陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 29日

ローストチキン

f0140209_1804269.jpg

フライパンで作る鶏胸肉の柔らかローストチキン。
『安・旨・短』の代表料理かも(笑)。

材料:鶏胸肉・300g前後、ミディトマト・5個、にんにくチューブ・適、
    塩コショウ・適、オリーブオイル・適

作り方
① 肉の柔らかい片面に数箇所フォークを刺し、両面に塩コショウを
  まんべんなく振り、多めのオリーブオイルで皮面がカリっと
  なるまで焼く
② カリっとなったらひっくり返し焼き色がつくまで焼く
③ 途中で半分にカットしたトマトを入れ、潰しながら焼く
④ にんにくチューブを適量加え、香りがなくならないうちに火を消し、
  オリーブオイルとトマトはソースとして盛り付ける

by don-viajero | 2015-01-29 18:37 | 男の料理 | Comments(0)
2015年 01月 27日

スペアリブのコトコト煮

f0140209_19443873.jpg

セロリ大好き人間なのだが、如何せん葉っぱはすべて食べずに、
そのほとんどは捨てている。その葉を利用して、ストーブで
コトコト煮込むスペアリブだ。

材料:豚スペアリブ・3~4本(250g前後)、セロリの葉・少々、
    ローレル・1枚、塩コショウ・適
調味料A:マンゴーチャツネ・1袋(40g)、白ワイン・100cc、
      醤油・大さじ2、

作り方
①スペアリブに塩コショウを各少々、まんべんなく振りかけておく
②沸騰した鍋にスペアリブとセロリの葉、ローレルを入れ、中火にし、
  アクを取りながら20分ほど茹でてザルにあげる
③鍋を洗い、Aとスペアリブを入れ、ストーブでときどき位置を
  かえながら汁気がなくなるまで、コトコト煮込む

残ったセロリの葉は飾り用に、あとの芯はサラダでシャキシャキ‥‥。

by don-viajero | 2015-01-27 19:47 | 男の料理 | Comments(0)
2015年 01月 25日

-15℃の朝

f0140209_18104541.jpg

前日のヤフー天気予報では、最低気温-5℃。
凍結防止のプラグは差し込まないでいた‥‥。

夜中2時頃起きたとき、かなり冷え込んでいるようだったので、
厨房の水道を開けたら、水もお湯も出てこない。慌ててすべての
凍結防止のプラグを差し込み、ぬくい布団に潜り込む‥‥。

6時、我が家の外の寒暖計は-15℃を指していた。
そして、仕事に行く途中、この幻想的な景色に出くわした‥‥。

by don-viajero | 2015-01-25 18:11 | Photo | Comments(6)
2015年 01月 24日

豚角煮

23日、東京江戸川での義理をPM3時頃済ませ、帰宅したのは
すでに夜7時を過ぎていた。
もちろん、この日から4泊5日の旅行に出かけたカミさんの
姿はない。先週、作り置いて冷凍してあった豚の角煮をチンして、
あとはサラダで夕食。
カミさんの留守の間、何点か『男の料理』の新作にチャレンジだ!
f0140209_2072132.jpg

材料:豚バラブロック・400g、殻をむいたゆで卵・1個、1cm厚の
    大根2個(4つずつに銀杏切り)、生姜・1かけ、ネギ一本の
    青い部分
調味料A:水・500cc、酒・100cc、酢・大さじ2
     B:醤油・大さじ1、砂糖・大さじ1
     C:醤油・大さじ1、砂糖・大さじ1、みりん・大さじ2

作り方
①鍋に豚バラブロック、かぶるくらいの水、生姜、青ネギを入れ
  石油ストーブで2時間ほど煮込み、茹でこぼしたあと、食べ
  やすい大きさに切る
②カットした肉、ゆで卵、大根とAを鍋に入れ、落し蓋をして
  コトコト1時間煮込む
③Bを入れて落し蓋をし、更に1時間煮込む
④Cを加えて落し蓋をして1時間ほど煮込めば完成

圧力釜を使わずとも、ストーブでコトコト煮込んだことで、トロトロ
角煮に仕上がりました!

by don-viajero | 2015-01-24 20:16 | 男の料理 | Comments(0)
2015年 01月 21日

雪だるま

昨日、前日に降った新雪で、3歳の誕生日を目の前に
していた孫娘が、おばあちゃん(私のカミさん)の助けを
借りて、一生懸命に作り上げた雪だるま。
f0140209_1821479.jpg

午後、陽射しも出てよろけてきてしまっている

孫は可愛く仕上がった雪だるま君にご満悦で、ハグを
してあげ、冷た~い唇にキスを捧げていた‥‥。

by don-viajero | 2015-01-21 18:47 | エッセー | Comments(0)
2015年 01月 19日

大寒

今日も昼前から、辺りの物音を吸い込んでしまうように、静かな
雪が降り出した‥‥。
f0140209_209531.jpg

それでも今シーズンは、多くても15cm前後の積雪だから、そうそう
驚くことはない。前日に新雪が積もり、晴れた翌日の朝は、放射冷却も
加わり、キンキンに冷えきった空気のなかに映し出される景色は、
目ばかりか心まで奪われてしまい、いつまでも見飽きることのない、
壮大なパノラマが広がっている。

