陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 30日

たゆたふ時間のなかで‥

土砂降りの雨、日曜、フルトレも休み、カミさんは28日から
実家に帰っていて留守。独りだけの休日。

午前中、少しばかりの買い物を済ませ、雨のかからない車庫の
なかでスタッドレスからノーマルへのタイヤ交換。(3台分)

昼飯は、昨夜解凍して調理酒に浸した牛肉で、簡単な牛丼だ!
その後、夕食用の牛すじカレーの下準備に取り掛かる。
おかず用のサラダは、洗ったジャガイモを皮のまま5分ほど
電子レンジでチン。充分蒸れたジャガイモの皮を剥ぎ、ボールに
入れたバターとかき混ぜ、塩茹でした刻んだニンジンと早茹で
ペンネを加え、冷めてから細かくスライスしたキュウリと塩少々と
マヨネーズを混ぜて完成。

昼食後、一休みして2時から昨夜の温泉湯の沸かし返しで、
釜に薪を焼べる。天空から絶え間なく落ちてくる雨粒に逆らい
ながら、煙が煙突から吐き出されてゆく。3時には風呂に入る。

ハイボール片手に読みかけの本のページを開く。読むことに
飽きれば、旅の写真整理。

ちょっと寒い部屋のなかでは、火力を最大限小さくして焚かれて
いる石油ストーブの上で、トコトコ煮立ってゆく牛すじカレーの
香ばしい匂いが、部屋のなかに充満してくる。
f0140209_18115497.jpg


by don-viajero | 2014-03-30 18:12 | エッセー | Comments(0)
2014年 03月 29日

ミャン飯Ⅲ

長い旅だ。たまにはこんなポピュラーなものも食べる。
そのほとんどが2000k前後だ。
f0140209_19373159.jpg
フライドライス=チャーハン
f0140209_19382322.jpg
フライドヌードル=ヤキソバ
f0140209_19391820.jpg
ヌードルスープ=ラーメン

メニューに‘Wheat’(小麦)の表示がない限り、麺は米麺だ。
それぞれに付く‘チキン’ ‘ポーク’ ‘ビーフ’から選べばよい。

by don-viajero | 2014-03-29 19:40 | Myanmar | Comments(0)
2014年 03月 27日

ミャン飯Ⅱ

モヒンガーとともにミャンマーを代表する旨いもの料理が
‘モンティー’だ。濃厚なスープに米から作った麺。しっかり
混ぜて麺とスープを絡めて食べる。
生憎、この店にはビールがなかったので、隣の雑貨屋で
缶ビールを購入!
f0140209_1956413.jpg
モンティー・600k、DAGON缶ビール・800k(マンダレーにて)

by don-viajero | 2014-03-27 19:59 | Myanmar | Comments(0)
2014年 03月 26日

ミャン飯Ⅰ

普通ミャンマーでは、街のレストランで○○カレーを注文すると、
付け合わせの生野菜、スープや様々な副菜が出される。これらは
すべて料金に含まれていて、しかもご飯ばかりか出されたもの、
オールお代わり自由なのだ!私のような少食な者には、勿体無い
ことではあるが、大食漢にはなんともうれしいシステムだ!
f0140209_2073950.jpg
(インレー湖・ニャウンシュエのレストラン/フィッシュカレー・2000k)

ヤンゴンのダウンタウンにあるこのお店(店名・203)。狭い入口に
並ぶ数種類のカレーメニューから選んで指差し注文すれば、カレーと
ご飯、お茶が出てくる。テーブルにはサービス品で刻んだ太目の
キュウリが置いてあり、私にはちょうどよい分量だ!
f0140209_2081184.jpg

f0140209_2083199.jpg
(ポークカレー・1700k)
           

by don-viajero | 2014-03-26 20:14 | Myanmar | Comments(2)
2014年 03月 24日

はにかむ

幼いからこそ、できる仕草。
幼くないからこそ、できなくなってしまった仕草。
そんな、忘れてしまった可愛い仕草をみた‥‥。
f0140209_201159.jpg

望遠レンズを向けた途端、気付いてはにかんでしまった少女
(アマラプラの小学校にて)

by don-viajero | 2014-03-24 20:12 | Photo | Comments(0)
2014年 03月 22日

VISA

初めてVISA(査証)を取得したのは、40年近くも昔になる‥‥。

アフガニスタン国境の町、イラン・メシェッド(いまはムシュハド
表記)のアフガニスタン領事館でだった。次は、その旅のなかで
インド・ニューデリーのネパール大使館。

それからは日本国内の大使館でウズベキスタン、イエメンと続き、
カンボジアはラオス・ビエンチャンから空路で入国し、プノンペンの
空港でArrival VISAを取得。キューバはパスポートに記載されない
別紙のTourist VISAを日本の大使館で取得した。

今回のミャンマーでもVISAが必要だったのだが、いままでで一番
面倒なものだった‥‥。しかも、大使館への質問は不可とあるから
厄介だ。

私のように職業が自営の場合『営業証明書』が必要になる。ところが、
田舎の町と村が合併して、ただ人口が増えただけの成り上がり市では、
そんなものは発行してもらえない。隣りの昔からの大きなM市では
発行しているというのにだ!

