陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 30日

お坊ちゃん誤録

ご存じ「アドルフお坊ちゃん」シリーズ。
f0140209_1837390.jpg
『昨日大輪の一つが開いた’17年我が家の石楠花』

「お坊ちゃま、最近言葉の誤用が多いかと思いますが‥‥?」
気短な坊ちゃんは幇間・スガを睨みつけ
「ボクの何が間違いなんだ!」
「13年、14年8月6日、広島原爆の日の式典で
 同じ文言でこうおっしゃいました。
 -一面を業火と爆風にさらわせ、廃墟とかした‥-
 この“業火”とは“罪人を焼く地獄の炎”であり、
 “さらう”は“水底の泥やゴミを取り除く”ことであり、
 “一面を猛火と爆風にさらし‥”が適正かと‥‥」
「まだあるのか‥‥?」
「16年、国会内である民進党議員に
『議会の運営を少し勉強したほうがいい。
 私は“立法府の長だ!”』」
このお坊ちゃん“三権分立”を御存じないみたいですね!
「まだありますよ!衆目の的にされてしまった“云々”を
 “でんでん”。まるでヒョットコみたいな読み違いでしたね!
 今年4月11日、旧民主党政権を引き合いに『烏合の衆の
 人たちが日本を混乱に陥れた』“衆と人たち”ではダブり
 表現であり“烏合の衆”で十分ですね!」
「スガよ!“そもそも”お前はちまちまし過ぎているよ!」
「お坊ちゃま!その“そもそも”の使い方は正しいですが、
 『“そもそも=基本的に”という意味もある。ぜひ知って
 おいていただきたい』
 なんてことまでおっしゃって大丈夫ですか?
 そんな意味の日本語は辞書にも載っていませんからね!」
「最近、昭恵のことで、短舌がパニック状態なのかな‥‥?」
「大丈夫ですよ!私がきちんとフォローしておきますから!」
「頼むぞ!」
「御意!!!」                 

参:4月30日付・毎日新聞朝刊より  

by don-viajero | 2017-04-30 18:47 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 04月 27日

『シ・ン・ビ・キ』

f0140209_19103194.jpg
『一昨日開いた我が家の山桜

子供たちが独立し、それぞれの家庭を持ち、我が家から
巣立ってから久しい‥‥。

当然、夕食はカミさんと二人だけのことが多くなった。
その場での会話も然り‥‥。

40年近くも連れ添ってきた結果、私の「安曇弁」
かなりの部分理解してくれていると思っていた‥‥。

先日の夕食時
「ここ、数年“シンビキ”していた仕事を
 やることにしたよ!」
当のカミさん
「???????それって‥‥、どういう意味?」
「あれ‥‥“シンビキ”って方言なの???」
「‥‥だね!標準語に言い換えれば‥‥」
「そう‥‥、迷っていたってことかな‥‥」

これからも二人だけの会話の中で、カミさんの理解不可能な
「安曇弁」が、いくつも飛び出すのかもしれない‥‥。

*“シンビキする”⇒北飛騨地方の方言で“迷う”の意。

by don-viajero | 2017-04-27 19:16 | エッセー | Comments(0)
2017年 04月 25日

LA PAZ Ⅱ

大きなすり鉢状の街は、上からアドベ(日干しレンガ)の家々、
コロニアル建築の家々、そして底には高層ビルが立ち並ぶ。
上へ行くほど貧しい人々の家となる。

人口の半分以上をインディヘナ(スペイン語で「原住民」の意)が
占め、市内には食料品を売るメルカード(市場)が広がり、
三つ編みの髪を山高帽から垂らした民族衣装のインディヘナたちが
行き交う。
f0140209_18371761.jpg

f0140209_18381530.jpg

f0140209_18405498.jpg

f0140209_18414260.jpg

f0140209_184245.jpg


by don-viajero | 2017-04-25 18:51 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 04月 23日

