陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

Good-by Land Cruiser!

毎回のランニング終了後、シャワーを浴びてカラダスキャンに
乗り、表れた数字をエクセルに記録する。そして次に待って
いるのがご褒美。カラカラの喉を潤してくれるそれは、ちょっと
前までは「サントリープレミアム/500mm缶」だったが、最近は
「角ハイボール/500mm缶」に変わった。

以前から、時々子供たちにも話をしていた車。夢物語のような
話しだった。先ごろ、還暦を目の前にして、カミさんの
許しも得て、我が人生に大きな、大きなご褒美をした‥‥。
自分にとっての夢物語を実現させた‥‥。

ランドクルーザー・プラド。新車で購入したのは1992年。世の中、
バブル絶頂期だった。家族の思い出をいっぱい積んだ車。

いまでは、その『遊び』用の車自体が遊んでいる。毎年のように
買い替えを促していた販売店も、さすがに最近は連絡がない。
「四角くなったら、買い替えを考えてもいいよ!」
この一言で大概は退散する。

なんの気なしに、ネットの無料査定に問い合わせたところ、
画面には「査定不可能!」が出てきてしまった。20年前の車だ!
然もありなん!!!ところが数分も経たないうちに、某中古車
買取業者が食いついてきた。無料で見たいということで、数日後
来てもらい、査定した結果が15万円也!この値を参考にして、
某ネットカーオークションサイトに最低価格20万円で出品。
なんと最終26.1万円の値がついたのだった。

世の中、車の形はこれでもかというくらいにケツが上がり、益々
丸っちょくなってくる。そして、それぞれが燃費競争に明け暮れた
結果、どの車も似たような車体になり、マークを確認しなければ、
どこ社の車か判別が難しくなってきている。

遥か遠くに春が過ぎ去り、快活だった夏も終わり、人生の秋から
冬にさしかかった今、世間の流れに完全逆行するようなご褒美を、
自分に与えた!                    

by don-viajero | 2012-11-30 19:59 | エッセー | Comments(2)
2012年 11月 28日

至福の時間

f0140209_1942079.jpg
-5℃の朝(今シーズン一番の冷え込み)
f0140209_19541318.jpg
今宵の満月

ようやく仕事も落ち着き、読みかけのページを開く余裕が
でてきた‥‥。

読書をするということは、仕事に追われて開かないばかりか、
仕事以外の何か進行中の予定があったり、悩みがあったりして
そんな余裕がないときを除いて、おそらく頭が空っぽのときが、
一番文字が軽やかに躍るようにして心に響いてくるのであろう。

長い旅のなかでは、時間を弄ぶことがままある。そんなとき、
宿のベランダや公園のベンチで持参してきた本を開く。
ちょっと分厚い文庫本を最低二冊はお供する。その読み終えて
しまった本をどうするかといえば、再び持ち帰ってくる‥‥。
重い思いをしてまで‥‥。

昔読んだ向田邦子のエッセイ集に、こんな文章があった。
-旅先で読み終えた本を置いてくることは、まるで
 捨て子をするようなものである‥‥-

本は読む前も、読んでいる最中も面白い。ときどき目を
閉じて瞑想に耽る。読み終われば、渇いた砂地に水が染み入る
ように、すぅ~っとした至福が全身を駆け巡る。

そんなようなことも書かれていたような気もするが‥‥。
                  

by don-viajero | 2012-11-28 19:56 | | Comments(2)
2012年 11月 26日

インカのめざめ

『インカのめざめ』。
さて、この名前を聞いてなにを想像しますか?

その食感はネーミングばかりか、久しぶりに感動した味だった‥。

夏も終わったころ、仲間で海釣りに出かけた。
夜のキャンプでのBBQで、畑を借りて様々な野菜を育てている
H夫婦の奥さん(大阪出身者)が、ホイルに包まれてホッカホッカに
湯気の上がったイモを見せてくれた。
「Mさん!これ、ただのジャガイモちゃうねん!ほらね!」
割ってみると、中身はまるでサツマイモのような黄色で、味は甘い。
「このイモ、なんていうの?」
「凄い名前なんよ!『インカのめざめ』ちゅうねん!」
「『インカのめざめ』かぁ‥‥。かっこいい名前だね!」

