人気ブログランキング |

陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:エッセー( 638 )


2019年 09月 14日

キノコ

しばらく雨が降っていないので、あちこちの
田んぼには、この連休を使ってコンバインが
忙しなく働いている‥‥。
(我々の稲刈りは9月21日~23日を予定)

蝉の声も聴こえなくなり、朝晩はすっかり涼しく
なって、夜の帳が降りれば秋の虫たちの乾いた合唱が、
闇夜のなかで始まる‥‥。

この時期、家の周りには毎年ぞこぞこと群れを
成して顔を出してくるキノコがある。
f0140209_19353841.jpg
-これが毒キノコじゃなければなぁ‥‥-
そんなことを思いながら眺めている次第である。

この写真はコナラの切り株にびっしり生えてきた
ものだ。その名は『オオワライタケ』。
その毒は神経系統に支障をきたすらしい‥‥。
-くわばら くわばら-

by don-viajero | 2019-09-14 19:38 | エッセー | Comments(0)
2019年 09月 12日

これ、凄~い!!!

松枯れの原因は、松くい虫に寄生したマツノザイセンチュウ
起因していることはよく知られているが‥‥。
f0140209_19353583.jpg
(写真提供:一般社団法人全国林業改良普及協会)

数日前、ネットでこんな記事を目にした。
-人間の数倍もの嗅覚のある犬よりも、さらにすごい嗅覚の
 持ち主、それは線虫。がんのステージ0から4まですべて
 に反応する-

この線虫の仲間たちが凄い能力の持ち主なのだ!
そのことを発見した研究者たちはもっと凄いがね!!!

医学の進歩は我々の想像の域を超えている‥‥!

by don-viajero | 2019-09-12 19:40 | エッセー | Comments(0)
2019年 09月 07日

木の実

この地に家を建てたとき、記念にと知人から実のなる
二種類の低木を頂き、植えた‥‥。

それらは数年後枯れてしまったが、小さいころから
慣れ親しんでいた実だった‥‥。

一つはスグリ。
f0140209_19201226.jpg
【engei net】
口に含むとちょっと酸っぱかったが
おやつ代わりにはなった‥‥。

もう一つはニワウメ
こちらの方が、子供心には結構
旨かった記憶がある‥‥。

そんなことも忘れていた数十年後、タイ・ラオス・
カンボジアの旅に出かけた。その旅のなかで、ラオス・
ビエンチャンの街路樹に生っていた、小さな赤い木の
実が強く印象に残っていた‥‥。
f0140209_1940359.jpg
地元の人たちが手の届くところの実を、手にとっては
食べていたので、私も食してみた次第だ。食感は遠い
過去に口にした『ズミ』の味がした‥‥。

宿に戻りオーナーに訊ねたところ『タッコプ』という
木だと説明を受けたのだが‥‥。
f0140209_19414660.jpg
帰国後、何の木の実なのか何時間もかけて調べてみたが、
終ぞ解らずじまいだった‥‥。

by don-viajero | 2019-09-07 19:43 | エッセー | Comments(0)
2019年 09月 04日

エゴノキの実

最近、エゴノキの実がバタバタ落ちだした‥‥。
毎日のように降る強い雨のせいかもしれない。

そんなときネットでこんな記事を見つけた。
-昔は若い果実を石鹸と同じように洗浄剤として
 洗濯などに用いていた-

だったら試しに作ってみようか!
まずは落ちている実を少しだけ拾い、洗って
すり鉢で潰したあと、水を加え濾す。
f0140209_18165479.jpg

f0140209_18174254.jpg

f0140209_1818052.jpg

使い古したタオルで濾過したものがこれ!
泡立っていますね!!!油汚れには難が
ありますが、結構使えます!

-ポチアベは 大嘘ついて コーン買い-
-ムンさんよ 欲しけりゃ持ってけ アベの首-

by don-viajero | 2019-09-04 18:21 | エッセー | Comments(0)
2019年 09月 01日

滑り台

もうかれこれ40年以上も昔になる‥‥。
f0140209_1535759.jpg
私の親が初孫になった姉の子に買い与えてやった
ものだ。実家の空き部屋に置いてあった‥‥。

私の姪に当たる姉の二人の子供たちは、実家に
遊びに来るたびに、よく滑って遊んでいた‥‥。

その後私にも子供が三人になり、やはり実家で
この滑り台で遊んでいたのだが、姉の子たちも
大きくなり、私が家を建てたときやってきた‥‥。

そして幾星霜が過ぎ去り、この滑り台はいたる
ところのガタをだましだまし補強しながらも、
私の孫7人にもたっぷりと遊んであげ、一番下の
孫が今年3歳になってから、破棄することになった‥‥。

