陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山( 39 )


2018年 05月 11日

餓鬼岳

f0140209_1915472.jpg
『あづみの公園から眺めた餓鬼岳』


1971年・高校3年5月中旬。
山岳部に新加入した1年生との6月新人合宿(蝶ヶ岳)を
前に、2年生3人+3年生5人+顧問2人計10名、2泊3日の
テント泊日程で餓鬼岳に登った。

この3日間他の登山者にも合わず、当然山小屋もまだ閉鎖
されており、我々10人だけの山という感じだった!

実はこの山行で二人の新人がいた‥‥。
一人は、4月に入部した同じクラスで私(前)と山岳部の
部長になったMo(後ろ)に挟まれたMaだった‥‥。

もう一人は、某一流大学教育課程を修了して我が校に
赴任し、顧問になったばかりで所謂「山」を知らない
C教諭だった‥‥。

そんな遥かむか~し、むか~しの遠い思い出を手繰り寄せ
ながら、我々が山岳同人名と冠した『餓鬼』岳を、陽春の
広場から眺めていた‥‥。

by don-viajero | 2018-05-11 19:05 | | Comments(0)
2017年 11月 08日

山岳写真・流れる

こういう現象は写真より動画の方がいいかも‥‥。
f0140209_18114720.jpg

【燕岳方面】

by don-viajero | 2017-11-08 18:17 | | Comments(0)
2017年 11月 05日

山岳写真・槍ヶ岳

f0140209_1535849.jpg
冬季北鎌尾根から槍ヶ岳登頂
下山後、写真屋さんにフィルムの現像を頼んで大失敗!
おそらく、暗室用品の竹ピンでフィルムに残った水滴を
ふき取った時にできたスジだろう!
これ以降、自分でネガフィルムも現像をすることになった‥‥。
f0140209_1593868.jpg

f0140209_159556.jpg


by don-viajero | 2017-11-05 15:11 | | Comments(0)
2017年 03月 14日

山岳写真・1974年遠見尾根Ⅱ

3月23日~25日・単独行(小遠見山雪洞B.C)
f0140209_1821479.jpg
『五竜岳』 
f0140209_18213820.jpg
『鹿島槍ヶ岳・カクネ里』
f0140209_1823166.jpg
『白岳(しらたけ)』 
振り向けば、白岳と五竜岳の鞍部にある五竜小屋(冬季閉鎖中)まで
登った私のトレースがくっきりと見える。
f0140209_18234666.jpg
『斜光』
f0140209_18244057.jpg
『雪洞』
風のない±0℃の穴の中は、すこぶる快適な空間だ!

by don-viajero | 2017-03-14 18:28 | | Comments(0)
2017年 03月 03日

山岳写真・1974年遠見尾根Ⅰ

この年、1月~4月にかけて4回この尾根に入った。

1回は、私以外初めての冬山山行の友人ら四人とで‥‥。
しかし、この山行はとんでもない荒天に見舞われ、もう一日
下山が遅れていたら“遭難”騒ぎになっていてもおかしく
ないほどのハプニング続きだった‥‥。

これ以外の3回は単独で入り、鹿革シールを付けての山スキーで
写真撮影を兼ねて、快適な尾根歩きだった。

1947年・1月2日~5日・単独行(小遠見山B.C)
f0140209_18564153.jpg
『地蔵の頭』
f0140209_18572120.jpg
『シュプール』
f0140209_18574879.jpg
『風紋』
f0140209_18582539.jpg
『八方尾根越しの白馬三山(白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)と白馬乗鞍岳』
f0140209_1915836.jpg
『五竜岳』
f0140209_1922930.jpg
『鹿島槍ヶ岳』

by don-viajero | 2017-03-03 19:04 | | Comments(0)
2017年 03月 01日

山岳写真・1973年涸沢周辺Ⅱ

11月1日~3日 単独行(涸沢にB.C)
f0140209_19302760.jpg
『奥穂高岳から前穂高岳を望む』
f0140209_19311186.jpg
『ジャンダルム』
f0140209_19314851.jpg
『北穂南稜』
f0140209_19323485.jpg
『奥穂高岳』

by don-viajero | 2017-03-01 19:34 | | Comments(0)
2017年 02月 27日

山岳写真・1973年涸沢周辺Ⅰ

10月10日~14日 単独行(涸沢にB.C)

正確に数えたことはないが、涸沢を訪れたのは10回以上に
なるんじゃないだろうか‥‥。
f0140209_19262336.jpg
『前穂高北尾根』
無積雪期ばかりでなく積雪期も含め、何度となく登った尾根だ。
f0140209_19293130.jpg
『北穂東陵ゴジラの背』

by don-viajero | 2017-02-27 19:31 | | Comments(0)
2017年 02月 22日

山岳写真・1973年長次郎谷Ⅱ

後立山連峰点描
f0140209_18501393.jpg

f0140209_18504230.jpg

この谷からは、槍ヶ岳の雄姿を望むことはできない。
f0140209_812175.jpg

f0140209_18522672.jpg

f0140209_18524730.jpg


by don-viajero | 2017-02-22 18:53 | | Comments(0)
2017年 02月 20日

山岳写真・1973年長次郎谷Ⅰ

それまでのハーフフィルムカメラから、アルバイトで貯めた
お金で購入し、生まれて初めて手にした一眼レフカメラを
携えての山行だ。カメラの名前は『ニコマートFTN』。

今回で三年連続して同時期に入った、剣岳・長次郎谷の上部に
位置する『熊の岩』を再び訪れ、誰一人テントを張る者もいない
この場所でたった一人、数日間テンパった。
f0140209_19295574.jpg
      『ガスに浮かぶ剣岳頂上』 
f0140209_19305858.jpg
      『八ツ峰』
f0140209_19321198.jpg

f0140209_19324480.jpg
      『翌年、登攀した八ツ峰・六峰Cフェース(上)と源次郎尾根(下 )』

そして、この山行を終え富山県側に下山した私には、そこでしか
得られない情報を探す目的があったのだった‥‥。

(1973年・7月25日~30日剣岳・長次郎谷周辺単独行)

by don-viajero | 2017-02-20 19:39 | | