陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

桜の魅力 Ⅳ

昨日、松本では30℃を越えたらしい。
当然、我々のところでもそれに近い数値が観測されたことを
疑う余地はない。

この二日間の異常高温で我が家の山桜の老木たちも、
一斉に花を咲かせた。

森でもコシアブラやタラノメが開き、4日の「東屋・春の大宴会」に
間に合わせてくれた‥‥。春の恵みに感謝、感謝‥‥。
f0140209_1843172.jpg

f0140209_187880.jpg

f0140209_1872563.jpg

f0140209_1874346.jpg

f0140209_1875852.jpg


by don-viajero | 2012-04-30 18:08 | Photo | Comments(3)
2012年 04月 29日

陽春

言葉で表せば、清々しく、暖かく、穏やかな快適さを
伴う春を想像させるのだが、昨日今日は一気に夏に
近づいた。

北原白秋は「5月の陽気は春と夏のデュエット」と
なんとも言い得て妙な表現をしたが、4月も終わろうと
しているいままさに、5月に足を突っ込んでしまったかの
ような陽気になってしまった。

夏用のランニングウェアーに身を包み、快調に走り出した
ものの、肌に伝わる気温の上昇はウェアーを脱がせ、
滝のような汗を帽子のなかから滴り落とす‥‥。
体力の消耗も激しい。20kコースを縮め、15kで済ませて家に
辿りついたときには、すっかり疲れ果ててしまった‥‥。

しかしながら、風呂上りご褒美のプレミアムは、陽春の
えも言われぬ旨さが、乾いた喉を潤わせてくれた‥‥。

by don-viajero | 2012-04-29 17:56 | Run | Comments(0)
2012年 04月 28日

桜の魅力 Ⅲ

裏のソメイヨシノが満開になった!!!
いままさに、その魅力を限りなく振り撒いている‥‥。
そして、終わりに魅せる散り際の美学‥‥。

すっかり桜の虜になった僕は、自分で言うのも恥ずかしいが、
今回、ブログには載せきれないほどのすばらしい写真を撮った!
と思っている‥‥。読者にとって駄作と思われるものも含め、
数回に分けて掲載してゆくつもりだ‥‥。

それは桜の魅惑とともに、私の腕が上がってゆくのも
確認していってもらえるかもしれない‥‥。
f0140209_1712933.jpg

f0140209_17122639.jpg

f0140209_17123920.jpg

f0140209_17125352.jpg

f0140209_1713854.jpg


by don-viajero | 2012-04-28 17:13 | Photo | Comments(2)
2012年 04月 26日

紅しだれ桜

一年に一回、しかもほんの僅かな時間だけ咲いて散る桜。
散り際の良さとは裏腹に、もう少しだけ咲いていてくれても
いいものを‥‥と切ない思いをぶつけ、しばらく桜シリーズを
掲載してゆくつもりだ‥‥。

木の幹がまだ数cmの若い紅しだれ桜。
f0140209_19403850.jpg

f0140209_19405973.jpg

f0140209_19412211.jpg
宙に浮いた花弁

by don-viajero | 2012-04-26 19:42 | Photo | Comments(2)
2012年 04月 25日

桜の魅力 Ⅱ

昨日、今日の暖かさですっかり満開になった桜は、
早くも散り始めている。

明日の雨が花散らしになるかもしれない‥‥。
f0140209_1938173.jpg

f0140209_19383549.jpg


by don-viajero | 2012-04-25 19:39 | Photo | Comments(2)
2012年 04月 23日

桜の魅力 Ⅰ

残念ながら我が家にはソメイヨシノはない。
そのかわり、私がこの地に移り住む以前から、大地に
根を張り自然に育っていた山桜の大木が数本ある。
今年の開花は、おそらく連休過ぎになるかもしれない。

松本市が平年に比べ、一週間以上も遅かったソメイヨシノの
開花宣言をしてから数日が経った。
我が家から僅か数百m下った辺りでは八分咲きになっている。
さらに下った街中は満開だ!

