陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 21日

チョッキリ虫

f0140209_18462933.jpg
先週あたりから、我が家の庭に自生している
コナラの小枝が、そこここに落ちているのを
見かけるようになってきた。

鋭利な刃物で切り落とされたような切り口だ。
その犯人は通称『チョッキリ虫』。正式名を
『ハイイロチョッキリ』という名のゾウムシの
仕業だ。まだ若い柔らかなドングリに産卵した後、
枝を落としたものである。

今年は、全国どこの山でもドングリのあたり年だ
というニュースが流れている‥‥。さぞかし、
お山の熊さんたちも喜んでいることだろう!

しかし、子孫を残すためのドングリを、こうも
簡単に落とされた成木だって、たまったものではない‥‥。

ドングリの実の中で卵が幼虫になり、殻を破り
土中に隠れ、成虫になり再び若いドングリに卵を産む‥‥。

どっこい成木だってやられっぱなしではない。
翌年実をならさない手段に出るのだ。結果、山では
飢えた熊さんたちが里に現れてくるのだ‥‥。

「バレなけりゃ 誰かの真似を みんなやる」

by don-viajero | 2018-08-21 18:49 | エッセー | Comments(0)


<< 浮気もん      卒寿の祝い >>