陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 28日

Charter a Boat Ⅲ

f0140209_16451847.jpg
インレー湖上の巨大な水上寺院・ファウンドーウー・パヤー
f0140209_16513956.jpg
ファウンドーウー祭りの際に湖上を巡航する聖鳥カラウェイの船
f0140209_16532261.jpg
f0140209_16524971.jpg
寺院で遊んでいた姉弟
f0140209_1654281.jpg
f0140209_16541576.jpg

f0140209_16544975.jpg

f0140209_1655631.jpg

f0140209_16552542.jpg
たゆたふ湖上の時間のなかでの漁
f0140209_7245674.jpg
スピードボートの凄まじい水飛沫に群がるカモメたち

by don-viajero | 2014-02-28 19:42 | Myanmar | Comments(4)
2014年 02月 27日

Charter a Boat Ⅱ

f0140209_1842409.jpg

f0140209_18425926.jpg
カヌーで通学
f0140209_1844120.jpg
イワマの僧院
f0140209_18443916.jpg
坊さん先生もiPhone

インレー湖周辺の五日市。
インレー湖のあるシャン州各地の街では、5日ごとに市が
立つ五日市が各地で開かれている。英語でFive Days Market。
これら五日市には、周辺に住む少数民族の人々が売り買いに
やってくる。この市は各地で同時に開催されるのではなく、
場所ごとに五日おきに開催日をずらして行われる。
この日はインレー湖上のイワマ村が含まれていた。
f0140209_18475438.jpg

f0140209_18482177.jpg

f0140209_18484111.jpg

f0140209_18493588.jpg
f0140209_18491422.jpg
f0140209_18490100.jpg
仏教絡みの土産物

by don-viajero | 2014-02-27 20:11 | Myanmar | Comments(0)
2014年 02月 26日

Charter a Boat Ⅰ

翌日のインレー湖1日観光をホテルのフロントで予約。
ガイドなしでエンジンボート$16。シェア客があれば
人数割りだったのだが、生憎朝7時半までにはシェア客が
一人も現れず、独りでの大名貸し切りとなった‥‥。
f0140209_17571846.jpg
朝の船着場
f0140209_17581871.jpg
 次々と湖に向かいご出勤
f0140209_1759890.jpg
ガイド付きスピードボート
f0140209_180556.jpg
バックに見えるのは湖上の高級ホテル

by don-viajero | 2014-02-26 19:53 | Myanmar | Comments(0)
2014年 02月 24日

Inle Lake 渡し舟

温泉を出て10分ほどチャリンコを走らせると、
カウンダイン村に着く。
目敏く私の姿を見つけた渡し舟(チャリ込み)の
船頭たち数人に取り囲まれる。

どこでも乗り物は「歩き方」表示の2割から5割高い。
相手の言い値は10000k。私は5000k(歩き方)から。
結局、若いお兄ちゃんと7000kで手打ち!
f0140209_18422385.jpg
船頭のお兄ちゃん
f0140209_18425346.jpg
岸辺の高床式住居
f0140209_18444617.jpg

f0140209_18453097.jpg

f0140209_1846510.jpg
快晴無風の下、気持ち良く滑るように湖を横断した
舟は、30分ほどで対岸のマイントゥク村の長い
桟橋に接岸。

by don-viajero | 2014-02-24 19:43 | Myanmar | Comments(0)
2014年 02月 22日

Khaung Daing Natural Hot Springs

田園風景が続く無舗装の田舎道を、のんびりとチャリンコを
10kmほど走らせるとニャウンウンの村に出る。更にこの村
からほとんど人影の見ることのない、簡易舗装の道を1時間
ほどかけた場所に、カウンダイン天然温泉の施設が現れる。
道すがら唯一確認のため温泉のことを尋ねたのが彼女たちだ。
f0140209_9512231.jpg

外国人専用($10)とパブリック($5)ともにシャンプー、石鹸、
バスタオル付き。ロンジーを着て入る。(レンタル300k)
パブリックのほうはいっぱいだったので、外国人専用に
貸し切り状態で優雅な入浴となった。(ロンジー持参)
f0140209_9515819.jpg

f0140209_9522558.jpg

f0140209_9525064.jpg

温泉施設の従業員の娘さんたち。

by don-viajero | 2014-02-22 20:11 | Myanmar | Comments(2)
2014年 02月 21日

Nyaung Shwe

インレー湖観光の拠点となるのは、湖の北端にある小さな街・
ニャウンシュエだ。

マンダレーを夜7:30出発した3列シートのデラックスバス
(14000k)は4時半、まだ暗いこの街に到着。街ゲートを潜って
すぐに係りの者が乗り込み、観光客は入域料$10徴収される。
f0140209_20305416.jpg

ホテルの事務所で仮眠をとり、10時頃まで部屋が空かないと
いうので、1500kの豪華な朝食を頂き、宿の1500k/1dayの
レンタルバイスクルに跨り、20km先にある温泉へと向かった‥‥。
f0140209_20314125.jpg


by don-viajero | 2014-02-21 20:31 | Myanmar | Comments(0)
2014年 02月 19日

Inle Lake

南北約22km、東西約12kmの細長い湖、シャン高原最大の湖・
インレー湖周辺には、足で櫂を操る独特の文化を持つインター族が
連綿と生活を営んでいる。
f0140209_20121233.jpg

f0140209_20124484.jpg


by don-viajero | 2014-02-19 20:13 | Myanmar | Comments(2)
2014年 02月 18日

Amarapura

マンダレーの南約11kmにパーリ語で「不死の町」という
意味を持つアマラプラの町がある。東に広がるタウンタマン湖を
渡るために160年近く前に、全長1.2kmの「ウー・ベイン橋」が
造られ、チーク材で修復を重ね現在も立派に人々の役に立っている。
(マンダレーからピックアップトラックで50分:500k)
f0140209_19404414.jpg

f0140209_1941927.jpg

f0140209_19414169.jpg

f0140209_1942529.jpg

f0140209_19422331.jpg

f0140209_1943198.jpg


by don-viajero | 2014-02-18 19:44 | Myanmar | Comments(2)
2014年 02月 17日

Mandalay 点描

ヤンゴンに次ぐミャンマー第2の都市、マンダレー。
ベトナムのように、バイクが広い道路を我が者顔で行き交う。
f0140209_20414915.jpg

f0140209_2042203.jpg

f0140209_20424447.jpg

f0140209_2043537.jpg

f0140209_20432877.jpg

f0140209_20434861.jpg

f0140209_20441126.jpg


by don-viajero | 2014-02-17 20:44 | Myanmar | Comments(0)
2014年 02月 15日

市場

どこの国を訪ねても、その国の、その地域の生活の匂いが
プンプン漂っている市場を覗くのが大好きだ。旨そうな果物が
あれば味見をさせてくれるし、気に入れば購入。特にこれらの
一角にある飯屋は、舌の肥えた連中が利用するだけあって、
特筆すべき旨さがある。中南米はメルカド、中東のスークや
バザール、店番の人々との他愛ない会話を含め、とにかく
マーケットはブラつくだけで楽しい。
f0140209_18321396.jpg

f0140209_183256100.jpg

f0140209_18335288.jpg


by don-viajero | 2014-02-15 20:03 | Myanmar | Comments(0)