陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 27日

傍ら痛し

f0140209_19493718.jpg
「影」

-人間はしばしば、他人の欠点を穿(ほじく)ることによって、
 自分の存在を際立たせようと考えている。
 だが彼は、それによって自分の欠点をさらけ出しているのである。
 人間は聡明で善良であればあるほど、他人の良さを認める。
 だが、愚かで意地悪であればあるほど、他人の欠点を探す。-
トルストイの言葉だ。

ここ二年続けて「東屋俱楽部」の仲間たちと、大町温泉郷で一泊の
新年会をやっている。

なかなか「東屋」の宴会では予定が合わず、逢うことのないM氏も
一緒だ。私のことを「Mさんは博学ではなく、単なる雑学だ!」と
言って憚らない、なかなかの論客の持ち主である。

大概、氏との会話は擦れ違う。意を異にするのだ。私のように直感的な
人生を歩んでいる者と違い、元新聞記者と言うだけあって理路整然と
物事を捉えている。それは会話の中の端々で感じる。が‥しかし‥。
酔えば酔うほど私の回路は、あらぬ方向へと流れてゆく‥‥。

口角泡を飛ばし合うほどの仲でもあるが、喧嘩にはならない。
良く言っても、悪く言っても好敵手なのだ。

氏との会話で、一年分の言いたかったことを吐き出した数日後、この
トルストイの言葉を目にした。

自分のことを指摘されているようで、傍ら痛し思いである‥‥。

by don-viajero | 2013-02-27 20:52 | エッセー | Comments(0)
2013年 02月 26日

一見(いちげん)さん

f0140209_19285223.jpg
「朝の光」

以前、の中には決して出逢ったことのない人は出てこない‥‥。

そんなことを書いたし、これ自体事実であろう。稀に本を読み終えた後、
自分が想像で作り上げた作中の人物が現れることもあるが‥‥。

ところが、つい最近、私は人生のなかで、未だかつて一度も逢った
ことのない人物の夢を見たのだ‥‥。

もうかれこれ30年も前の光景だ。村と呼ばれてもおかしくないような、
当時人口一万人にも満たない小さな町の一人の町会議員を目の前にして
「先生!先生!‥‥」と揉み手をしているやり手の若社長。その傍らで、
歯が浮くばかりか、熔けてしまうような物言いに、辟易して背を向けて
唾吐く私。因果は巡る?今、息子はその社長の下で働いている。

ここからが夢の世界。
そんなどこまでも明るく振舞う社長の横に、二人の青年が穏やかな笑みを
浮かべて寄り添っている。一人は長男のH君。もう一人はその弟のY君だ。

私は、このとき初めてY君に逢った。それは何度も顔を逢わせている社長と
長男のH君、それぞれの“えぇとこ取り”のパーツの組み合わせで、まったく
もって無理矢理色男に仕立て上げたようなモンタージュー写真の顔だった。

数日後、息子に訊いてみた。
「逢ったことはないんだが、社長の二番目の息子さんの夢を見たんだ!
 髭モジャで精悍な顔してたなぁ‥‥」
「あ!それおかしいわ!なんなら今年、会社でやった新年会の写真
 あるから見せてやるよ!」

やっぱり、知らない顔だった‥‥。   

by don-viajero | 2013-02-26 19:36 | | Comments(0)
2013年 02月 24日

『チーズバケット』

f0140209_1934027.jpg

『タルティーヌ』で余ったバケットとミニトマト+たっぷりの
刻みチーズを一人用土鍋にドバーっと入れて美味しい昼食!

材料:半分に切ったバケット・適、ミニトマト・適、刻みチーズ・適、
    オリーブオイル・適

作り方
①バケットにオリーブオイルをたっぷり塗り、そのうちの一つで、
  鍋の表面を塗る。(溶けたチーズがくっ付かない)
②鍋の底にチーズを敷き詰めて、バケットを並べる。
③バケットの上にもチーズを乗せ、半分に切ったミニトマトを乗せる。
④オーブントースターで焼き色が付くまで焼く(1200wで5分ぐらい)

これは超簡単、しかも癖になる美味しさです!!!

by don-viajero | 2013-02-24 19:36 | 男の料理 | Comments(2)
2013年 02月 23日

『タルティーヌ』

f0140209_21162851.jpg

『タルティーヌ』とは?‥‥上の写真をご覧あれ!
フランス語の『タルティネ(塗る)』が語源だそうだ。バケットに
バターやジャムを塗ったフランスの日常的なパンの食べ方。
塗るだけでなく、好きな具材を乗せたオーブンサンド的なものを
含めて『タルティーヌ』と呼ばれている。と記されている。

