陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 30日

耳朶

f0140209_17323080.jpg

サフランの花言葉
『陽気』『喜び』『歓喜』『節度ある態度』

先日久々に松本行きの、たった2両編成の地方列車に
乗った。休日だというのに、各高校お揃いのネーム入り
ジャージを着こんだ高校生で車内は溢れている。

でも、異様なほど静かだ。
時折交わす会話も小声で、大半の若者たちは、視線を
落としたまま手に握られているスマホを見つめている‥‥。

昔、私が高校時代通っていた頃のように、大声を張り上げ、
安曇野弁丸出しの楽しげな会話は聴こえてこない‥‥。
ましてや頬を赤くした「リンゴほっぺ病」みたいな少女は
一人としていない‥‥。
一瞬、車窓越しから射ってきた一筋の朝日が、一人の
女子高生の耳朶を透かし照らしたのを見逃さなかった‥‥。

そんな彼らを観察していた私は、そっと目を閉じた‥‥。
そして、一気に40年以上も遡った昔の記憶の在処を
探し始めた‥‥。

上京して初めて乗った井の頭線。下北沢駅からドワドワっと
集団で乗り込んできた某女子高生たち。気がつけば賑やかに
話しまくる彼女たちに囲まれてしまっていた。彼女たちの
濁音の少ない滑らかな会話‥‥。それ以上に私を驚かせたのは、
向こうまで透けて見えるような、色白の顔立ちの横に付いている
可愛らしい耳朶だった‥‥。

by don-viajero | 2016-10-30 18:30 | エッセー | Comments(0)
2016年 10月 27日

大豊作

正式名称「ハナイグチ」、別名「リコボウ」「ジコボウ」等。

私たちの地域では、傘の裏が白っぽいものはリコボウ。

黄色いものはカラマツダケ

この種は名前の通りカラマツ林に多く見られる。
f0140209_1830673.jpg

昨日早朝、クリタケの成長を覗きに行ったとき、近くに

小ぶりで形のいいカラマツダケを数本発見!

仕事へ行く前の30分ほど、勝手知ったる森を散策。

驚いた!結構いいものがたくさん収穫できたのだ!!!

仕事を終え、帰宅後コトコト釜で煮込み、小さいものは

うどんの具に、大きめのものは大根おろしを添えて酒の

つまみとして食した!!! 秋ですねぇ~!!!

森からの、秋の恵みでした!!!御馳走様!!!

by don-viajero | 2016-10-27 18:36 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 10月 25日

顔出し

ちゃ~んと顔を出してくれましたよ!

こういった森からの贈り物は大いにありがたい!
f0140209_19311523.jpg

やっぱり、クリタケにはうどんがよく似合うかな?

by don-viajero | 2016-10-25 19:34 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 10月 22日

’16 農作業

今年度の農作業も、本日やっと終わった!
最後に残った東田の脱穀も悪戦苦闘の末終了!!!
f0140209_19263288.jpg

ところがどっこい今年度、田植え機の故障から始まった
農作業は、雨続きでバインダーでの作業遅れ、そして
ハーヴェスターの調子の悪さで、予定通りに工程が進まず、
そう簡単に終了を迎えてはくれなかった‥‥。

そして、今日最後に残っていた東田(4畝)のハゼ掛け米の
脱穀作業。始業時には調子が良かったもののやはり駄々を
こねっぱなし!Vベルトが摩耗しきってうまく回らず、
なんとか、ベルトが切れないようになだめながら慎重に使い
こなし、唐箕に簡易モーターを取り付けて、午後4時終了!

来季のため、冬になったらいつもお世話になっている
農機具屋さんにオーバーホールしてもらわなければ
ならないだろう‥‥。
頭を過るのは-また、金がかかるなぁ‥‥-

あとは東屋での収穫祭と、12月お寺の調理場を借りての
餅つきで、‘16年度の「ずくの会」の作業も終了を迎える‥‥。

by don-viajero | 2016-10-22 19:28 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2016年 10月 17日

'16 脱穀

今年度、最初に稲刈りをしたのが9月17日だった‥‥。
すべての田の刈取りが終わったのが、10月2日。
雨に祟られた今シーズン。

快晴の下、10月15日16日、ようやく一週間あまり雨が降らず、
ハゼ掛け米の脱穀作業に入ることができた。
f0140209_19585973.jpg

f0140209_19592286.jpg

順調に進んでゆく脱穀済みの藁は、野菜作りの仲間用に
束ねてゆく‥‥。

ところが、翌日残ってしまったハゼの脱穀作業に入るなり、
昨日、あれほど頑張って働いていてくれていたハーヴェスターが、
駄々をこね始めてしまい、思うように作業が捗らず、久し振りの
唐箕の出番になってしまったのだ!