それ以降物置にしまっておいたのだが、数日前
細かく切った部材は、風呂の兼用窯で燃やされ、
12人の幼児(おさなご)らの笑い声を煙にのせ、
空の彼方へと消えていった‥‥。

by don-viajero | 2019-09-01 15:37 | エッセー | Comments(0)
2019年 08月 22日

’19 真夏の夜の花火会

川崎から帰省していた次女家族が翌日帰る日の
夜(8月17日・土)、孫5人が主役で我が家の
「真夏の夜の花火会」を開いた!
f0140209_1921314.jpg

f0140209_191962.jpg

f0140209_19171395.jpg

f0140209_19173971.jpg

f0140209_19181981.jpg

f0140209_19221564.jpg

f0140209_1923887.jpg

f0140209_19234376.jpg
明らかにこの日を境に季節が変わった‥‥。

by don-viajero | 2019-08-22 19:26 | エッセー | Comments(0)
2019年 08月 15日

秋の足音

毎日毎日真夏の空を牛耳って暑さを注ぎ
照らしていた、ギラギラ輝く太陽と青い
空が消えた‥‥。

台風の影響だろうか、時折吹く強い風が
森をざわつかせている‥‥。

久し振りに、気圧されるような強烈な暑さを
感じさせない一日だった。

日中降らなかった雨も、夕方には空一面に
覆いつくした薄い鈍色の雲が、これからの
予感を伝えている‥‥。

木々を揺るがす風が、実のない山栗の小さな
イガを、ポトンポトンと落とし始めた‥‥。
f0140209_18291416.jpg
そこかしこから小さな秋の足音が聞こえてくる‥‥。

by don-viajero | 2019-08-15 18:30 | エッセー | Comments(0)
2019年 08月 13日

判官贔屓

以前、米作りの仲間で小学校、中学と野球をやっていた
息子さん(長男)が、私の母校に入学したことを知らされた。
私としては、彼が当然我が母校の野球部に入ってくれたと
思っていた‥‥。

入学して間もないころ
「K さん、息子さん私の後輩になったんだって‥」
「そうなんですよ!」
「じゃぁ、彼に伝えておいて下さいよ!
 ボクを甲子園に連れてって!」
私の高校は春夏通じて一度も甲子園に行ったことはない。
最高成績が長野県でベスト8止まりだ。
「Mさん、残念ですがそのお願いは無理です!」
「どうして‥?野球部に入らなかったの?」
「そうなんですよ!それこそMさんの直系ですヨ!」
「ってことは山岳部なの?それなら許すわ!(笑)」

今夏長野県代表は、春夏通じて初めての甲子園の土を踏んだ。
しかも、生徒数減少で平成28年度から周辺3校が合併した
ばかりだ。そして、一度も甲子園に行ったことのない高校の
希望の星となったのだ。

私の判官贔屓の夢は、まだまだ見続けることだろう‥‥。
f0140209_17445420.jpg
【今年6月9日に観戦した対日ハム戦】

by don-viajero | 2019-08-13 17:46 | エッセー | Comments(0)
2019年 08月 09日

カラスの悪戯

もはや悪戯と呼ぶには、あまりにも惨いカラスの所業だ。

昨年の夏は暑すぎてカブトムシたちもバテてしまったのか、
シーズンを通して雌のカブトムシが3匹飛んできただけ
だった‥‥。そして今シーズンも雌が4匹だけ‥‥。

ところが今年になって、あることに気が付いた‥‥。
毎年カブトムシが寄ってくる楢の木の隣にある夜叉の
木の枝に、カラスがよく止まっているようになっていた。
f0140209_18561195.jpg

地面に転がっていたこのカブトムシの無惨な姿を見て、
疑いは確信に変わった‥‥。

by don-viajero | 2019-08-09 18:57 | エッセー | Comments(0)
2019年 07月 25日

戻ってきた光

網戸のまま灯りを消しベッドに潜りこんだ‥‥。

すると、網戸にへばりつくように-ピカッ‥ピカッ-。
小さく光るものが目に飛び込んできた‥‥。

慌てて階下にいるカミさんを呼びに行った‥‥。
「おかあさん!来て来て!!!」
 (子供たちを育ててき た習慣から、カミさんの
 ことをいまだにこう呼ぶ‥‥)
「どうしたの‥‥?」
「いいから来てよ!」
「アッ‥‥!蛍!!!」
「もう、何十年ぶりかな‥‥? 
 を見なくなってから‥‥」

そう、次女が小学校へ行くようになってからだろうか?
おそらく30年ぶり以上になるだろう‥‥。

外に出てみると数匹が、か細い光を煌めかせながら
飛び交っていた‥‥。(ヘイケボタル)
f0140209_18595665.jpg
【Illust ACより】

by don-viajero | 2019-07-25 19:09 | エッセー | Comments(0)