陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 30日

偽政者たち

彼らは為政者ならぬ偽政者集団と呼んだ方がいいのかも
しれない‥‥。
親分が嘘つきなら子分まで平気で嘘をつくんだね!

「スガよ!
 ボクは東大出が大っ嫌いなんだ!
 でも閣僚に任命するには、少しばかりは
 彼らを優遇しなくっちゃね!
 でも、奴らは世間知らずだからすぐに
 迷言を吐くんだよ!
 『長靴』の務台や『東京じゃなくてよかった』の
 今村はすぐに首だよ!!!」

「お坊ちゃん、因みに私は法政ですから‥‥」

「特にボクの家庭教師だった平沢はボクを東大に
 入れてくれなかったから、絶対に閣僚になんか
 指名しないよ!」

「それでは、伊達メガネのお嬢さんは?」

「彼女はボクが育ててきた早稲田出の政治家だからね!
 多少のことには目を瞑ってやるさ!」

「御意!!!」
f0140209_19194047.jpg
『我が家のユリ・黄色いユリの花言葉は“偽り”』

by don-viajero | 2017-06-30 19:21 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 06月 27日

Trump's Lies

f0140209_1833542.jpg
『The New York Times紙より』

ニューヨーク・タイムズ紙の報道によると、トランプ大統領は
就任後、週5日は嘘をついているらしい‥‥。

道理でアドルフお坊ちゃんと気が合うわけだよ!!!

by don-viajero | 2017-06-27 18:39 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 06月 26日

「丁寧な説明」

「嘘をついてはいけません!」
そう言われて育てられてきた子供たちは、あの高飛車な人の
発するこの言葉を、どう受け止めているのだろうか‥‥。

国会閉会後の言いっ放し会見で、短舌のアドルフお坊ちゃんは
「加計疑惑」に関して、この言葉を繰り返した‥‥。

「安保法制」を強引に成立させた後の会見でも、この言葉を
繰り返し言っていたが、あれから一回として「丁寧な説明」を
聞いた記憶はない‥‥。

嘘をつくのは平気の平の御仁なのだろう‥‥。

「アドバルーン」のように次から次へと、まるで目先を変える
ように打ち上げる心地よい言葉の政策。
「プレミアムフライデー」、「キッズウィーク」etc‥‥。
f0140209_19192430.jpg
『白い花・パクチー』因みに花言葉は「辛辣」。

by don-viajero | 2017-06-26 19:21 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 06月 24日

松枯れ

f0140209_1951739.jpg

‐分け入っても 分け入っても 青い山‐山頭火

温泉を買いに行く道すがら、たった500mほどの片道一車線の
両側に、十数本の松枯れした木がある‥‥。
この木が大風等で倒れ、通行中の車や、人に被害を及ぼしたら、
一体誰の責任になるのだろうか‥‥。

最後の一本だけ元気に頑張ってきた赤松が、ついにやられた!
5月初旬ころからてっぺんが変色してきたのを確認した‥‥。
こうなればあと一ヵ月以内に全体が赤くなってしまうだろう。

数年前、我が家の赤松の被害木は、当時市に申請後無料で伐採
してもらったものが5本。自分一人でチェーンソーやザイル、
ワイヤー、4駆、滑車を駆使して倒したのが4本だ!

だがこの地表から1mの高さで幹回り1.7mの大木。我が家と息子の
家の間にあり、素人が切り倒すことなんか到底無理である。

知り合いの「木こりさん」に頼んだところ、市の補助は半額。
57,000円だからⅯさんの支払いは28,500円の旨を伝えられた。

あと数本元気なものが川沿いにあるが、それらはみなかなり西の
森側に斜めに伸びているし、その管轄は私ではなく、河川管理者で
ある土地改良区が責任を負ってくれるものだろう‥‥。

近い将来‐分け入っても 分け入っても 赤い山‐
にならんことを願うばかりである‥‥。

by don-viajero | 2017-06-24 19:10 | エッセー | Comments(0)
2017年 06月 22日

『A級戦犯』

戦争ごっこじゃあるまいし、軽々(かるがる)しく
こんな言葉を使ってもらいたくはないのだが‥‥。
f0140209_1926912.jpg
『Wiki』より』

「あのヨーダ・スガめ!ボクは完全に頭にきた!
 あいつに任せておきさえすれば、すべて大丈夫だと
 思っていたのに!あいつは『A級戦犯』だよ!
 そもそも(アドルフお坊ちゃんが辞書で
 調べたら基本的って意味があったらしいが‥‥)
 軽々(けいけい)に『怪文書』なんて言って
 しまったから、節目が変わってしまったんだよ!」

「ボクの辞書に間違いはない!
 すべてにおいてボクは正しいのだ!
 他者は『印象操作』をして、ボクを
 貶めようとしているだけなのだ!!!」

私にも軽々(かるがる)しく言わせてもらえば、
そもそもは『息を吐くように嘘をつき』嘘の上塗りを
繰り返し続ける当の本人こそが、『超A級戦犯』
じゃないだろうか!