材料:バケット、キューリ・適、冷凍剥きエビ・5尾、アボガド・1/2,
    スモークサーモン・100g、玉ねぎorレッドオニオン・1/4、
    レモン果汁・適、マヨネーズ・適、塩コショウ・適、
    オリーブオイル・適、ミニトマト・3コ、
作り方
①冷凍エビはさっとお湯を通し、すべての具材を細かくしてボールに
  入れ、よく混ぜてマヨネーズ、塩コショウ、レモン汁をたらす
②スライスしたバケットの表面に、刷毛でオリーブオイルを軽く塗り、
  オーブントースターで焼いたあと具材を乗せて、半分に切った
  ミニトマトを乗せる(あればスィートトマトかな‥)
f0140209_21193761.jpg

ヴィニョヴェルデを半分空けちゃいました!(*^_^*)g’’

次回は残ってしまったフランスパンとミニトマトで一工夫!
                             

by don-viajero | 2013-02-23 21:22 | 男の料理 | Comments(0)
2013年 02月 22日

『牡蠣とホウレン草のクリーム煮』

f0140209_2164560.jpg

白ワインを入れることが、くせを飛ばすことになるかどうかは
分かりませんが、牡蠣調理には白ワインが合いますね!

まずは【ホワイトソース】
材料:小麦粉・20g、切れてるバター・2ヶ、牛乳・200cc、
固形チキンスープの素1/2ヶ
作り方
①耐熱容器に小麦粉+ちぎったバターを入れ、ラップをかけ電子レンジ
  1分半・チン
②取り出してよく混ぜ、滑らかになってから砕いたスープの素と
  牛乳を少しずつ加えて混ぜて、ラップなし電子レンジ2分半。
  取り出してとろみがつくまでよくかき混ぜる。

さて本題の材料:
牡蠣(加熱用)・4粒前後、ホウレン草・1/3ワ、玉ねぎ・1/4、白ワイン・
小さじ2、塩コショウ・少々
作り方
①塩水でよく洗った牡蠣の水けをとり、軽く塩コショウをふる。
②縦に薄切りした玉ねぎを耐熱皿のまわりに敷き、真ん中に牡蠣を並べる。
③白ワインをふってラップをかけ、電子レンジ(600W)で2分かけ、
  取り出してそのまま蒸らす
④ホウレン草は洗い、水けを残したまま別の耐熱皿にのせ、ラップをかけて
  電子レンジで3分。水に浸しアクを抜き、4~5cm長さに切って水けを絞る
⑤ホワイトソースに③と④を加え混ぜる。塩コショウで味を整え、耐熱容器に移し、
  ラップをせずに電子レンジで1分半かけて完成

調理時間自体は20分前後でしたが、いい仕事しましたよ!
                       

by don-viajero | 2013-02-22 21:15 | 男の料理 | Comments(0)
2013年 02月 20日

『ズッパ』

f0140209_20255410.jpg

ズッパ【zuppa(イタリア語)】とはスープのことだ。
このスープは休日の昼、結構手間隙かけた?一品ですぞ!
まぁ、もっともこれだけじゃなかったから‥‥。

材料:牡蠣(加熱用)・4粒ほど、キャベツの葉・大2枚、玉ねぎ・1/2
ニンニク・一かけ、唐辛子・1本、塩、小麦粉・適、バター・適、
ナンプラーorギョクナム・適、牛乳・500cc、オリーオイル・適、
粗挽き黒コショウ・適

作り方
①塩分1%のお湯にキャベツの葉を入れ、色が変わったら出す
②牡蠣を入れる。膨らんだら出して水に入れる。あげて水気をとる
③ニンニク、玉ねぎをさくぎり
④ニンニクとバターを火にかけたあと玉ねぎを加える。小麦粉を振り掛ける
⑤ナンプラーを入れてくせを飛ばす
⑥予め温めた牛乳を少し入れて混ぜる
⑦残りの牛乳を入れ、唐辛子1本そのまま、3cm角に刻んだキャベツを
  加え混ぜる
⑧とろみが出たら牡蠣を加える(牡蠣が温まればOK)
⑨皿に盛りオリーブオイル数滴、粗挽き黒コショウをふる

このとき一緒に作ったのは『タルティーヌ』。また日を改めて紹介します。
当然、“相棒”はお洒落なワ・イ・ン!

