陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 29日

モーニング・シャワー

海に囲まれた島にいるわけではないから、当然
波の音なんか聴こえてこない。
それでも、風の囁きや川のざわめきは聴こえてくる。
べつに「モーニング・シャワー」→「朝シャン」のことを
書くつもりでもない。

ナベサダのLP『Morning Island』
をセットし、次に流す『California Shower』

も用意する。くっつけて『Morning・Shower』だ!(笑)

早朝フルトレをこなし、シャワーを浴び遅い朝食。
ベランダにロッキングチェアーを運び込み、
読みかけの本のページを開く。
揺れ動く木漏れ日が文字の上で踊っている。

部屋のなかから快適な音楽が流れ、目の前の
山桜やコナラの梢を小鳥たちがさえずりながら
飛び交っている。

昨日の激しかった夕立も手伝い、夜の間に冷やされた
秋の風が、山吹に色付き始めた稲穂を渡り、木の葉を
静かに揺らし、私の頬をやさしく撫でてくれる。

12の短編が収められた重松清『季節風・夏』。
一つ一つの物語が、涙腺からじわじわ湧き出し、瞼の裏に
溜め込んだものを、いまにも溢れさそうとしている。
そして、最後には「幸せ」の余韻を残して終わる。

『春』はすでに読み終え、『秋』も『冬』も未読のまま
作り付け本棚の空きスペースで横になっている。
山々が紅や黄色に染まり始めたら『秋』を、空が鈍色
(にびいろ)に覆われ、白いものが落ちてきたら『冬』を
開いてみようと思っている‥‥。

U字溝をザーザーと流れる水の音に混じって、遠くから
セミの鳴き声が聴こえてきた。

今日も暑くなりそうだ。

by don-viajero | 2010-08-29 10:39 | | Comments(0)
2010年 08月 27日

屏風岩・Ⅱ

一ルンゼ上部で滑落してから二ヵ月後の8月末、『餓鬼』の
仲間N氏と、再びこのルートをチャレンジしていた。

前日の天気予報で台風は山陰を抜けたというのに、一向に
治まらない雨のなか、ときどき落ちてくる小石を避けながら、
足元の滑りやすい岩を慎重に登っていた。

大天荘にいる仲間のY氏とトランシーバーでの定時交信は
何度やっても不通。我々はルンゼの途中、岩の奥にツェルト
一張り分だけのスペースを見つけ、取りあえず登攀を中止し、
天気の様子を窺うことにした。

相変わらず雨も止まず、小石どころか頭大ぐらいの岩まで
ゴロンゴロンと不気味な音を近づけ、落ちてくる。
すっかり暗くなっての8時。ようやくY氏との交信ができた。
なんと彼は決めていた交信時間中、小屋の連中とずっと
‘大貧民’をやっていたのだ。しかも悪いことに台風は
日本海に抜けたあと、Uターンしてその時点で神戸付近だと。
「明日、見計らって撤退すべき!」と進言されてしまう。

夜中、二時間おきに場所を交代する。もちろん奥のほうが
はるかに安全だ。N氏が表側のとき大きな岩が当たり
ツェルトが破ける。幸い怪我はなし。

翌早朝、小雨のなか撤退を始める。
-どうか、でっかい岩が落ちてきませんように‥‥-
祈るように、止めどなく落下してくる小石をヒョイヒョイと
軽業師のようにかわし、ザイルを伝い懸垂下降を何本も
繰り返す。

安全な場所まで無事到着。次回からは使えそうにないほど
ところどころ傷んでしまい、ビショビショで重くなったザイルを
仕舞い、二人で複雑な思いを抱きつつ無言の握手をする。
まつげから零れ落ちる雨粒越しに、また撤退する羽目になって
しまった、雨霧で霞んだルートを見上げる‥‥。

しかし、翌年の二月、私は懲りもせず再びここでこの雪の
張り付いた一ルンゼを眺めていた‥‥。

by don-viajero | 2010-08-27 20:18 | | Comments(0)
2010年 08月 25日

白銀の煌き

日曜の午後、木漏れ日のなかをヒラヒラと銀白色の
裏翅を、フラッシュのように明滅させながら、
素早く飛び交う、モンシロチョウより一回り小さな
一頭の蝶を見つけた。

幾らか湿り気の残っている細かな砕石の上に舞い降り、
何やら無心に舐めながら動き回る。
なかなか表翅を開いてくれない。近寄ってもあまり驚く
様子もない。飛び立つとき、開かれた表翅は息を
吞むほどに美しく、それは鮮やかな夕焼け空の色の
如く目を射り、表裏の対比はなかなかお洒落だ。