結局、東田分が残ってしまった‥‥。

by don-viajero | 2016-10-17 20:06 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2016年 10月 14日

風に吹かれて(Blowin’ In The Wind)

f0140209_17545695.jpg

How many roads must a man walk down
 (人はどれくらいの道を歩めば)
 Before you call him a man?
 (人として認められるのか?)
 How many seas must white dove sail
 (白い鳩はどれくらい海を乗り越えれば)
 Before she sleeps in the sand?
 (砂浜で休むことができるのか?)
 How many times must the cannon bolls fly
 (どれくらいの砲弾が飛び交えば)
 Before they’re forever banned?
 (永久に禁止されるのか?)
 The answer, my friend, is blowin’ in the wind
 (友よ答えは風に吹かれて)
 The answer is blowin’ in the wind
 (風に吹かれている)
【参考:釣りキチ先生の英語教室

日本人の大多数は、村上春樹氏の文学賞を期待していたようでは
あるが、今回「スェーデン・アカデミー」の面々も粋な計らいを
したものだ!この受賞に関しては賛否両論あるが、詩人が選出
されているのだから、詞を作る者にも当然なことではないだろうか‥。
たとえその昔、ジョン・レノンとマリファナを吸っていたとしても‥。

私の好きな作家・伊坂幸太郎著「アヒルと鴨のコインロッカー」の
中でもちょくちょく登場するディラン。もちろん映画でもこの歌が
流れていた。

何れにせよ、僕らの世代にとっては、ジョーン・バエズとともに
戦争反対の旗手であったことに違いはない‥We shall overcome‥。

彼の受賞が、昨今のキナ臭くなってきた日本の政治に対しての
警鐘となれば幸いであるが‥‥。     

by don-viajero | 2016-10-14 18:36 | エッセー | Comments(0)
2016年 10月 12日

食用鬼灯

別名「ストロベリートマト」。
f0140209_1927284.jpg

この鬼灯を食べる習慣は、日本では少ないようではあるが、
ヨーロッパではスイーツの材料やジャム、サラダ、肉料理の
付け合わせと様々な料理に利用されているポピュラーな
存在らしい。

先日、母の様子を窺いに実家へ寄ったとき、
「お前、これ何だか判る?」
朱色の鬼灯を小さくしたような植物だったが、一粒口に含んだ
とたん、僕の記憶は遥か昔に吹っ飛んだ‥‥。

「おばあちゃんちの庭にあったよね!」
おばあちゃんとは母の母親であり、母の生まれた家である。
「これ、増やして欲しいんだけど‥」
「分かった!ネットで調べてやってみるわ!!!」

by don-viajero | 2016-10-12 19:30 | エッセー | Comments(0)
2016年 10月 08日

鬼灯

花言葉は「偽り」「ごまかし」。

昔、近所に鬼灯袋を上手に作ってくれたお姉さんがいた。
彼女だって、すでに70歳を超えている‥‥。
f0140209_18411933.jpg

8月20日(土)以来のランだった‥‥。正直かなり疲れた。

ディズニーに遊びに行ったり、田んぼの作業に休日を割かれ、
思わぬハゼの倒壊があったり、雨降りに走る意欲を削がれ、
仕事も重なり忙殺されてはいたのだが‥‥。

気が付けば、いつの間にか50日間弱走っていなかった。
そんな、心の中でごまかし続けてランをサボっていた‥‥。

走ろうという意欲さえあれば、早朝であろうと、仕事から
帰って来てからだろうと、いつでもできたはずだった‥‥。

一番に心を痛めたのは、やはり一年近く重い病に伏せていた
身内の病状悪化であり、42歳という若さで鬼籍に入って
しまった姪との別れであったことは否めない‥‥。

                    合掌

by don-viajero | 2016-10-08 18:44 | Run | Comments(0)
2016年 10月 06日

夜中の突風

夜中「ゴー」という不気味な音ともに突風が吹き荒れ、
森の木が擦れ合いざわつく悲鳴が聴こえてきた。
-ハゼ掛けがなんでもなければいいのだが‥‥-

不安な思いを抱きながら再び眠りにつく‥‥。
台風18号の最接近によるもので、十数分ぐらいで吹き
去って行った‥‥。

朝6時、H氏から携帯に連絡が入った‥‥。
「ハゼが一つ倒れた!」
ガバッとベッドを離れ、確かめに行こうと支度を
整えていると、「東田、ハゼ掛け全滅です!」I氏から
Cメールの着信音。

昨年の「爆弾低気圧」に懲りていたので、負荷の高い
一直線での長いハゼ掛けはせずに、細かく掛ける
ことにしてハゼシートも止めにしていたのだが‥‥。
f0140209_1952112.jpg

私の他、作業参加できる者たち3人に連絡をとり計4名で、
昼前にはすべて掛け終えた。(私は午後から仕事へ行く‥‥)

今週末も生憎の雨模様なので、夜、来週の土日で
脱穀をする旨を、仲間たちに連絡を流した‥‥。

by don-viajero | 2016-10-06 19:08 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2016年 10月 05日

孫の運動会

親バカならぬジジバカですね!(笑)

稲刈りとハゼ掛けを終えてから、中途見学の保育園での連写。
f0140209_199412.jpg

f0140209_1910786.jpg

f0140209_19102889.jpg

f0140209_1910519.jpg

f0140209_19111867.jpg

f0140209_19113578.jpg

竹ポックリ上手に走れましたよ!
f0140209_19121154.jpg

パパにおんぶされての競技!

by don-viajero | 2016-10-05 19:13 | Photo | Comments(0)