陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 28日

狐小路【「銭湯」伏線】

関東大震災後、伊豆に代わる山葵の一大生産地となり、
山葵生産者や仲買人たちが湯水の如く金を落とした。
そこには、全国から芸者衆も集まり、空前の山葵景気に
沸きかえっていた。終戦後もその名残で、多くの芸者衆が
息づいていた。

通称『狐小路』は、行き交う人々の肩が擦れ合うほど
賑わっていたそうだ。周りには何軒もの置屋ができ、
白粉(おしろい)の匂いをプンプン振り撒いている
芸者衆がたくさんいた。なかには人を騙すような‥‥。

当時、安曇野随一の繁華街であり、歓楽街であったことは
容易に推察できる。たった数百mの通りには、料亭や
置屋ばかりでなく、芸者衆の住む部屋貸し屋、魚屋、
八百屋、肉屋、もちろん山葵屋、『き~ねいちゃん』の
寿司屋の隣りが銭湯。通りを隔ててお菓子屋の『花月堂』。
人ばかりでなく、時代が蠢いていた‥‥。

そんな賑やかな場所から、道も整備されていない隣村の
山沿いにある小さな集落に、相手の顔も知らぬまま
嫁いできた『花月堂』の娘は、夜な夜な真っ暗な外で
寂しさに耐え切れず、一人涙を流していたそうだ。

一月ほど前、仕事先のおばあちゃんと話をした。
20歳以上年が離れていても、会話が成り立つから、
楽しくもあり、懐かしかった。

昭和34年、甚大な被害をもたらした『伊勢湾台風』は、
私の故郷もズタズタにしていった。川沿いの山葵田は
冠水し全滅。『狐小路』のはずれにあった木橋も流された。
少し上流にアーチ型コンクリート橋として架けなおされ、
当然、取り付け道路も変わり、通りは一気に寂れていった。
地上権しか持ってなかった家屋は次々に壊され、今では
往時の繁栄を垣間見るような姿は一つも残っていない。
人の記憶も少しずつ薄れ、時代が懐かしさを壊してゆく‥‥。 

by don-viajero | 2011-06-28 19:46 | エッセー | Comments(2)
2011年 06月 26日

銭湯

「お~い、行くぞぉ~!」
夏の夕刻は明るい。
ビシッと角帯を締め浴衣着姿の父は、カランコランと
雨で穿られた凸凹の砂利道を歩いている。ちょっと
前まで外で遊び呆けていた僕は、そんな父に
纏わりつくように、生意気に団扇で火照った体を
煽りながら付いてゆく。

開けっ放しの入口に吊るされた暖簾が、ゆらゆらと
誘うように揺れている。中からほのかに匂ってくる
石鹸の甘ったるい香り。女親分のような厳つい顔で、
いつもの番台のおばさんが「ぃっらっしゃ~い!」
一番混む時間帯だ。これから入ろうとしている者、
上がったばかりで裸の肌を赤く染めている者。
みんな見知った人たちだ。父が普段から可愛がっている、
従兄弟同士で二人の知的障害者が、賑やかに喋っている。
交通事故で片足の膝から下を失った『シンちゃん』が、
起用に義足を外しながら父に気付き、
「おいちゃん!おいちゃん!」と弾んだ声をあげる。
『シンちゃん』の姉さん『き~ねいちゃん』が、やはり
知的障害者の妹を抱え、一人で取り仕切り、出前しか
やっていない寿司屋の出前持ちだ。
ラーメン屋の出前持ち『アジャジャのかずぼ』も
「おいちゃん!坊~も一緒だね!」と寄って来る。
いつものように、繰り返される裸の付き合い。
「とうちゃん!風呂上りにアイスクリーム買ってよね!」
「あぁ、わかった!」

銭湯の向かいにある『花月堂』の入口にで~んと構えている
アイスクリームボックスを覗き込む。僕は迷うことなく
『当たり』のあるホームランアイスを握る。
舐め終えてスティックに『ホームラン』の文字があれば、
おまけにもう一本。『ヒット』の文字だったら、4本集めて
一本貰える。ゆっくり舐めながら家路につく。