by don-viajero | 2013-02-20 20:29 | 男の料理 | Comments(2)
2013年 02月 19日

『牡蠣のさっぱり和え物』

f0140209_1932951.jpg

そういえば1月8日『静かな夕食』でも、牡蠣の料理?を
紹介しましたね!今回はあれよりももっと簡単。
超が付くくらいです。

材料:牡蠣(加熱用)・4粒前後、塩・適、ラー油・適、ネギ・適
   A・砂糖・大さじ1/2、醤油・大さじ1/2、酢・大さじ1/2、
     大根おろし・適

作り方
①鍋に湯を沸かし、塩水で洗った牡蠣を2分程茹でて、取り出す。
②ボウルにAを混ぜ合わせる。
③茹でた牡蠣を器に盛り、②をのせ、ラー油をふりかけ、ネギを
  散らす。

ハイボールというよりは、日本酒のほうが似合いそうな肴ですね!

by don-viajero | 2013-02-19 19:37 | 男の料理 | Comments(4)
2013年 02月 18日

牡蠣

f0140209_20212291.jpg

とりわけこの寒い時季、食材としての『牡蠣』は最優等生であろう。

昔から「牡蠣はRの付く月に食え」といわれている。欧米では
「Rの付かない月(5月~8月)には牡蠣を食べるな」という諺まで
あり、日本でも「花見を過ぎたら牡蠣を食うな」ともいわれている。
5月=May、6月=June、7月=July、8月=August。

それは、5月から8月にかけて、産卵のために生殖器が発達して身が
細り、美味しくなくなるからだ。

期せずして『男の料理』で、プリップリの牡蠣料理を数点紹介しようと
していた矢先、本日『アンニョン!』さんから殻付き牡蠣が届きました!
もちろんカミさんの料理として調理され、素焼きでレモン汁をかけ、
美味しく頂ました!アンニョン様、ご馳走様でした!!!m(_ _)m

さて、それでは本家本元の『男の料理・牡蠣シリーズ』を明日以降、
順を追って紹介していくこととしましょう。

by don-viajero | 2013-02-18 20:24 | 男の料理 | Comments(2)
2013年 02月 17日

権謀術数

f0140209_20133875.jpg数日前に読み終えた伊坂幸太郎の『魔王』だ。
(第一刷発行2005年10月20日)















この本の中に『権謀術数(けんぼうじゅっすう)』という四文字熟語は
出てこない。しかし、私の頭の中では、常にこの言葉が蠢いていた。
それは言葉と同時に過去に生きていた二人の人物、そして現在も活躍して
いるあの二人もチラチラ胸糞悪さを感じるほど登場してきたのである‥‥。

『権謀術数』とは、主に社会・集団において物事を利己的な方向へ
導こうとするための技法の総称。『権』は権力、『謀』は謀略、『術』は技法、
『数』は計算を意味するとされる。
辞書を紐解くと‥人を欺くためのはかりごと。種々の計略。「―にたける」

作中で、近い将来首相になるであろう野党党首『犬養』の言葉
「民族は、どの民族でも善と悪について、独自の言葉で語っている。
 国家は、善と悪についてあらゆる言葉を駆使して、嘘をつく。国家が
 何を語っても、それは嘘であり、国家が何を持っていようと、それは
 盗んできたものだ。ニーチェはそう言った」
・・・・・・・・・・・
「国家に騙されるな。私は、善と悪について、嘘をつかず国民に説明する。
 嘘で作った橋の向こうに未来はない。こうも言える。いままでの政治家は、
 国民の意見や迷信、流行に奉仕してきた。真理に奉仕してきたのではない。
 政治家は、未来に奉仕すべきではないか。私は、国民に迎合するつもりは
 ない。なぜなら、それでは未来は築けないからだ」
諦観と無責任の蔓延した今の世の中に、彼のような断定口調が心地よく
響き、次々とそんな言葉を発する彼に、彼の言葉に酔ってゆくマスコミ、
民衆‥‥。どうしたってあの二人、かの二人を思い浮かべてしまう。

『勝てば官軍』。次回の審判まで何をしても許される?!
-それはないだろうぜ!!!-とひとりごちる。        

by don-viajero | 2013-02-17 20:23 | | Comments(0)
2013年 02月 16日

春、見っけ!

f0140209_18202378.jpg
鎮守の森

今年は、ここ最近の冬と比べ、よく雪が降る。
積雪量が多いばかりでなく、融けたと思えばまた降り積もる‥‥。
そんな繰り返しだ。でも暦が進めば必ず、そこここに春がやってくる。
鎮守の森の近くで春を見つけた!
f0140209_18233352.jpg
f0140209_1823734.jpg


by don-viajero | 2013-02-16 18:25 | Photo | Comments(2)