我が家の裏、K氏邸には『東屋』と対峙して一本のソメイヨシノの
老木がある。でも、冷たい川の流れの横ということもあり、
今日現在開花はたったの二輪。冷たい雨に打たれて開くのを
躊躇らっているようだ。明日は晴れの予報だ。はたして、
妖艶な桜を撮ることができるだろうか‥‥?
f0140209_1942965.jpg

f0140209_1943254.jpg
f0140209_19423860.jpg

f0140209_1944987.jpg


by don-viajero | 2012-04-23 19:45 | Photo | Comments(1)
2012年 04月 22日

キブシ

まだ木々の葉が出ていない森の中では、ダンコウバイ
アブラチャンの黄色から、緑がかった黄色のキブシの花が
目立ってくる。

細い枝から小さな花々が垂れ下がった様は、まるでビーズ
飾りのようでもあり、江戸の女の子の髪にでも飾れば、
似合いそうな花簪(かんざし)のようでもある。

様々な木々の芽吹きが始まり、葉が覆い被さってくれば、
このキブシ自体がどこかに隠れてしまう存在になってしまう、

早春はこの花にとっては、唯一自己主張のできる時季なのだろう。
f0140209_12475744.jpg

f0140209_12481989.jpg

f0140209_12485264.jpg

f0140209_12492159.jpg

f0140209_12493887.jpg


by don-viajero | 2012-04-22 12:49 | Photo | Comments(1)
2012年 04月 20日

オレオレ詐欺

-月も星も出ていなかった。街燈が一つもない田舎の道を、
  真っ黒な車体の車がライトも点けずに向かってくる。
  が、歩行者は難なく車を避けることができた。-
さて、どうして避けることができたのでしょうか?

これは、一時流行った消火器販売の手口と同じようなものだ。
「消防署のほうから来ました‥‥」
消防署から来た。とは言っていない。そう言って高額な
消火器を買わせてしまう。

毎日のように繰り返され報道される『オレオレ詐欺』。
警察と詐欺師とのイタチゴッコだ。

俺は、私は騙されまいと思っている高齢者も、新たな手口で
いとも簡単に落とされてしまうから不思議だ。

金額だって一万円や二万円ではなく数百万円だ。なかには
一千万円以上も払ってしまったお金持ちもいる。

今朝の地方新聞にも、木曽郡内の70代男性が金鉱山利権の
購入勧誘詐欺に引っかかり、3月上旬から4月上旬までの
たった一ヶ月間6回に渡って六千万円も騙し取られた。
私としては、ただ呆れてアングリと口を開けるだけだ。

もし、そんな詐欺師達から連絡が入ったところで、私には
そもそも手元に渡すものがないから安心である‥‥(笑)。

冒頭の応えは簡単だ。昼間だったから。
「エッ!?」だって『夜』とは一言も言っていない!
f0140209_2033457.jpg

ヒマラヤユキノシタの甘い蜜を舐めに来たのかな‥‥?
気をつけましょう!詐欺師は誰彼見境無く狙いますよ!!!

by don-viajero | 2012-04-20 19:59 | エッセー | Comments(0)
2012年 04月 18日

梅の魅力 Ⅱ

まだ蕾の桜たちに囲まれ、1本だけ背の低い薄桃色の
紅梅が、一足先に目立つように咲き乱れていた‥‥。
f0140209_2015478.jpg

f0140209_2021913.jpg

f0140209_2024473.jpg

f0140209_203525.jpg


by don-viajero | 2012-04-18 20:03 | Photo | Comments(2)
2012年 04月 17日

刻む

4月に入ったというのに、霜が降りて寒かった朝。

手ぬぐいでほっかむりし、片手には杖をつき、腰は幾分
曲がってはいたが、矍鑠(かくしゃく)と散歩をしている
老人をみかけた。

背格好が以前に比べこじんまりしてしまってはいるものの、
私の知っている先輩のお父さんだ。近寄ってゆき、
「こんにちは!」
すっかり遠くなってしまった耳で、音を拾うように手ぬぐいの
下に隠れた部分に手を当て
「どちらさんでしたっけ‥‥?」
「〇〇さんでしょう!!」
大きな声をかけた。
「そうですが‥‥。あなたは???」
「△△ですよ!」
「あぁ、思い出しましたよ!
 散歩の途中で声を掛けられるって‥‥、
 うれしいことですねぇ!」
長く生き抜いてきた証である刻みが、笑顔のなかで弾けていた。
「気をつけて散歩をしてくださいよ!」
「ありがとう!」

-人に歴史あり-
ゆっくり遠ざかってゆく後ろ姿の背にも、歴史が刻まれて
いるように見えた‥‥。

by don-viajero | 2012-04-17 19:22 | エッセー | Comments(2)