‘せぎ’の近くでは、すっかり暗くなった夜道を無数の
飛び交う。畑の立派な葱坊主を一つ頂戴して、団扇で落とした
蛍を入れ、蛍提灯にする。

「ただいま~!」二階に上がり蚊帳のなかへ捕まえてきた
蛍を放つ。裸電球を消して、敷かれた掛け布団の上に座り、
蛍の軌道を眺めている。「ご飯にするよ~!」母の声が、
狭い階段の空間を駆け上がり気持ちよく響いていた。   

by don-viajero | 2011-06-26 05:08 | | Comments(2)
2011年 06月 23日

若者言葉

‥でぇ~、‥もぉ~、‥がぁ~‥‥。
語尾をやたら伸ばす言い方や、「ドラマ」とか
「クラブ」のように、ワザとアクセントを
違えての言い回し。
-まったく、今の若い者(もん)は‥‥-
どうにも、耳をざらつかせるような言葉が
氾濫している。もっとも「耳障りのいい」なんて
言葉が罷り通っているぐらいのご時世だ。

言葉は生きている。流行り廃りとは別の次元で
死語になってしまったり、とんでもない誤用が、
平然と使われてしまうことさえある。

先日、娘の婚礼に出席した新郎の友人たちが、
パナマ帽を始め、様々な帽子を被っていた。
まるでハンフリー・ボガードやロバート・レッドフォード、
ポール・ニューマンの面々が、祝いに馳せ参じているかの
ようだった。どんな場面においても、相手に不快感を
与えないものであれば、一向に構わないと思っている。

ちょっと前までは、夜のテレビ番組(JINは別格)が、
あまりにもくだらなくなり、野球のない夜は某国営放送を
好んで聴いていた。「大人の番組」として、品のある笑いを
誘うのが上手い。ところが、最近その放送局が、まるで
若者たちに媚を売るような番組を増やしてきた。

数日前の夜、カヌーの話題を取り上げていた。
司会進行の女性(私の知らないタレント)、
「水面(みずも)に浮かぶ木の葉(きのは)が‥」
そうかと思えば、専属女性アナウンサーが、お粗末にも
「殺陣」を「さつじん」と言ってしまう失態。

「歳を重ねた者たちよ!(あえて老人とは言いたくない)
 夜は、静かに目を閉じて眠っていろ!そして、夜中の
 深夜便でも聴け!」ってなことかもしれない‥‥。    

by don-viajero | 2011-06-23 19:04 | エッセー | Comments(0)
2011年 06月 20日

テリトリー

Territory=縄張り

893の世界ばかりでなくとも、動物にも縄張りが
あるように、私たち人間も普通に成長するに比例して
その広さが拡大してゆく。縄張りという意識がなくとも、
自然に行動範囲が広がってゆく。

赤ちゃんのうちは家の中だけだが、就学前は
ごく限られた近所の同じくらいの子らと遊び、
小学校へ入れば、同級生の各々が持つ縄張りへと
進出してゆく。高学年ともなれば、自転車に乗って
もっと遠くの小学校区内へも行けるようになる。

中学では違った地域から生徒が集まって来るので、
更に広大な街全体をテリトリーとして手に入れる
ことができる。
高校はもっと広くなる。電車等の公共交通網を
利用して自由に行き来できる。

そして、都会ばかりでなく、生まれ育った地域以外の
大学や会社に就職すれば、それは一気に日本全体に及ぶ。
異なった地域で生活しなくとも、やがては車にも乗れる
ようになり、気軽にどこへでも訪れることが可能になる。

配偶者でも貰えば、相手方の住む地域も、親戚までもが
増えてくる。相手方の友人でさえ親しくなること
だってある。

私の周辺では、いままさにテリトリーを広げようと、
隣接する林の中で着実に数を増やし、虎視眈々と
かまえている侵略者たちがいる。

私はと言えば、ほんの僅かな時間に縛られた気楽な
世界旅は別として、すでにテリトリーを増やそうなんて
欲望も、気力も失せてしまっている‥‥。    

by don-viajero | 2011-06-20 19:38 | エッセー | Comments(0)
2011年 06月 17日

木苺

昔は子供たちが、今では孫たちがこの時季を
待ち構えていたように、楽しみに摘んで食べている。
時の流れだけがさらさらと通り過ぎてゆく‥‥。
f0140209_1827764.jpg
木苺の花
f0140209_18284826.jpg
たわわに実った木苺