アスファルト上の雪は、陽に照らされ、日陰以外のところではあっと
いう間に融けてしまうが、我が家の庭は融けた雪が凍り、いまでは
まるでスケート場化してしまい、カチンカチンだ。

明日は大寒だ。昨年2月のような大雪だけは勘弁してもらいたい‥‥。

by don-viajero | 2015-01-19 20:13 | エッセー | Comments(2)
2015年 01月 17日

ホームレス

f0140209_19501212.jpg

ホームレスの住処は一切なくなってしまった多摩川べりのラン。
かつて邸宅?があった場所には、酷く草臥れたリヤカーが立木に
もたれるようにして置かれていた‥‥。

昨年暮れ読破した荻原浩著『砂の王国』
大手証券マンの主人公・山崎遼一が、些細なきっかけでホームレスに
転落し、どん底から這い上がってゆく物語だ。

暮れから今年にかけて、書評欄で幾度となく高評価を目にしていた
島田雅彦著『暗黒寓話集』。
11月28日発売ということもあって、まだまだユーズドでそんなに
安くなっていない。とりあえず読んだことのない作者なので、一冊
購入したのが『ニッチを探して』だった。

そして、この本がまたしてもホームレスの話。
大手銀行で背任の容疑をかけられそうになった副支店長・藤原道長が、
稚拙な計画のもと失踪した挙句、徐々にホームレスの生活を会得し、
様々なニッチ(隙間)の世界を渡り歩いてゆく‥‥。

『暗黒寓話集』を手にするのを、今からワクワクしている‥‥。

by don-viajero | 2015-01-17 20:11 | | Comments(0)
2015年 01月 16日

二つの走り始め

正月2日。普段は、義姉とその娘さんの二人だけの静かな
カミさんの実家に、私を含め、川崎の次女家族、安曇野の
同じ敷地に住む長男家族が、ドワドワと集まった。夜には
義姉の息子夫婦も加わり、大人9名、3歳以下の私の孫たち
4名の大宴会が始まったのだ。庭で放し飼いの犬「ハル」は、
あっち行きこっち行き、時ならぬ家の中の賑わいに落ち着かず
ウロウロしている‥‥。

そんな前夜の宴会の疲れで、ぐっすり寝入っている連中を
起こさないよう、そぉ~っと玄関戸を引き、7時前に霜柱の
立っている庭をシャリッシャリッと小気味よい音をたて、
門扉を開け道路に出る。

軍手も毛糸の帽子も持って来なかったことを悔やむ。冷気が
両頬を刺す。是政橋を渡るときデッカイ朝陽が昇ってきた。
すでに河川敷のコースは走る者、ロードサイクリングをする者、
のんびりと散歩をする老人たちで、三々五々賑わい始めていた。

そして、一週間後の10日。安曇野での初ラン。10時に出た
ときの外気温は3℃だったが、無風なので暖かささえ感じる。

違った土地での気持ちのよいランニングを済ませ、2015年も
いよいよ始動し出した‥‥。
f0140209_1813403.jpg


by don-viajero | 2015-01-16 18:27 | Run | Comments(0)
2015年 01月 13日

里山整備

予報では夕方から雪になりそうだった‥‥。
f0140209_19372225.jpg

折れて地上に落ちた唐松の太い枝、直径5cm~10cmほどの枯れた
ニセアカシア。チェーンソーを持って行かずとも、腰にぶら下げた鋸と鉈
だけで、かなりの量の薪が手に入る‥‥。

下草も枯れ、雪に覆われた原野は、猿どもにとっても私たちにとっても、
見通しが良いので猿を代表とした獣類は来ない。もちろん、キノコ採りに
入ったときにそこかしこに転がっていた、でっかい糞の持ち主も冬眠中で
いない。

お他人さんの土地ではあるが、風呂の兼用釜用の薪を確保するのには、
頗る良い季節なのだ。

by don-viajero | 2015-01-13 19:41 | エッセー | Comments(0)
2015年 01月 11日

三色丼

昨日(松茸パスタ)と今日、カミさんは本人曰く「女子会ランチ」。
私からしてみれば「なぁんだ‥‥、ババ会ランチじゃないか!」と
本人には聞こえないほどの小声で呟く‥‥。

そして、午前中里山整備(後日アップ予定)に汗を流した、本日の
俺ランチは『三色丼』だ。
f0140209_16405018.jpg

何故三色丼かというと、ある雑誌に載っていた『ホテル朝食の
スクランブルエッグ』を一度チャレンジしてみたかったのである。

小鉢に割った生卵にマヨネーズ(大さじ・1)、コショウ少々加えて
混ぜ合わせ、オリーブオイルを垂らしたフライパンで炒めるだけで、
美味しいフワフワトロトロのスクランブルエッグができるのだ!

ちなみに第19回(2005年)サラ川1位作品を紹介しよう。
「昼食は 妻がセレブで 俺セルフ」

by don-viajero | 2015-01-11 17:11 | 男の料理 | Comments(0)