「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 18日

奇妙奇天烈

生き物の名前には、ときとしてあまりにも奇妙であり
残酷なものがある‥‥。

哺乳類の『ピグミーネズミキツネザル』は、ネズミでも
キツネでもなくれっきとしたサルの仲間だ。

魚類では結構ある『セニョリータ』、『オジサン』とか
『ババア』etc‥‥。

そのなかでも特筆すべきは、植物の『オオイヌノフグリ』
ではないだろうか?漢字で表せば『大犬の陰嚢(フグリ)』。
あんな可憐な花に失礼ではないか!
しかし、ちゃんと別名もある。
『瑠璃唐草』『天人唐草』そして『星の瞳』だ。

春先、誰かと一緒に歩いているとき、そこかしこに
咲いているこの花を見つけたら、こう言おう!
「あ!“星の瞳”がたくさん咲いているね!」と‥‥。
f0140209_18542865.jpg

因みに花言葉は『信頼』『神聖』『清らか』『忠実』。

# by don-viajero | 2017-02-18 19:20 | エッセー | Comments(0)