陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 06日

五六豪雪

昭和55年12月末から56年3月にかけて、福井県を
中心に襲われた豪雪である。

当時、私は美麻村(現・大町市)の新築村営住宅で
家族4人(カミさん、長女2歳、次女1歳)と
暮らしていた‥‥。

暮れの12月28日。その日昼過ぎから深々と降り
始めた雪は、村営住宅に帰り着いた時には50㎝ほどに
積もり、翌朝のキラキラ輝く陽射しに照らされた住宅の
広場にあるブランコが、すっぽり雪に覆われていた。
f0140209_1932338.jpg

ここ安曇野は、先日の都心を覆った雪と同じ位だった
積雪は、毎朝-10℃を切る冷え込む中ではなかなか
融けない。それでも正直毎日のように数㎝降るぐらいで
済んでいるから、大いに助かっている。

ニュースで五六豪雪以来の福井周辺では、いまだに
1,500台以上もの車が大雪に閉じ込められたままだと、
些か興奮気味のレポーターの声が流れている‥‥。

大変なことだ!

「嘘つきが 嘘つき相手 非難する」

by don-viajero | 2018-02-06 19:33 | エッセー | Comments(0)


<< 方言 Ⅱ      鶏皮カリカリ丼 >>