでもやはり二人とも氷の棚に引っかかり難を逃れた。
その後、自力で這い上がり、無事仲間が待つベースキャンプに
戻って来たのだった。

それぞれ結婚後は仕事に忙殺され、山岳会からも退会し、
山行もままならぬまま、賀状の挨拶だけで顔を合わす
機会を持てなかった。

そんなある日、突然上原のもとへ江藤から連絡が入った。
「時間を見つけて逢わないか?話したいことがあるんだ‥‥。」
なにか悩みの含んだ誘いであった。
「わかった。なんとか時間を作ってみるよ!
 何年ぶりだろう?お前と逢うなんて‥‥!
 お前の結婚式以来じゃないか!楽しみにしているよ!
 それじゃぁ、俺のほうからまた連絡する。」
「あぁ、ありがとう!」

by don-viajero | 2008-09-20 08:13 | 超短編小説 | Comments(0)
2008年 09月 16日

ダイエット

2003年、春。愛犬が死んだ。
雨の日も雪の日もほとんど毎朝散歩をした。
その年、プロ野球の贔屓チームが28年振りに優勝した。
破竹の勢いとともに私の体重も急カーブを描いて
増えていった。ただ、風呂上り、恐ろしくてあえて
体重計だけには乗らなかった。明らかに、日に日に
下腹が出てくるのがわかっていた。

仕事帰り、ちょっと小腹を満たすために、コンビニで
サンドイッチを買って食べる。ちょうど『目が欲する』と
いったところか?当然、夕食はそんなには食が進まない。
夜遅くなると少し空腹感を覚え、買い置きのカップヌードルに
手が出てしまう。太るのが当たり前のような日々を
過ごしていた。

そんなとき、叔父の不幸があった。
喪服のズボンが履けない!さぁよわった!
その場はベルトをしてどうにか切り抜けたのだが、
なんとかしなくてはならなくなった。
慣れ親しんだジーパンもかなりきつくなってきていた。

翌日、一大決心をした!
-ボクシング選手のように縄跳びをすれば痩せるさ!-
これが私が選んだ一番安価なダイエット法だった。
ところが百円ショップで買った縄跳びでも、50回も
跳べば心臓が飛び出すかと思うような身体に
成り果てていたのだった。

それから一年後、暇をみては跳ぶ数を3000回まで
増やし、最高到達点から16㌔落とすことに成功した。
もちろん食べる量も減り、それとともに胃が小さくなった
みたいだ。カップラーメン類もそれ以来数回しか
口にしていない。

今では、友人の「縄跳びは膝を痛めるよ!」という
忠告に従い、一週間に一度10㌔のランニング、腹筋100回、
腕立て50回、5kg鉄アレイ(ダンベル)両腕20回他‥
を課しているここ最近の体力年齢は41歳を維持している。
『カラダスキャン』で計測するたびに
「なんも言えねぇ!」と一人悦に入っている次第だ。

『継続は力なり!』
汗をビッショリかいたフルトレのあと、シャワーを浴び、
自分へのご褒美として飲む『サントリープレミアム』が
至福のひとときを与えてくれるのである。

by don-viajero | 2008-09-16 20:40 | Run | Comments(2)
2008年 09月 11日

超短編小説 『思い出』

夏の騒がしいセミたちの歌声も消え、
夜ともなれば草むらから聞こえてくる、
虫たちのどこか寂しげな羽音。

一人ススキの穂が出始めた草原にいた。

どこまでも青い空には刷毛で掃いたような雲。
光と爽やかな風ばかりが目立ち、人の気配はない。
思い出だけが私の傍らを滑ってゆく。

ギラギラ輝いていた夏の思い出は、
原野の彼方に吸い込まれ、
あとには悲しみのひとかけらだけを残していった。

昔観た映画のセリフを口ずさむ。
「香水みたいに思い出を瓶に詰めたいわ。
 蓋を開けるたび、素敵な思い出だけがそっと現れる」

突然、山から吹き降ろす冷たい風が頬をたたいた。
ススキの穂先に止まっていたトンボたちは、
必死になってしがみつく。

そして、そのとき私のなかで燻(くすぶ)っていた
あのかけらも同時に持ち去っていった。

ひとつの思い出がひとつの夏を経て、
香水の瓶に閉じ込め、
新たな旅立ちを迎えようとしていた。

by don-viajero | 2008-09-11 21:27 | 超短編小説 | Comments(2)
2008年 09月 06日

分かれ道・Ⅱ

前回、この題で投稿したのが昨年の8月13日
その翌日、小学校の同級会に出席した。

その席で今年の幹事を引き受けた。
毎年8月14日と決まっている。
出欠の往復はがきの宛名を書きながら、
小学校時代のアルバムを開いていた。

この数十年間、私にもあった分かれ道が、
懐かしい面々にも当然あったことであろう。

たった二時間ほどの再会で、彼らそれぞれの
分かれ道で、捨ててきた人生を垣間見ることなぞ
できはしないが、そこには、現実として選んできた
私や彼らがいる。

今回、中学校以来顔を合わせる友もいた。
出席者名簿を確認できていた私は、彼が誰であるかは、
容易に察することができたのだが、粋な?浴衣姿の
私の顔からつま先まで舐めるようにして見ていた彼が、
突然隣りにきて、
「誰?」
「そうだよな!俺だってお前と街で逢ったって
 わかんねぇもんなぁ!幹事だよ!幹事!」
「そうか!すっかり変わったな!」
「お互い様だろう!」

選ぶことのできなかった同級生同士が、選んできた
人生を共有できるひと時であった。そして
-ふっ-
と捨ててきた人生を振り返る自分がいた。

by don-viajero | 2008-09-06 14:33 | エッセー | Comments(0)