そういえば、ジャガイモの原産地はアンデスだ。そこで暮らしていた
インカの人々も驚くようなジャガイモ。北海道の多くのジャガイモが
「男爵」ならば、さしずめこれは「公爵」である。
f0140209_19211073.jpg

10月中旬ごろ申し込んでおいた予約販売ものが、ようやく私の
手元に届いた。

by don-viajero | 2012-11-26 19:30 | 男の料理 | Comments(0)
2012年 11月 24日

晩秋の彩り Ⅱ

周りの景色は、ゆっくりと晩秋から初冬へと衣替えを
始めている‥‥。
f0140209_1950275.jpg

f0140209_19501969.jpg

f0140209_19503868.jpg


by don-viajero | 2012-11-24 19:51 | Photo | Comments(2)
2012年 11月 23日

晩秋の彩り Ⅰ

冷たい雨の中、秋を彩った赤や黄の葉っぱがハラハラと静かに
舞い落ちてゆく‥‥。
f0140209_12424727.jpg

f0140209_1243553.jpg

f0140209_12432489.jpg


by don-viajero | 2012-11-23 12:44 | Photo | Comments(2)
2012年 11月 21日

ラウンドアバウト

f0140209_19211023.jpg

海外でよく見られる円形交差点のことだ。

日本の場合なら、交差点に向かう車両が左折して円形の
「環道」に入り、時計回りに走った後、目的の方向へ
抜けていく仕組みだ。小回りとなる環道では、車両は
スピードを出し難く、速度抑制と円滑な運行につながる。

今年4月、長野県飯田市が、全国で初めて既設の信号機を
なくしてラウンドアバウトを導入した。先ごろ、軽井沢でも
ラウンドアバウトの社会実験に入った交差点がある。
長野県のように「譲る」ことに関した交通マナーの悪い
地域なら有効かもしれない。しかも災害で停電しても
スムーズな交通を確保できる。

もう一つ海外で経験して、これは-いいな-と思える
交通ルールがある。ロードハンプだ。

市内に入ると、至るところにこの「道のコブ」が現れるから、
乗り物はスピードを落としてゴットンだ。これならば、
生活道路「ゾーン30」規制をしたところで、お巡りさんが
いなければ、平気で裏道であろうが、無視してスピードを
落とさず通り抜ける車両はなくなることだろう。

4月、京都亀岡で発生した通学児童の痛ましい事故なんかも
防げるんじゃないだろうか‥‥。
しかも、ゴム製なら騒音の問題もなくなるだろうし‥‥。

by don-viajero | 2012-11-21 19:24 | エッセー | Comments(4)
2012年 11月 19日

Indian summer / Green

この時季、僅かに残っている『緑』の葉っぱ。
来春も美味しいコシアブラの贈り物をしてくれる森。
f0140209_19222853.jpg

f0140209_1922549.jpg


by don-viajero | 2012-11-19 19:23 | Photo | Comments(4)
2012年 11月 17日

Indian summer / Yellow

猿たちにすっかり荒らされてしまったが、今秋もカラマツダケ、ムラサキシメジ、
クリタケと贈り物をしてくれた森。
f0140209_1953186.jpg

f0140209_19534322.jpg


by don-viajero | 2012-11-17 19:55 | Photo | Comments(4)
2012年 11月 16日

Indian summer / Red

一時の目が回るように忙しかった仕事も一段落し、今日は
午後から休みにした。昼食後カメラをぶら下げ、『色』を
求めて森の中に入っていった。ポカポカ陽気、まさに
インディアンサマーだ。森の中で見つけた『赤』『黄』『緑』を
3回に分けて載せていきます。まず、秋らしい『赤』から。
f0140209_20111243.jpg

f0140209_20114680.jpg

f0140209_20121754.jpg

f0140209_20124052.jpg


by don-viajero | 2012-11-16 20:13 | Photo | Comments(2)
2012年 11月 15日

縄張り

f0140209_19114036.jpg

年々烏が増えてきた。
電線の下のアスファルトは、彼らの排泄物でいっぱいだ。

すぐそこ、手が届く所まで白いものがやって来た。
空中では熾烈な縄張り争いが繰り広げられている。

by don-viajero | 2012-11-15 19:13 | Photo | Comments(2)