陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 31日

『猫』

f0140209_2016156.jpg
生れてようやく目が見えるようになった
ばかりの捨て猫を見つけた。

「僕(オス)を育てて下さい!ニャ~」
円(つぶ)らな眼(まなこ)に可愛らしい
猫なで声で訴えているようだった。

ところが、これが大間違いだった。
そもそも猫可愛がりし過ぎたのかもしれないが、
あいつはただただ猫被りをしていただけだった。
その食欲の凄さといったら、
「猫にマタタビ、お女郎に小判」だ。
すっかりデブ猫に成り果て、食事のとき以外は
鼠とらぬ猫で寝てばかりいる。
三年飼っても三日で恩を忘れていやがる。

たまの休日、猫の額ほどの庭弄りで、猫の手も
借りたいというのに、今日もあいつはデカイ腹を
出して高鼾!俺は横目でため息をつきながら、
ひたすらネコ(一輪車)をおし続ける‥‥。

(Illust AC(無料会員)からダウンロード)

by don-viajero | 2013-07-31 20:19 | 超短編小説 | Comments(0)
2013年 07月 29日

『ツバとミツ』

f0140209_17531273.jpg僕は最近まで、ある国の諜報局に勤めていた者だ。

しかし、その機関のあまりにも露骨なやり方に嫌気をさし、
母国の膨大な諜報資料を手土産に今、他国に亡命を
計ったものの、某国際空港のトランジットルームで足止めを
食らっている。

そこで担当者から手渡されたのが、某国の有名な小説だ。
「この本でも読んでいなさい!」
僕の国の言葉に翻訳されたその本は、ただただ長いだけで
内容もチンプンカンプンだったし、そもそも一つ一つの文字の
意味さえも理解不能。数ページで閉じてしまった。

数日後、放り投げていたその本を拾い上げ、手にとってよ~く
見てみた。
-そうか!これはすべての文字が逆に印刷されて
  しまっただけの本だったんだ!!!-
『ツバとミツ』⇒『ツミとバツ』⇒『罪と罰』

-人生とはそんなものかもしれないな!-

by don-viajero | 2013-07-29 20:08 | 超短編小説 | Comments(0)
2013年 07月 27日

クスクス

ハリラのお次は、もちろんクスクスですよ!当然田舎の
スーパーになんか「クスクス」なんて売っていない。しかし、
今はAmazonで注文すれば、送料なし400円以下で2日も
かからずに送られてくるから、なんとも便利な世の中に
なったものだ!
f0140209_15521272.jpg

f0140209_15523989.jpg

クスクスを使って「アサリとグリンピースのスープ」を作ってみた。

材料(2~3人分):アサリ・100g、玉ねぎ(みじん切り)・大さじ2、
クスクス・50g、白ワイン・30cc、オリーブオイル・小さじ2、
塩コショウ・適
☆グリーンピ-ス水煮缶詰・100g(豆だけ)☆コンソメ顆粒・小さじ2
☆水・360cc

作り方
①熱したフライパンにオリーブオイルと玉ねぎを入れて炒める
②玉ねぎに軽く火が通ったらアサリを入れ中火で30秒ほど炒め、
  強火にし、白ワインを加え、蓋をする
③アサリの口が開いたらアサリだけを別の器に移し、☆の材料を
  加えアクをすくい、豆が柔らかくなるまで加熱する
④火を止めてクスクスを加え混ぜ、蓋をして4~5分ほど置く
⑤再び火を点け静かにかき混ぜながら加熱⇒スープが沸騰したら
  アサリを戻し塩コショウ⇒アサリを加えひと混ぜする
⑥パセリのみじん切りとオリ-ブオイルをパラパラとかけて出来上がり!

by don-viajero | 2013-07-27 20:06 | 男の料理 | Comments(0)
2013年 07月 23日

小宇宙

一昨日までの三日間、続けて20℃を下回る朝を迎えた。
7月20日は、我が家の外にぶら下がっている寒暖計が16℃を
指していた。当然、日の出前には夜露が降りる。

そんな朝、そこかしこにある蜘蛛の巣は、まるでそれが小宇宙で
あるかのような世界を創り出している‥‥。
f0140209_17385059.jpg

f0140209_17392045.jpg


by don-viajero | 2013-07-23 20:09 | Photo | Comments(0)
2013年 07月 21日

曙光

f0140209_16504485.jpg
20℃を下回った朝

基本的に私は『神』の存在を信じない。それでも、たまには図々しく
『神・仏』に拝むこともある。

7月に入ってから早朝ランに切り替えた。だいたい5時前後には
準備体操を終え、走り出す。走りながら目の当たりにする、東の空を
照らす曙光(しょこう)は、自然の、地球のそして宇宙の荘厳さが
『神』の仕業に思えてくるから不思議だ。しかも今朝は、幾重にも
降り注ぐ見事な天使の梯子が現れていた。耳の奥から『新世界』が
流れてくる。(残念ながらランニングのときカメラは持参しない)