LA PAZ Ⅰ

標高4,000ⅿ近いアルティプラノの大地をひた走ってきた
バスは、夜の帳が始まりかけた、すり鉢状の底を目指して
グングンと高度を下げてゆく‥‥。
f0140209_19372327.jpg

f0140209_19374675.jpg
標高3,800ⅿ。
すり鉢状に広がる街、そこが世界最高所の首都ラ・パスだ。
f0140209_19385470.jpg

f0140209_19392029.jpg


by don-viajero | 2017-04-23 19:40 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 04月 21日

PUNO➡LA PAZ

プーノ8時発のツーリストバス($18・日本人は私一人だけ)に
乗車し、国境の街ユングーユでペルー出国・ボリビア入国の
手続きを済ませ、ボリビア側のツーリストバスに乗り換え、
コパカバーナの街で(リオの海岸ではない!)ランチタイム。
その後ティティカカ湖のティキーナ海峡をフェリーで渡り、
一路ラパスへ‥‥爽快な蒼空の下に広がるアルティプラノ
大地を、10時間かけての旅だった。

陸路での国境越えは1977年インド・アムリッツァ→パキスタン・
ラホール以来で、微かな興奮を覚える。
f0140209_1941647.jpg
『プーノのインフォメーションで』
f0140209_1925159.jpg
f0140209_19579.jpg

f0140209_196795.jpg
『湖畔沿いを走る』
f0140209_1965775.jpg
『ティキーナ海峡』

by don-viajero | 2017-04-21 19:09 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 04月 20日

Lago Titicaca Ⅲ

f0140209_1992378.jpg
『ウロス島の展望台』
f0140209_1910124.jpg
『手漕ぎボート』
f0140209_19112147.jpg
『バルサ(トトラで編んだ舟)』

by don-viajero | 2017-04-20 19:12 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 04月 17日

コゲラ

今回はアカゲラより数段小柄なコゲラさんが、
やってきました!
f0140209_19273321.jpg

f0140209_19275345.jpg

f0140209_19281252.jpg

f0140209_19283554.jpg


by don-viajero | 2017-04-17 19:29 | エッセー | Comments(0)
2017年 04月 14日

Lago Titicaca Ⅱ

ボートが島に着岸すると、島の子供たちがワっと集まってくる。
観光客に売るトトラで作られた民芸品も彼らの収入源だ。
f0140209_18504826.jpg

f0140209_18511210.jpg

f0140209_18513660.jpg

f0140209_18521490.jpg

私の子供たちが使い古したマジックペン数本と交換したものだ。

by don-viajero | 2017-04-14 18:53 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 04月 11日

Lago Titicaca Ⅰ

プーノの桟橋からモーターボートに乗って40分ほどで
ウロス島に着く。
f0140209_1964442.jpg
『背景はプーノの街』
f0140209_1972857.jpg

f0140209_19112579.jpg

f0140209_1981891.jpg
『上陸前の光景』
「トトラ」と呼ばれる植物のアシを積み重ねた“浮き島”だ。
群生する「トトラ」の中に、大小合わせて40ほどの島が浮いて
おり、およそ2500人が生活し、上陸した一番大きな島には
学校や教会もある。

by don-viajero | 2017-04-11 19:14 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 04月 09日

Puno

ペルーの南部、アンデス山脈のほぼ中央に位置し、正確な
標高が3,855ⅿの小さな街、それがプーノだ。これはクスコ
(3,360ⅿ)やボリビアの首都ラ・パス(3,800m)よりも高い。

目の前にあるのは、日本の琵琶湖の約12倍もあろう面積を
誇り、満々と水を蓄え、まるで海のように広がっている
神秘的な湖、ティティカカ湖だ。
f0140209_203247.jpg

『ティティカカ湖を望む』
f0140209_2033859.jpg

『カテドラル』
f0140209_204214.jpg

『中央市場』

by don-viajero | 2017-04-09 20:05 | Peru/Bolivia | Comments(0)