本棚から昆虫図鑑を引っ張り出して確認し、デジカメを
携え再びその場所に戻ると、相変わらず砕石の周りを
舐めることに夢中だ。
「アルミ箔を畳んだよう」と評した人がいたように、渇いた
砕石色に溶け込んだ裏翅が忙しなく歩き回っている。

その名は『ウラギンシジミ』。
「飛ぶ宝石」というシジミチョウの仲間でも異端児だ。
まず滅多に花に吸蜜にこない。彼らの好みは樹液、腐果、
打ち水、はては動物の排泄物とある。
分類上もウラギンシジミ亜科として、独立したグループに
属し、日本ではこのウラギンシジミ一種しか確認されて
いない。生息分布は本州関東以南・南西諸島と
記されている。

ツマグロヒョウモンのように、蝶少年だったころには
見ることのなかった個体に、自宅にいながら出会えるのは
うれしいことではあるが、手放しでは喜べない複雑な
思いでもある‥‥。
f0140209_19552150.jpg

f0140209_19554555.jpg

            ウラギンシジミ♂

by don-viajero | 2010-08-25 20:01 | エッセー | Comments(0)
2010年 08月 22日

夏の終わり

日中は相変わらず毎日30℃を越える温度になり、
厳しい残暑続きだ。
それでもいつまでも夏が居座っているわけではない。
早朝の草むらでは、秋の虫たちが気持ち良さそうに
羽音を奏でている。
確実に夏が終わろうとしている。

影の長くなった朝日に照らされ、たわわに実らせ
夜露を含み頭(こうべ)を垂れた稲は、山吹の色に
染まり始めている。

足元には、地上に出てきてたった一週間の命を
全うしたセミの死骸が転がり、ご馳走の如く蟻たちに
蝕まれている。
豊穣の稲の海に囲まれた場所で、実りの季節と
朽ちてゆく季節がまるで同居しているようだ。

広がる朝の空はどこまでも碧(あお)く、飛び交う
トンボたちが、季節の衣替えが始まったことを
教えている。

吹き出る爽やかな汗とともに、微妙に変わりつつある
風を捉える。
出始めたススキの穂がさわさわとなびき、ふわっと
小さな風のかけらが頬をくすぐるようになってきた。
f0140209_2050225.jpg


by don-viajero | 2010-08-22 15:32 | Run | Comments(0)
2010年 08月 20日

傷痕・Ⅱ

ハンドルを握る左手が上部に添えられる。
自然と目が親指のつけ根に残された、そこだけが
白く一筋に延びて光る傷痕を捉える。

小学校三年のとき、同級生T君の家の前にある
大きな栗の木で遊んでいた。
そこへT君の近所に住む、名前も知らない上級生が
何やらブツクサ言いながら近づいてきた。

突然小突かれ、小川に架かる石橋の上に倒された。
馬乗りになられ、数日前、ちょっとした傷を作り、
包帯を巻いていた箇所をしこたま石橋の上に
叩きつけられた。何度も何度も‥‥。

以前、彼に向かい生意気なことを言ったのか、
はたまた琴線に触れるようなことを口走ったのか、
皆目覚えがなかった。

そんな光景を目の当たりにしているT君は、
止めに入ろうともせず、間延びした顔で眺めて
いただけだった‥‥。

包帯は真っ赤に染まり、血が滴り落ちていた。
痛さと、何故そんなことをされなければならないのか
解らず、ワァーワァー泣きながら自転車に跨り
家に帰った。

家人には誰にやられたのかを含め、詳細は話さなかった。
人は怒りの理由があるからこそ、怒るのであり、
理由もなしにそんな行動には走らないだろう。

いまだに、訳の解らない出来事だった。
ただ、遠い昔そんなことがあったという事実だけを
傷痕が黙して物語っている‥‥。

by don-viajero | 2010-08-20 20:24 | エッセー | Comments(0)
2010年 08月 17日

傷痕・Ⅰ

女の子がスローモーションの映像のようにゆっくりと、
くっきりと落ちていくのを見ていた。

小学校低学年のころ、滑り台の上で腰を屈め、下を覗き
順番待ちをしていたMちゃんが、誰かに背中を押され、
フワ~ッと空中に舞い地面に落ちた。
僕は渡り棒をしながら、その光景を目撃した。
誰が押したのかも‥‥。