この地に居を構えて、裏地で小さな畑を作った。
最盛期にはネギ、タマネギ、ジャガイモ、シシトウ、
ピーマン、キュウリ、イチゴetc‥‥。
河原地で頭大の石がゴロゴロしている痩せた
土地だったから、あまり立派な野菜はできなかったが、
それでも、採れたて、無農薬の野菜は旨かった。
非農家の私は充分に収穫の喜びを知った。

毎年移植し直しても酸っぱいイチゴに比べ、自生の
木苺は甘くて美味しい。今でも、我が家の周りには
いくらでも木苺が鈴なりの実をつける。

ところが、10年ほどして猿が出没するようになった。
美味しい木苺には目もくれず、酸っぱいイチゴを初め、
ピーマン類を残し、すべて食べていってしまう。

現在、野菜は作っていない。畑は荒れ放題だ。その分、
木苺が旺盛な繁殖を繰り返し、まるで木苺畑のように
なっている。

しかし、その木苺もコンボ子連れの猿軍団の標的に
なってしまった。収穫は彼らより先にしなければ、
きれいさっぱり、食べつくされていってしまう‥‥。
猿たちとの「仁義なき戦い」なのだ。

今年は、見事に私が機先を制することができた。
f0140209_18281490.jpg
収穫

そして、この家で育った3人の子供たちの最後を飾り?
次女が明日婚礼を迎える。祝いに彼女の口に木苺を
一つ、放り込んでやろうと思っている‥‥。

by don-viajero | 2011-06-17 18:30 | エッセー | Comments(4)
2011年 06月 14日

この~木

♪この~木 何の木 気になる木‥‥♪

毎年、梅雨の走りのころ、一斉に我が家の庭を
賑わすように、花をつける木。今年はどの木も
いたってたくさん花を咲かせているような気がする。

そこでネット検索で、キーワード『木の花』を
打ち込めば、すぐさま何の木かが解る。

夕食時、カミさんに
「あの白くて可愛らしい花を鈴なりにつけている木、
 何て名前か知ってる?」
「それ、去年も言っていたよね!
 ‘エゴノキ’でしょう!」
「ん???」
そう言えば、話したような‥‥。
ネットでも調べたような‥‥。

でも、それが事実であっても、今年のエゴノキの
花の咲き具合がいつもの年とは違う‥‥そう思う。
明らかに、我が家に数あるエゴノキの花が多く
咲き過ぎている。

歳を重ね、私が年々「エゴイスト」になってきたのに
比例して咲いてくれるのだろうか?
まさか‥‥それは違うだろう。
ひょっとして‥‥。何かの異変の前兆!

杞憂であることを願うのみだ。
f0140209_1956667.jpg
エゴノキ

by don-viajero | 2011-06-14 20:07 | エッセー | Comments(0)
2011年 06月 11日

倅と親父

昨日、ラジオで国会中継を聴いていた。
自民・丸川珠代議員、いくら舌鋒鋭い追及で
あっても、キンキンキャンキャン、あれが一国の
首相に対しての言葉として許容できるものなのか?
ざらりとしたものだけが耳の奥深くに居座り、
スイッチを消した‥‥。

今日の日めくり英会話。
-A hedge between keeps friendship green.-

所帯を持ち、子供も産まれ、一端(いっぱし)の
『男』として風を切っていたころ。

亡き父と、とかく尖った物言いでしか会話が
できなくなってしまった時期がある。
これは、一人の『男』としての成長ではあるが、
人生を甘く見据えていた者の勝手な挑戦だった
のかもしれない。

