陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 30日

森からのプレゼント?

はタラノメやコシアブラ‥‥。

毎年、その美しい姿と歌声を魅せに訪れる青い鳥‥‥。

にはクリタケをはじめとしたキノコ類‥‥。

冬は「里山整備」と称しての風呂の兼用釜用の薪集め‥‥。

季節とともに様々な恵みを与えてくれる「森」‥‥。

ところが昨日、春の大風とともにとんでもない「お返しプレゼント」を
もらってしまったのだ!
f0140209_21114454.jpg

f0140209_21115785.jpg

根元の幹が1ⅿを超える赤松の大木。
松枯れしてから数年が経っていた‥‥。

それでも、川を隔てて10ⅿ近くあったし、西側に傾いていたから
我が家のほうには、倒れないだろうと高を括っていた‥‥。

覆い被さった倒木の下には、2年前新車で買ったカミさんの車(fit)が
あったが辛うじてセーフ!来季の積雪対策に3月中に補強してあったのが
幸したのかもしれない

数日前傾いたも、そして今回の木も、おそらくつむじ風の悪戯なの
かもしれない‥‥。

by don-viajero | 2016-04-30 21:16 | エッセー | Comments(0)
2016年 04月 28日

抱卵

毎年、我が家のどこかしこに巣作りをしているキセキレイ
(英語名ではGrey Wagtail)

以前、知らない間に郵便受けの中に作られてしまったので、

-キセキレイが抱卵を始めていますので、郵便物は下の
 ダンボール箱に入れて下さい-と張り紙をしたこともあった。

そして、今年も例外なく作った!

しかも、私が毎日のように出入りしている車庫の横にある

表棚の中にだ!!!

近寄った際、飛び立ったとき確認したところ卵は5個あった。
f0140209_18121940.jpg

昔はキセキレイのほうがたくさん見かけたが、最近は街中を含め、

その勢力を拡げてきたハクセキレイのほうが、尾っぽフリフリ

歩き回っている姿を、よく見かけるようになってきた。

セキレイの総称はWagtail(Wag=振る tail=尾)。

キセキレイもさぞや肩身の狭い思いをしていることであろう‥‥。

by don-viajero | 2016-04-28 18:36 | エッセー | Comments(0)
2016年 04月 26日

季節の歩み

コシアブラが開くのも、山桜が咲き、その花散らしが終焉を迎え、

新たに咲きだしたシャクナゲの開花や、ツツジの花の膨らみも、

一週間ほど季節が急ぎ足で進んでいるような‥‥。
f0140209_1835157.jpg

f0140209_18352964.jpg

f0140209_18355468.jpg


by don-viajero | 2016-04-26 18:58 | エッセー | Comments(0)
2016年 04月 23日

春の恵み

以前は森に入って採っていたが、大きく育った我が家の庭に

移植したものだけで、毎朝十分な収穫を得ることができる。
f0140209_18132137.jpg

           【開花した山桜をバックに】
f0140209_18143776.jpg

           【今シーズン4回目の収穫】

by don-viajero | 2016-04-23 18:54 | エッセー | Comments(0)
2016年 04月 22日

春の喜び

ある人が言った‥‥。

「ソメイヨシノの花散らしも終わり、
そして次に訪れるカラマツの芽吹きや
山桜の賑わい、好きだなぁ‥‥」
f0140209_213117100.jpg
f0140209_21313028.jpg

                  【我が家の山桜】

続けてボクが、舌なめずりをしながら言う‥‥。
「コシアブラも続々と芽を出してきたよ!」

by don-viajero | 2016-04-22 21:37 | エッセー | Comments(0)
2016年 04月 19日

春の大風

日曜日、至る所で吹き荒れた春の大風が、近隣の木々を
なぎ倒した‥‥。
我が家でも例外なく一本やられてしまった!
f0140209_19165185.jpg

前日の土曜日、風もなく穏やかな天候の下、長女の娘たち
二人と訪れたカミさんの実家で、義姉の家族や川崎の娘家族、
毎年正月お邪魔している近くの友人夫婦を交え、楽しい
焼肉会を終え、翌日帰宅した後襲った雨上がりの大風‥‥。

根元近くが直径50㎝超える大木の松枯れ赤松の根が、この
バカっ風で浮き上がってしまったのだ!