口から血を流して泣いている。怖くて近寄れなかった。
幸いにも大事に至らなかったが、彼女はいまでも
下唇の下に縫った痕(あと)がある。

高学年の昼休み時間、ドッジボールをしにみんなで
校庭へ向っていた。
「あっ!痛い!!」
目尻の横に小石がぶつかった。
突然の出来事だったが、誰が投げたものか知っていた‥‥。
やはり、僕もそのときの傷の痕が残っている。

半世紀も生きてくると体中あちこちに傷痕がある。
当然ながら、それらはすでに痛みは消えている。
でも、その傷が自分以外の名乗り出なかった誰かに
付けられたものならば、加害者である側の人間は、
いつまでも心に傷を持ち続けていくことだろう‥‥。

それはどんなに小さくとも、決して痛みを伴わない
傷痕ではないはずだ。

by don-viajero | 2010-08-17 20:25 | エッセー | Comments(0)
2010年 08月 15日

女流作家

お盆に入った途端、めっきり涼しくなってきた。
我が家の庭にはチラホラとコスモスも咲き始め、
萩も先週あたりから次々とつぼみを開花し始めている。
朝夕の空気もすでに秋のものが混ざり始め、
木々の緑にもいっときのような猛々しさが失せてきた。

ずっと以前から私のなかでは、季節の変わり目として
一年の折り返しがこのお盆のような想いがある。
ということで、上半期読み終えた本について‥‥。

源氏物語は紫式部、枕草子は清少納言といったように、
日本における小説の本流は女流作家によるもの
かもしれない。おそらく、人生の驥尾において女性のほうが
男性より優れているのだろう。

年初読んだ宮部みゆきの『孤宿の人』後、書き手が女性の
ものを多く読んだ。恩田陸(以前から恩田ワールドには
嵌っているのだが‥)、加納朋子、村上由佳、瀬尾まいこ、
中島京子‥etc。昔、倉橋由美子を貪るようにして何冊も
読み漁っていた時代以来だ。

のび太がタイムマシンに乗って時間を越えて
「どこでもドア」で世界を回るように、本を開けば
なんでもできる。書物の世界での出会いには限りがなく、
様々な人々と心のやり取りが可能だ。
純真無垢で可愛い‘阿呆のほう’と名付けられた少女の
言葉が生の声として聴こえ、彼女の一つ一つの飾り気の
ない行動に涙したように、時代物を読めば何年も前に
生きていた人と同じものが見れるし、ひょっとしたら
見ず知らずの女性に恋するかもしれない。

今年の残り、はたしてどんな本を手にとり、どんな人々との
出合いが待ち受けていることだろうか‥‥。

気がつけば、ヒグラシの代わりにコオロギが鳴き始めている。

by don-viajero | 2010-08-15 16:36 | | Comments(0)
2010年 08月 12日

言葉遊び

子供のころ、髪の薄いおじさんを見かけると、
通り過ぎたあとで誰からともなく言い出し、
みんなで斉唱してはしゃいだ。
-さよならさんかく また来てしかく 四角は豆腐
 豆腐は白い 白いはウサギ ウサギは跳ねる
 跳ねるはカエル カエルはあおい あおいは柳
 柳は揺れる 揺れるは幽霊 幽霊は光る
 光はおやじのハゲ頭-

ミチコ、ミチオ、ミツヒコ‥‥etc。
「み」をその名に冠する子供たちへの恐怖の洗礼。
-みっちゃんみちみち‥‥。
止めておこう!格段‘いじめ’とは捉えなかったが、
私だって苗字で嫌な思いをさせられたのだから‥‥。

年代を覚えるのに使った語呂合わせ。
 ごみやの拾った仏さま(仏教伝来・538年)
 鳴くよウグイス平安京(平安遷都・794年)
 東ローマは一夜で降参(滅亡・1453年)
 アメリカ発見、石の国(新大陸発見・1492年)
 シェークスピアは人殺しいろいろ(1564年~1616年)

