陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 31日

水の流れ Ⅱ

番所大滝三景
f0140209_19252575.jpg

f0140209_19262927.jpg

f0140209_19264623.jpg


by don-viajero | 2013-10-31 19:28 | Photo | Comments(4)
2013年 10月 30日

水の流れ Ⅰ

乗鞍の秋はすでに終わっていた‥‥。
f0140209_208307.jpg


by don-viajero | 2013-10-30 20:12 | Photo | Comments(2)
2013年 10月 28日

クリタケ

f0140209_197353.jpg

二日間見ないうちにカサの開いたクリタケ

f0140209_1983711.jpg

朝採りを昼食で大きいものは牛丼に、小振りのものは味噌汁に!

by don-viajero | 2013-10-28 19:33 | 男の料理 | Comments(2)
2013年 10月 26日

『みの虫国の滅亡』

あれから‥‥。f0140209_16184582.jpg

「我こそが、みの虫国民の代弁者だ!」とばかりに大声を
張り上げ、嘯(うそぶ)き続けてきた《電波芸者虫》こと、
モンタ虫は同国の大統領まで登りつめていた‥‥。
                            
某テレビ局でオン-エアー中、
「まったく、なんてケチクサイこそ泥なんだ!
 酔って寝こんでしまった人のバッグを盗んで、
 あげくにサイフに入っていたクレジットカードで、
 現金を引き出そうとしたそうじゃありませんか!
 しかも、警察の証拠を示した取調べに対しても、
 犯行を否認し続けている。
 これ、30男のすることですかねぇ~?
 親の顔を見たいもんですよねぇ~!
 み・な・さ~~ん!!!」

モンタ虫のいつもの口上に、スタジオを陣取った熱狂的
ファンのおばちゃん虫たちも、口をあんぐりと開け、
「そ‥そ‥その親って‥‥!?」 
              
それから一月も経たないうちに、モンタ虫はすべての役職を
解かれ、年収億と云う稼ぎも無くなり、ついにはみの虫国も
敵対する某国に滅ぼされたんだとさ!

「驕れる者 久しからず」

            【完】

Illust ACからダウンロード後ペイントで色づけ 

by don-viajero | 2013-10-26 20:18 | 超短編小説 | Comments(0)
2013年 10月 24日

'13 秋味 Ⅱ

森から秋の味が届いた。

今年も朽ちた山桜の根元周辺から、昨年より10日ほど早く
ポッコリと顔を出してくれたクリタケ
f0140209_17425875.jpg

f0140209_17433871.jpg

f0140209_1744285.jpg

うどんに入れてみた。茎のシャキシャキ感がたまらなく旨い!

by don-viajero | 2013-10-24 20:34 | 男の料理 | Comments(2)
2013年 10月 22日

'13 秋味 Ⅰ

秋の味といえば、なんといっても松茸だろう。
でも、こればかりは自分で採ったことはないが、今年は
大豊作とあって、我が家に二度も届いた。

自分で獲れるもののなかで一番はハチの子だ。しかもキイロ
スズメバチの幼虫。今年もちゃ~んと裏の小屋の素通し床下に
作ってくれた。ところが、9月下旬まで盛んに行き交っていた姿が、
突然見られなくなった。そして、辺りを飛び交うオオスズメバチ
ヤツラに襲われて、乾いた土の上には無数の親蜂の死骸が転がり、
巣は蛻(もぬけ)の殻になってしまったのだ!

正に弱肉強食の世界!!!
f0140209_1921193.jpg
        左がキイロスズメバチ、右がオオスズメバチ

by don-viajero | 2013-10-22 20:11 | エッセー | Comments(0)
2013年 10月 20日

犬派or猫派

f0140209_16161877.jpg
猫の人形がないので「だんじり虎」さんで‥‥(笑)

就学前、ご近所さんちから貰ってきた子猫を飼って以来、
猫とは縁がない。特段嫌いではないが、どうも好きになれない。
結婚する前まで実家での飼い犬は2匹。

結婚後はグレー交じりの柴犬「ドッグ」。家出をされて、行方不明に
なってしまった。その後やってきたのが真っ黒「マック」。

小犬のころは耳が垂れてコロコロしていて、ちょうど首の下だけに
三日月の白が混じっていた。そんなとき訪れた友人に
「Mさん、小熊飼ってるの???」な~んて言われたものだ。
11年間、家族に愛され、家族と共に過ごし、最後はガンを患って
しまったが、死に際を看取ってやれた。ミックスであったが、
とても賢い犬だった。

『犬から聞いた素敵な話』山口花・著
第一章は飼い主から愛犬へ、第二章は愛犬から飼い主への全部で
14編からなる物語だ。

犬を飼ったことのある者には、一つや二つ琴線に触れるような
物語に出くわすはずである。

by don-viajero | 2013-10-20 19:32 | | Comments(0)
2013年 10月 19日

静寂

賑やかだった祭りも終わり、静寂さを取り戻した
鎮守の森に、朝霧が覆い被さってゆく‥‥。
f0140209_1741621.jpg


by don-viajero | 2013-10-19 20:38 | Photo | Comments(0)
2013年 10月 17日

本祭り

明けて9時集合。綿飴屋とおもちゃ屋は9時半開店。

どっ快晴のなか、遠く白馬三山が薄っすらと白いものを纏った。

木々に囲まれた境内はいくらか暖かいものの、吐く息は白い。

f0140209_19385665.jpg

f0140209_19392137.jpg

f0140209_19394070.jpg


by don-viajero | 2013-10-17 20:35 | エッセー | Comments(0)
2013年 10月 16日

宵祭り Ⅱ

朝8時から各班に分かれて祭りの準備。私たちの常会に
割り与えられた仕事は、おもちゃ屋さん+綿飴屋さんと
提灯掛け。綿飴機の組み立て、玩具を提供してくれる
業者さんとの打ち合わせetc‥‥。
f0140209_19371290.jpg
夜7時、地区のお囃子の子供たちを乗せた山車が公民館を出発。

我々の店開きは午後6時半から9時半までの3時間。
f0140209_1938051.jpg

同じ班になった、中学・高校と同窓のT氏の綿飴作りが実に上手い!
綿飴屋は大盛況!正直、これほどお客が来るとは思わなかった。
材料のザラメが少なくなり、品切れ御礼で打ち止め!
f0140209_19385586.jpg
私が作った下手糞綿飴だ!(笑)定価30円を20円にオマケ!

終了は10時を過ぎ、翌日のために機械を洗い、家路についたのは
11時少し前。普段だったら、すでに夢の世界を彷徨っている時間だ!

by don-viajero | 2013-10-16 19:43 | エッセー | Comments(2)