半ばミャンマー行きを諦めかけていたとき、ネットでVISA代行業者の
ページを覗いてみた。そこには『営業証明書』or『受付印のある確定
申告書コピー』とあった。早速M税務署に出向き、コピーを申請した
のだが、ここでも数人の受付とすったもんだの挙句、幸いにも発行して
もらい、大使館へVISA代金(3,000円)を振り込む。そして、その他の
書類を集め、パスポ-トとともにミャンマー大使館へと送った。

12月初旬、郵送で返却されてきたパスポートを見て驚いた。そこには、
VISAシールを貼られているものではなく、ただのスタンプで押された
ものだったのだ‥‥。
f0140209_19472956.jpg
パスポートに捺されたミャンマービザのスタンプ
f0140209_19482978.jpg
パスポートに貼られてきたイエメンビザ

by don-viajero | 2014-03-22 19:52 | Myanmar | Comments(0)
2014年 03月 21日

ゾンビ

ポカラのフェワ湖畔から、徐々に朝陽に照らされ、赤く染まってゆく
ヒマラヤの峰々を、固唾を呑んで眺めていた。両脇にアンナプルナ
山塊を従え、真ん中でドデ~ンとその魚の尾のような雄姿を誇る
ようにして聳え立つマチャプチャレ。

背後から人の気配がした。
「おい!Mじゃないか?!」
振り向くと、そこには小学校の同級生Tがいた。
「おや?Tじゃないか!お前、どうしてここにいるだよ!」
「俺か?俺は旅行会社の添乗員でここに来ているんだ!朝は自由
 時間だから、二人であの島までボートで行かないか?」
「お客さん、ほったらかしたままでいいのか?」
「大丈夫だよ!お客たって5人きりだし、一応ホテルのロビーに9時
 集合だ!ほんの一時間ぐらいだけだから‥。あそこには面白い祠が
 あるんだぜ‥」
「よし!行ってみよう!」

私は彼の言いなりに祠の中を覗いみた。なんとそこには小人の兵隊、
小人の民衆、小人の王様‥。突然Tが私の背中を押した‥‥。
「ワァ~」祠の世界に飛び込んだ私も、小人になって王様の横にいた。
王様が、「この先に貴方の見たいものが、きっとあるはずです!」と
言って指差した。

どことなく見覚えのある砂利だらけの田舎道を、トボトボ歩いていった。
目の前に飛び込んできたのは、昔のカミさんの家。ガラガラと建て
付けの悪い玄関戸を開け、「こんにちは!」カミさんの姉さんが草臥れた
顔で出迎えてくれた。「よく来てくれたわね!」通された部屋には三台の
ベッドが並んでいる。一斉に三人が起き上がり、「よ~く来たねぇ~」
頬の肉が半分ほど削げ落ちた亡き義祖母、亡き義父、亡き義母だった。
「ギャ~!!!」‥‥そこで目が覚めものの、体中汗でビッショリだ。

この夢を見る数日前、隣り村の道端で、いくつもの看板を目にした。
《墓地公園建設断固反対!》運転中の息子に、
「どうせ、人家のすぐそばに造るんじゃないんだから、なにも反対する
 ことはなかろう!」
「違うんだよ!どうも土葬の墓地だって話だよ!」
「?????いまどき、そんなことってあるの???」
f0140209_1758119.jpg
バガンにて
                     

by don-viajero | 2014-03-21 19:33 | | Comments(2)
2014年 03月 19日

暑さ寒さも‥

春、彼岸入りの前日にあたる17日(月)。
日曜に飛び入り仕事が入ってしまったので、この日、久しぶりの
ランニングを敢行!いささか春霞かかった暖かな陽気に誘われる
ように、心だけは軽やかだ‥‥。

ミャンマーから帰ってきてからのランニングは、2月初旬の一回だけ!
その後二回の大雪で、何回もやらされた雪かきと、孫たちと行った
二回のスキー以外、体を動かして汗をかくことはなかった‥‥。

車道には日陰に僅かばかりの固くなった雪が残ってはいるものの、
陽当たりのいい場所は、すっかり乾いている。鈍(なま)ってしまった
体にムチ打つように走る‥走る‥。いつものスピードを押さえるように、
スローペースで黙々と走り続ける‥‥。

陽光の下、清々しい汗が心ばかりか体まで軽やかにしてくれた。
f0140209_1815125.jpg
ヒマワリの餌場に足繁く通うヤマガラたち

by don-viajero | 2014-03-19 19:40 | Run | Comments(0)
2014年 03月 18日

賑やかな訪問者Ⅱ

今年は“アカゲラ”もよく訪れてくれた。
f0140209_17265336.jpg

f0140209_17271588.jpg
枯れかけた山桜の枝で虫を啄ばむ
f0140209_17273462.jpg

f0140209_172752100.jpg
部屋の中から汚い二重ガラス越し‥‥

飛び去ったあと、慌ててガラスマイペットで綺麗にしたのだが、
その後このヤシャブキの枝には現れてくれなかった。

by don-viajero | 2014-03-18 18:24 | エッセー | Comments(0)
2014年 03月 16日

賑やかな訪問者Ⅰ

「ドッドッドッドッド!コンコンコンコン!」

深い雪に覆われ、静寂に包まれた森のなかから聴こえてくる
ドラミング。その音が、我が家の横にある枯れかけた山桜の
枝や、ヤシャブキの枝からも聴こえてくるようになったのは、
2月中旬ころから‥‥。

しかも初めて訪れてきてくれた“アオゲラ”。その後姿を現した
“アカゲラ”も‥‥。“アオゲラ”独特の「ピョーピョー」という
鳴き声と“アカゲラ”も“アオゲラ”も発する「キョッキョッ」。
そして響き渡る彼らのドラミング音‥‥。
f0140209_185533100.jpg

f0140209_18555544.jpg
鶯色の羽の“アオゲラ”
ひょっとしたら、数年前に森にかけた彼らのネグラ用の
巣箱を気に入ってくれたのかもしれない‥‥。

by don-viajero | 2014-03-16 19:52 | エッセー | Comments(0)