キリスト教・イスラム教・仏教の世界三大宗教のなかで、とりわけ
イスラムの世界では、仏教を宗教とみなしていない。それは人間・
仏陀が開いた教えであり、イスラムに預言者・マホメットがいて
『神・アラー』が存在し、キリストがいて『神・ゴッド』という
図式ではないからである。

それぞれの宗教はその捉え方の違いによって、様々な宗派に分かれて
現在に至っている。それが世界の争いごとになっていることは周知の
ことである。

人間には『智恵』があるから、イデオロギーの違いは克服してきたが、
そこに『神』が存在すれば難しいらしい‥‥。
早朝のひんやりとした空気の中を、そんなことを考えながら、一時間半
あまり爽快な汗を流してランニングが終わる。

「かつてわれわれは、先祖が神であることを示すことによって、
 人間的栄光の感情に至ろうと試みた。今ではこれが通行禁止の
 道となった。なぜならその入口には、猿が立っているからである」
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ著『曙光』     

by don-viajero | 2013-07-21 20:02 | Run | Comments(0)
2013年 07月 20日

男のお洒落

f0140209_135858.jpg

生前、父が姪の娘(父の姉の孫)の内輪だけの婚礼の際
着た紗の着物を、やはり内輪だけの私の甥(義姉の息子)の
披露(今日)で、今回初めて袖を通す予定だった‥‥。

あのとき、父が持ち合わせていなかった絽の羽織も
購入して、私としては準備万端だったのだが‥‥。

火曜の夜、突然の電話があった。
当の本人(甥)に体中の発疹が出て、風疹と診断され、
披露は中止になってしまった‥‥。

この着物での男の夏限定お洒落は、当分お預けかな?

by don-viajero | 2013-07-20 13:07 | エッセー | Comments(0)
2013年 07月 16日

向日葵と蜜蜂

夏といえば向日葵ですね!
f0140209_18225391.jpg

f0140209_18231463.jpg

f0140209_18233280.jpg

蓮華田で飛び交っていたマーヤ君!?
こんなところにいたんだね!

by don-viajero | 2013-07-16 20:19 | Photo | Comments(2)
2013年 07月 14日

我が家の紫陽花 Ⅱ

f0140209_8493336.jpg

f0140209_8494926.jpg


by don-viajero | 2013-07-14 08:49 | Photo | Comments(0)
2013年 07月 12日

我が家の紫陽花 Ⅰ

「私、友達から“紫陽花みたいな女性(ひと)”って
 言われているのよ!」
昔々、本人から聞いた言葉ではあるが‥‥。
紫陽花の花言葉‥「移り気」「ひたむきな愛情」
はたして、ご当人様はどちらと受け取っていたのだろうか‥‥?
f0140209_1837242.jpg

f0140209_18372159.jpg


by don-viajero | 2013-07-12 20:33 | Photo | Comments(0)
2013年 07月 10日

間断灌水

f0140209_18295240.jpg

「ずくの会」の仲間に入れてもらってから、もう彼此十年
近くになるだろうか‥‥。

初めのころは“がわた(かたわら)”の人間として、年3回の
草取りにも出なかったし、水掛作業も田んぼの近くの仲間に
任せっぱなしだった。
次第に仲間の数が増え、大きな田んぼも借りて、蓮華米を
作るようになってから「蓮華部長」として、否応なしに少しずつ
中心部へと近づいていった。ところが今年初頭から、ど真ん中で
動いていたS氏が体調を崩してしまい、私とI氏で頑張って
やっていくことになったのだ。

「出穂」「中干し」「間断灌水」という言葉も覚えた。
師匠(もち米田のオーナーY氏)ばかりでなくS氏に相談したり、
ネットで調べたりと結構『米』に関わっている。

先週の『梅雨明け宣言』された土曜日、「もち米田」の最後の
草取りやすべての田の追肥を済ませ、あとはみんなが集まっての
作業(水掛当番以外)は9月の稲刈りまでお休みだ。

『梅雨明け』とともに、ここ安曇野にもジリジリと容赦なく照り
付ける暑い日差しの夏がやってきた。

そこで「もち米田」、新たに借りて今年から収穫前に蓮華を蒔く
「5畝田」の水掛当番に連絡をし、そして私が担当の「蓮華田」で、
昨年までやっていなかった「間断灌水」を実行してみることにした!

by don-viajero | 2013-07-10 20:24 | ずくの会(米作り) | Comments(2)