英語の記憶術。
 日本の名将乃木サンデー わっしは酒をこのマンデー
 虫が火の中チューズデー 蜂に刺されてウェン、ズデー
 朝日がぽかぽかサースデー 今日のおかずはフライデー
 一週間がサッタデー
犬が寝るからケンネル(犬小屋)。毒を取るからドクトル
(医者)。場所を取るからバトル(戦争)。怒られて口アングリ
(怒った)。民主主義デモ暮らし(クラシ)はつらい。

数学はもっとすごい!
√2=1.41421356(ひとよひとよに人見ごろ)
√5=2.2360679(富士山ろくオーム鳴く)

不謹慎ながらお盆を迎えて「ドレミの歌」の替え歌。
-ドはドラキュラのド レは霊柩車のレ
 ミはミイラのミ ファは墓場のファ ソは葬式のソ
 ラはお寺のラ シは死人のシ サァ覚えましょう-

日本語は、良かれ悪しかれ面白い!!! 

by don-viajero | 2010-08-12 19:43 | エッセー | Comments(0)
2010年 08月 08日

超短編小説 『完全犯罪』

犯罪成立の三大要素。
アリバイがない。動機がある。証拠がある。

私は推理小説が大好きで、図書館にあるその手の本は
ほとんど読破したといっても過言ではない。
シ~ンと静まり返った室内で、こうすれば完全犯罪が
成り立つのにと、ブツクサ独り言を呟くのが常である。
同じテーブルの読者たちからは、いつも「シ~」っと
唇に人差し指を立てられる始末だ。
ただ、小説には必ずオチがあり、そうなったのでは
物語として完結しないだけである。

今日も、ポツンと木立の下の涼しげなベンチに腰掛け、
先ほど図書館で読み終えたばかりの小説を反芻していた。

突如「ひゃぁ~!!!」と大声をあげ閃いた。
自分の感極まった声に驚いて辺りを見渡したくらいだ。
近くには誰もいないし、遠くに坐っているアベックたちを
含め、誰も私に気付いていない。

私は誰も傷つけず、被害者にさせずに大金を手にする
ことのできる完全犯罪を思い立ったのだ。
アリバイは完璧。動機もない。証拠もない。
しかし、その思いを紙に残しては証拠になってしまう。
足元を揺らし続けるパズルのような木漏れ日の隙間を
一つ一つ埋めるように、じっくり時間をかけ、手順を追い、
独り言を夢中で繰り返し、反復する。

「よし!完璧だ!
 Where there's a will, there's a way! だ!」
(精神一到何事か成らざらん)
軽やかに得意の英語まで口から飛び出す。
目を閉じ、頭上の梢を行き来する小鳥たちのさえずりも、
私のストーリーに対し賞賛の歌声のように響き渡り、
その犯罪を遂行する前に一人悦に入っていた。

突然、後ろからそっと肩を叩かれた。
「もう少し詳しいことを、
 署で聞かせてもらえますかね?!」

by don-viajero | 2010-08-08 12:53 | 超短編小説 | Comments(0)
2010年 08月 05日

男の料理・Ⅲ

食欲不振!夏バテ解消!疲労回復!お酢パワー全開!!!

何といっても超簡単が一番の「男の料理」である。
今回は、W杯で活躍した「パウル」君に因んで、
タコのサラダだ!!!。

まず、ドレッシングを作る。
①白ワインビネガーに塩少々を加えよくかき混ぜる。
②オリーブオイルを加える。
③タマネギ1/4を細かく刻み加える。
④レモン汁も加える。
すべてアバウトに‥‥(笑)。

刺身用タコを薄くスライスして、ベビーリーフかサンチュか
レタス(今夏、何度か試したがベビーリーフが一番合うかも‥)
を皿に盛り、スライスしたタコを載せ、ドレッシングをかける。
(写真の青菜はサンチュ)
f0140209_1941664.jpg

左はイワシのトマトソース煮缶(ポルトガル産缶詰)に
パン粉とパルメジャーノチーズをまぶし、ドライオレガノと
オリーブオイルを少々ふりかけ、オーブンで5分焼き、
千切ったスイートバジルを載せたものだ。これも超美味!

白ワイン酢と預言蛸「パウル」君で、このくそ暑い夏を
乗り切ろう!

by don-viajero | 2010-08-05 19:50 | 男の料理 | Comments(2)