陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 30日

三日月と夕焼け

予感はあった!
見事な夕焼けに巡り逢えた!!!

車を走らせながら、ときおり西の空が気になっていた。
日没後、尾根の向こう側から小さなオレンジの固まりが現れ始め、
余分な雲は次々と払い除けられてゆく‥‥。(11・29 /16:48)

常念岳を真正面に見据える道を走っていたら‥‥。
f0140209_19364043.jpg

f0140209_1937133.jpg


by don-viajero | 2011-11-30 19:41 | Photo | Comments(2)
2011年 11月 29日

酒のツマミ

超簡単スピード料理『明太もちチーズ春巻』。
お餅が結構腹持ちするし、明太子とチーズのコラボが絶妙な
味を引き出してくれる。お酒のツマミにピッタシ!
「恐れイリヤのクリヤキン」や!(ふる~)

材料:春巻の皮・明太子・餅・刻みチーズ・大葉・小麦粉・水・油。
たったこれだけでいいのだ!

作り方
① 明太子は1cm幅に切る。
  切り餅は1枚を8等分に切る。
  小麦粉(薄力粉)と水を同量混ぜ、糊状にする。
②  f0140209_2023169.jpg春巻きの皮を横半分に切り、1枚ずつはがす。
  皮に大葉、餅、明太子、チーズをのせ、三辺(左右と上)に
  小麦粉の糊をつけ、しっかりとクルクル巻く。
  巻き終わったら、端をギュッと押さえる。             
③ フライパンに1~2cmの油を入れ、春巻を揚げる。
  皮がキツネ色になったらOK!



f0140209_20164148.jpg

f0140209_20165532.jpg

来年、あきる野の友の家で迎える、旧知の友らとの恒例新年会。
一夕(いっせき)のお礼に、この『男の料理』の一品を
提供するつもりだ。          

by don-viajero | 2011-11-29 20:11 | 男の料理 | Comments(2)
2011年 11月 27日

初冬のラン

本格的な冬を間近に迎える空気は、乾燥して余分なものを
含まず、北に望む雪を纏った山々をくっきりと見せている。

お気に入りの林間コースの広葉樹たちは、いつの間にか
すっかり裸んぼになってしまい、舞い落ちた葉で道の脇を
覆った枯葉が、冬が深まりつつあることを教えてくれる。

流れてゆく足元でかさこそと音をたてる落ち葉は、
踏みつけると砕けてしまうほど乾いていた。

鮮やかなイチョウの葉とくすんだ黄色や赤のコナラや
モミジの葉。そして、木立の隙間から零れる黄金色に
優しく輝く柔らかな初冬の日差し。
それが、今日の私のランニングの色だった。

例年なら、11月初旬から徐々に寒さに慣らされていくのに、
まだ馴染んでいない初冬の寒い空気と、お日様に暖められた
温(ぬく)い空気が入り交じったなかでのランニングが、
気持ちよく身体をクリアーにしてくれる。
f0140209_19324976.jpg
今朝の夜明け前の朝焼け

by don-viajero | 2011-11-27 19:35 | Run | Comments(3)
2011年 11月 26日

霜の降りた朝

今朝、放射冷却もあり、今シーズン一番の冷え込みを
記録したことを告げるニュースが流れる‥‥。

眩い陽射しが、キラキラ光を輝かせながら、様々な形で
凍みついてしまったものたちを融け始めさせている。
f0140209_19484628.jpg

ネコジャラシが薄い蜘蛛の糸のコートを羽織っていた。

f0140209_1950187.jpg
車の屋根をビッシリ覆った霜。

by don-viajero | 2011-11-26 19:51 | Photo | Comments(3)
2011年 11月 24日

雨上がりの日の朝、
木の小枝にへばり付いている雫を撮ってみた‥‥。
f0140209_19414548.jpg

f0140209_19421198.jpg

f0140209_19422650.jpg

f0140209_19424442.jpg


by don-viajero | 2011-11-24 19:43 | Photo | Comments(2)
2011年 11月 23日

収穫祭

もち米とコシヒカリの脱穀を、一日で済ませることに
なってしまったので、当日はご苦労会なしで終わった。

アフリカ・シエラレオネ&セネガルでの農業指導に赴任している
仲間のK氏が、11月13日一時帰国するのに合わせ、延び延びに
なっていた収穫祭を『東屋』で19日(土)、盛大に執り行った。

大人11名、子供4名。総勢15名の大宴会であった。
もち米が豊作だったので、それを利用して3種類のレシピを
ネットから拾ってみた。

餅つき機で2升分をつき
①『もちピザ』・・・・・・・・10cm大に薄くのばした扁平丸餅
②『牛乳鍋』・・・・・・・・・普通の切り餅
③『明太もちチーズ春巻き』・・スティック状に切る

①は薄くし過ぎたため鉄板にくっ付いてしまい失敗。
  もう少し厚めにした方が良かった。
②は大鍋で煮込んだのだが、具材の野菜が多過ぎたため
  餅をいれる余裕がなく牛乳鍋スープにした。
③これは大好評であった。『男の料理』の一品に加えることにした。

この『明太もちチーズ春巻き』は、後日カテゴリー『男の料理』で
詳しく紹介する。

by don-viajero | 2011-11-23 20:36 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2011年 11月 22日

冬の装い

昨夜の予報は見事に外れた。

里に降った冷たい雨は、雪に変わることはなかったが、
仰ぎ見る山々を美しく着飾ってくれた。
f0140209_2014852.jpg

f0140209_20152352.jpg

f0140209_2015492.jpg


by don-viajero | 2011-11-22 20:16 | Photo | Comments(3)
2011年 11月 21日

旅立ち

北の方角に聳える白馬三山を始め唐松岳、五龍岳、
鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳みんな雪を纏った姿になり、
北から運ばれてくる風が、頬を冷たく叩くようになった。
予報では今夜あたり、白いものが舞い降りてきそうだ。

そして、そこかしこで柔らかく銀色に輝いていたススキの
穂の種たちも、旅立ちの時を迎えている‥‥。
f0140209_19475973.jpg


by don-viajero | 2011-11-21 19:48 | エッセー | Comments(2)
2011年 11月 20日

紅葉(もみじ)・Ⅱ

安曇野の紅葉は、正直汚かったと言わざるを得なかった。

先日まで仕事に行っていた木曽・奈良井や生坂・山清路の
紅葉の葉っぱは、虫食いもなく見事だった。
f0140209_955693.jpg

f0140209_963014.jpg
木曽・奈良井にて

f0140209_97370.jpg
生坂・山清路にて

by don-viajero | 2011-11-20 09:07 | Photo | Comments(0)
2011年 11月 18日

言うまでもなく、空は宇宙を覗く窓だ。

雨降りや曇天でない限り、青空には刻々と形を変えてゆく
雲が遊んでいるし、思いがけない現象にも出くわす‥‥。
f0140209_20163783.jpg
CROSS

f0140209_2046728.jpg
PRISM



結構、参考になる写真だよね!

by don-viajero | 2011-11-18 20:28 | Photo | Comments(2)