昨日、有休休暇を取っていた息子と二人で、チェーンソー、
ザイル、滑車、チェロキーを駆使して、半日かけ無事完全に
倒すことができた!

これでまた風呂用兼用釜のマキが確保できた‥‥。

by don-viajero | 2016-04-19 19:19 | エッセー | Comments(0)
2016年 04月 15日

萌え木

林の奥から射し込む西日に照らされた清楚な萌え木が、

キラキラと輝いてとっても綺麗だ!

つい、レンズを向けたくなってしまった‥‥。

f0140209_1953511.jpg

f0140209_19533156.jpg


森の中は小鳥たちが飛び交い、木々の芽吹きが始まり、

賑やかになってきた‥‥。

by don-viajero | 2016-04-15 19:58 | Photo | Comments(0)
2016年 04月 13日

本屋大賞

f0140209_19214583.jpg
2004年から始まったこの賞のコンセプトは
『全国書店員が選んだいちばん!売りたい本』だ。

今年度の受賞作は宮下奈都著『羊と鋼の森』。まだ読んでいない。

彼女の本は『遠くの声に耳を澄ませて』と『誰かが足りない』の
2冊だけ読破済みである。

なにぶん天邪鬼の私は、【芥川賞】や【直木賞】に選ばれた本は
滅多に読まないが、この賞だけには食指が動かされる。

2004年第一回から選ばれた上位10作からの読書歴を披露しよう。
(〇囲み数字は順位・敬称略)
‘04年/①『博士の愛した数式』小川洋子
   /②『クライマーズ・ハイ』横山秀夫
   /③『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎
   /④『永遠の出口』森絵都
   /⑤『重力ピエロ』伊坂幸太郎
‘05年/①『夜のピクニック』恩田陸
   /②『明日の記憶』荻原浩
   /⑤『チルドレン』伊坂幸太郎
‘06年/③『死神の精度』伊坂幸太郎
   /⑤『その日の前に』重松清
‘07年/④『週末のフール』伊坂幸太郎
   /⑥『鴨川ホルモー』万城目学
   /⑩『名もなき毒』宮部みゆき
‘08年/①『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎
   /④『悪人』吉田修一
   /⑩『カシオペアの丘で』重松清
‘09年/⑩『モダンタイムス』伊坂幸太郎
‘10年・’11年/0
‘12年/⑦『誰かが足りない』宮下奈都
‘13年/③『64』横山秀夫
‘14年・’15年/0

by don-viajero | 2016-04-13 19:32 | | Comments(0)
2016年 04月 11日

松尾寺点描

春のお祭り当日、役員集合は9時半だったが、折角なので
少し早めに行き、桜の咲き始めた境内を久しぶりに散策した‥‥。
f0140209_17561964.jpg

f0140209_17563574.jpg

f0140209_17565465.jpg

f0140209_17571243.jpg

f0140209_17573110.jpg

桜、カタクリ、ショウジョウバカマ、水芭蕉‥‥。
春爛漫を競演しているかのようだった‥‥。

by don-viajero | 2016-04-11 18:35 | Photo | Comments(0)
2016年 04月 10日

軍艦巻き

一枚ノリを6等分に切って巻くということを知った‥‥。

今宵、カミさんは女子会ディナー。
買い置いてあったエンガワとネギトロでお一人夕食。
軍艦からはみ出すほどの大盛りでのお一人ディナー。
満足!満足!!
f0140209_2025294.jpg


by don-viajero | 2016-04-10 20:03 | 男の料理 | Comments(0)