このアドルフお坊ちゃんに、心底御退場願いたいと
思っている者は、決して私一人ではないだろう!!!

by don-viajero | 2017-06-22 19:34 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2017年 06月 20日

パクチストたち

先日トラキチと梅田行のバスのなかで、朝食用に私が
前夜作り置いたサンドイッチを頬張った。

「Mさん、このサンドイッチなかなか旨いね!
 でも、おいらのにはパクチーは入っていないよね!」
「大丈夫だよ!自分のだけに入れたから(笑)」

そう、彼はホーチミンで鍋料理に入っていたパクチーに
あたってしまい、しこたま苦しんだのだった!
それ以来、大のパクチー嫌い!

ところで、最近突如流行りだした「パクチスト」なる者達。
このハーブが好きになる人々の気持ちは解らんではないが、
如何せん、Aスーパーでは品薄になり商品棚に並ばない
こともしばしば。
一方Bスーパーでは物量は豊富ではあるが、以前の倍近い
値段表示だ!

こればかりは自己防衛しかないのか‥‥。
しかし、プランター栽培は時期が限られるからなぁ‥‥。

一刻も早く「パクチスト」なるもののブームよ、去って
くれと祈るばかりの毎日である‥‥。
f0140209_19524959.jpg
『最近採れ出した我が家のパクチー』

by don-viajero | 2017-06-20 19:54 | 男の料理 | Comments(0)
2017年 06月 18日

天然色

小学校の高学年のころのことだろうか‥‥。

ボクは一人、ブロック塀に軟式野球のボールを
繰り返し投げつけながら、父に買ってもらった
ばかりの少年用の野球グローブで、捕球の練習を
していた‥‥。

周りには誰もいない‥‥。
聞こえてくるのは甲高い蝉たちの鳴き声だけ‥‥。

久しぶりに白黒の夢を見た‥‥。
最近のものはほとんどがカラーだったから、
とっても不思議なものを見たような気がした‥‥。

ふっと目を覚ました時、国営の深夜放送から
ご機嫌な曲が流れてきていた‥‥。

これだ!大滝詠一の「君は天然色」!!!

by don-viajero | 2017-06-18 17:55 | | Comments(0)
2017年 06月 15日

帰路

'96//1/25/0:25発マイアミ行きのAA機で、リマの空港から
18日間という、長~い時間を自分だけの為に費やしたことを
許してくれたカミさんに感謝し、楽しかった旅の日々の
記憶を、一つ一つ想い出しながら帰路に就いた…。
f0140209_20101575.jpg
『アラスカの山々』
f0140209_2011816.jpg
『マウント・レーニア(4,392m)』

by don-viajero | 2017-06-15 20:13 | Peru/Bolivia | Comments(0)
2017年 06月 11日

空梅雨

どこかでしっぺ返しがくるような爽快な天気が続く…。

先週、毎年恒例のトラ友と聖地へ行ってきた!
9回裏3対1の負けゲームからまさかの同点。
11回裏サヨナラ勝利!!!(夜、祝杯で生ビール
大ジョッキ2杯も飲んじゃったよ!)今シーズン最高の
観客数を集めた球場に詰めかけたトラキチどもは、
欣喜雀躍騒ぎ立て、いつまでも六甲おろしが響き渡る…。
f0140209_1919873.jpg


甲子園に行く数日前、我が家に2年ぶりに猿の軍団が現れた!
収穫したばかりで干しておいた玉ねぎ、まだ青い実のイチゴ、
レタスetc…。風呂の網戸を開け土足進入!窓枠は足跡だらけ!

今年もたわわに実ったキイチゴが心配だったが、今のところ無事
私や孫の胃袋に収まった!
f0140209_19211270.jpg


by don-viajero | 2017-06-11 19:22 | エッセー | Comments(0)
2017年 06月 09日

蕎麦

f0140209_2074274.jpg
Wikiより】

「へ~い!らっしゃい~!!!」
行きつけの蕎麦屋の暖簾を潜ると、威勢のいい声で
店主が迎える。

「おっ!お坊ちゃん久しぶりだねぇ~!」
「そうだよなぁ…。メニューを注文するのが…」
「そうなんですか…?
 ところでモリにしますか?それともカケにしますか?」
「…。モリカケがいいかな(笑)」

「そういやぁ~海の向こうのお坊ちゃんのお友達、
 ドナルド君は大丈夫ですかねぇ?」
「あいつは‐フェイク‐で誤魔化すだろうな…」
「ボクは金子勝が‐息をするように噓をつく‐が
 誤魔化せないところまできちゃって息切れだよ!」
「お坊ちゃんと奥様の共通の御趣味は“学園作り”と
 国費でお手々繋いで海外旅行ですもんね!」
「そうなんだよ!“学園作り”はどこかでボタンを
 掛け違えたのかなぁ…」
「まぁ、スガさんに相談すれば大丈夫ですよ!
 あのお方のフェイクニュースの流し方は、公安や
 御用新聞まで動員しての超一流ものですからね!」
「そうだな…。あいつに任しておこう!」

by don-viajero | 2017-06-09 20:12 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)