それは『雄』として育った動物の子を、親があえて
突き放し、一匹で生きてゆくことを知らしめたとき、
『雄』同士の睨み合いになることに似ている。

いま、それがデ・ジャブとして跳ね返ってきている。
ちょっと前までは、倅(せがれ)のとげとげしい言葉に
敏感に反応して頭にきていたのだが、最近は
-あぁ‥‥、オレもあんなざらついた言葉で親父に
  向かっていたんだろうな‥‥?-
そう思うと、不思議に返す言葉も優しくなる。
なにも、売り言葉に買い言葉で返すこともないだろう。
こちらのほうが大人なのだから‥‥。

-親しき仲にも礼儀あり-

by don-viajero | 2011-06-11 19:59 | エッセー | Comments(0)
2011年 06月 09日

男の総称

この世に生を受け、幼年期を過ぎ、少年期、青年期、
壮年期、そして老年期に到り、終末を迎える。

幼年、少年、青年、壮年、老年。
それらはなにをもって区切られるのかは、定かではない。
もっとも最近は壮年と呼ばず、中年という言い方を
することが多く見受けられる。
ただ、そんな徒労感の滲む表現にはいささか
閉口するのではあるが‥‥。

中年太りと言っても、壮年太りとは言わないし、
壮年野球と言っても、中年野球とは言わない。
近頃耳目する、壮年と老年の間になるのだろうか、
熟年という言葉もある。

幼年から少年になることや、少年から青年になること、
壮年から老年になることは何となく
「あぁ、あのころかな?」って気がするが、
青年から壮年の移行時期がいまいち、よく判らない。

婚期を逃し、独身でいる者たちより、所帯を持ち
子供をもうけた者たちの方が、壮年になるのが
早い気がする。それは、おそらく嫁さんにしろ、
子供にしろ、託す者が存在するということでは
なかろうか‥‥。
しかも、その行為のなかに生命保険がある。
自分のためにではなく、残された者へ託すお金だ。
ひょっとしたらこのあたりが、青年から壮年へと
脱皮した時期だと思うようになってきた‥‥。

来週の土曜、次女の結婚式を迎える。それは、私が託して
きたことを、彼女の旦那になる人間にバトンタッチする
日が近づいてきたということなのかも知れない‥‥。
                        

by don-viajero | 2011-06-09 19:44 | エッセー | Comments(2)
2011年 06月 07日

白ワイン

日曜恒例の15㌔ランニング、腹筋、腕立て、ダンベル、
内旋筋運動を済ませ、ビッショリかいた汗をシャワーで
洗い流し、さぁ、水分補給しようと思ったのだが、生憎
(あいにく)買い置きのビールがないではないか!一ヶ月前、
乗鞍の友から貰って冷蔵庫に入れてあったビンテージ
1987年物の白ワインを思い出す。このワイン、閉鎖した
ペンションのオーナーからの置き土産らしい。

腐りかけていたコルクを慎重に抜き取る。よく冷えた白を
ワイングラスに注ぎ、グビグビっと一気に飲み干す。
豊穣なフルーティーな香りが周りの空気をほんわり包み込む。
キリリとした飲み応えもあり、2杯目もグイグイ。
そこで、飲みながらネットでそのワインを調べてみた。

Muscadet Sur Lie 1987。グラスを持つ手が震えた!
え?え?え?ゲゲゲ‥‥€280???≒33,000円???
さすがに3杯目からはチビチビに変わっていた。

-こんな凄いワイン、カミさんにも飲ませてあげよう!
  ちょっと待てよ‥‥。
  カミさんは今日から実家へ帰るんだ‥‥。
  いくら凄いワインでも開けちゃったんだから、
  すぐに 酸っぱくなってしまうよなぁ‥‥。
  えぇい!空にしちゃえ!-

ってな訳で、33,000円分美味しく頂いた次第でありました。(笑)

by don-viajero | 2011-06-07 18:58 | エッセー | Comments(2)
2011年 06月 07日

無題

真弓と菅さん、

どちらが早く辞めるんだろうか???

あぁ~~~~~!

by don-viajero | 2011-06-07 03:35 | エッセー | Comments(0)