陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 30日

今日は何の日?

午前0時を過ぎて目を覚ました‥‥。つけっぱなしの某国営放送から
アドルフお坊ちゃんの下手くそ英語が流れていた‥‥。
誰かに、懇切丁寧に教えてもらったであろうテープもどき言語だ。
もちろん耳が腐ってしまいそうだったので、速攻スイッチを切った‥‥。
f0140209_19441338.jpg

朝、ベッドのなかで再びラジオのスイッチをオンにする。
聴こえてきたのは「今日は何の日?」
-1945年/アドルフ・ヒトラーが自決
 1975年/南ベトナムが無条件降伏
 1993年/WWW(ワールド・ワイド・ウェブ)初公開-

何としても歴史にその名を残したい愚かなお坊ちゃん。
なんとも奇遇な日を選んだものだ。

by don-viajero | 2015-04-30 19:58 | エッセー | Comments(0)
2015年 04月 27日

'15 満開の山桜と

春!‥‥春!!‥‥春!!!
f0140209_19335074.jpg
満開だぁ!
f0140209_19343480.jpg
コシアブラと
f0140209_19351428.jpg
新緑の若葉と
f0140209_1936755.jpg
おまけのヤマブキ

by don-viajero | 2015-04-27 19:37 | Photo | Comments(0)
2015年 04月 25日

'15 今年の山桜

我が家に6本ある山桜の大木が、一斉に満開を迎えた。
もちろん、昨日からコシアブラも開き出した。春ですねぇ!
f0140209_18234165.jpg

f0140209_18241327.jpg

f0140209_18243617.jpg


by don-viajero | 2015-04-25 18:38 | Photo | Comments(0)
2015年 04月 23日

旅心

缶コーヒーは飲まない。でも差し出されば「飲みませんから‥‥」
とは言わず素直に貰い、いまでも数本が裏の冷蔵庫で眠っている‥‥。
f0140209_1901969.jpg

ロシア語で「Рузия/Gruziya」。グルジア語で「サカルトヴェロ」。

先日、グルジア表記をジョージアに変更したことが発表された。
なんだか旅心をそがれてしまったような気がする‥‥。

訪れる国の名前や街の名前は重要な要素である。
例えば、グアテマラの「トドス・サントス・クチュマタン」
メキシコの「サン・クリストバル・デ・ラ・カサス」etc。
なんとも旅心をそそる名前じゃないですか!

by don-viajero | 2015-04-23 19:11 | ◆旅/全般◆ | Comments(0)
2015年 04月 20日

今年のコシアブラ

4月8日。それまでの暖かさがどこかへ行ってしまったような
寒い朝。前日咲き始めたばかりのの花が、白いものを
薄っすらと載せ、ブルブル震えているようだった‥‥。

正月から計画していたカミさんの実家での4月18日・焼肉会。
3月末から4月初頭にかけての暖かさで、コシアブラの芽が
膨らみ始めていた。
-ひょっとしたら焼肉会に持って行けるかも‥?-

今朝の芽だ。ほんの少しお日様が背中を押してくれれば‥‥。
f0140209_1727843.jpg


by don-viajero | 2015-04-20 18:14 | エッセー | Comments(0)
2015年 04月 15日

モヒート再び

f0140209_1838384.jpg

先日、旨味三兄弟を書いているとき、モヒートの主材料
ラムも蒸留酒だったことを思い出していた‥‥。早速購入!

おりしも、オバマ氏とカストロ氏が歴史的一歩を踏み出した
ニュースが飛び交っている。

私自身、バラク・オバマ氏が大統領に就任したときから、
こんな時代が来るだろうという予感があった。だからこそ、
依然として経済封鎖をされているキューバを訪れたかった。
もし制裁が解除されれば、いずれはあのクラッシックカーが
姿を消してしまうだろうことも容易に察することができた‥‥。

そんな経済の中でも、陽気なカリビアンたちの性格が失われる
ことなく、時代が変わってもいつまでも明るいキューバでいて
欲しいものである‥‥。

カリブ諸国までの無料往復航空券のマイレージは、すでに十分
過ぎるくらい貯まっている。再び彼の国を訪れ、歴史的瞬間を
見届けに行くのもいいかもしれない‥‥。    

by don-viajero | 2015-04-15 19:08 | エッセー | Comments(0)
2015年 04月 13日

『お寺』・Ⅱ

f0140209_18344987.jpg
≪マンダレーヒル・ビャーデイペーパヤー≫

菩提寺で父の7回忌法要を催していた‥‥。

親父の大嫌いだった先代住職の説法が始まったと同時に、外から何やら
キリストがどうのこうのといった、前住職の説法なんか蹴散らすように、
低くて重厚な声が聞こえてきた。

誰かがガラス戸を開けると、そこには毛むくじゃらで、白い衣装を纏った
私の先輩が、目を伏せて唱えていた。(麻原彰晃を痩せさせた感じ)
「私はクリスマスの前夜、つまりイブの夜、神の啓示を受けた!
 M君、もっと詳しいことを知りたければ海岸に来なさい!」

法要を済ませ、寺の近くの海に出向くと、一団の人だかりを発見した‥‥。
先輩はおらず、その息子のT君がマイクを握り
「今回の選挙、よろしくお願いします!ぜひ勝たせてください!!!」
進次郎なみの弁舌で聴衆を沸かせていた‥‥。

by don-viajero | 2015-04-13 18:58 | | Comments(0)
2015年 04月 12日

『お寺』・Ⅰ

振り返ってみれば、今年に入って和尚に逢っていない‥‥。
f0140209_188263.jpg
≪バガン・ティーローミンロー寺院(奥)≫

そんな理由があるからなのかどうか解らないが、4月8日と9日の
二晩続けて『お寺』絡みの夢を見た‥‥。しかも、4月8日は俗に言う
『花祭り』。正式には『潅仏会(かんぶつえ)』。お釈迦様の生誕日だ。

昔、和尚は酔えば必ずこんなバカ話をしていた。
「みんな、信じないだろうがオレは一歳の誕生日に、片方の人差し指を
 天に向け、もう一方の人差し指を地に向け-天上天下唯我独尊-って
 言ったんだぞ!」
「このクソ酔っ払い坊主、誰も信じるわきゃねぇだろう!!!」

第一話
「Mさん、今日いろんな仲間でお寺に集まって、一杯やりましょう!」
珍しく和尚から携帯が入った。
「了解!お酒は持参するよ!それに呑むからには自転車で行くからね!」
「じゃぁ、待ってます!!!」

だだっ広い本堂には、昔から見知った仲間たちが一同に会していた。
「あれ?和尚は???」
「そういやぁ、朝から見かけないなぁ‥?」
そのとき、奥の小部屋からベロンベロンに出来上がった和尚が、
我々の前に仁王立ちになり、あのポーズをして
「みなは~ん‥今日はようほそぉ~‥。天上天下唯我独尊!!!」

目が覚めた!

by don-viajero | 2015-04-12 18:47 | | Comments(0)
2015年 04月 10日

旨味三兄弟

格段たいした記念日ではないのだが‥‥。
あと数日で、一周年を迎えようとしている‥‥。

グルタミン酸・イノシン酸・グアニン酸。この三つを指して
旨味三兄弟といわれている。それぞれの代表的食品を挙げれば、
グルタミン酸は昆布、イノシン酸は煮干や鰹節、グアニン酸は
干し椎茸となる。グルタミン酸が多く含まれた食品は別として、
他の二つの要素には、ともにプリン体含有量が驚くほど高い。

アルコールに関しては、焼酎を1としたときの相対値を比較すると、
ビールは180にもなる。これでは痛風持ちとしては、恐ろしくて
手が出ないが、焼酎やウィスキーなどの蒸留酒はとても低いのだ。

先日、新聞に載っていた週刊誌の見出しで椎名誠氏が
「痛風が何だ!ただ痛いだけだ」と叫んでいるらしい。
でも、とてもじゃないが痛いのが嫌な私は、生活習慣に気をつけ、
もちろん薬を飲まず、この一年間再発作は起こしていない‥‥。
f0140209_17551826.jpg

現在進行形常飲アルコールだ。
(辛口焼酎ハイボール500ml・某スーパーで消費税込150円)

昔から巷間囁かれている
「痛風になる奴は、旨いものばかり食べているからだ!」
干物を好んで食していた江戸時代の庶民にも、この病はあったし、
アルコールを嗜まない人たちにも、痛風持ちがかなりいる‥‥。

by don-viajero | 2015-04-10 18:24 | エッセー | Comments(0)
2015年 04月 07日

'15・桜

咲いた‥‥。というよりは、咲いちゃった!

細かく糸を引くように落ちてくる雫は、いつヒラヒラと白いものに
変わっても不思議でないほどの寒の戻り。

これから先の天候が不安だ‥‥。
f0140209_1816198.jpg


by don-viajero | 2015-04-07 18:48 | エッセー | Comments(0)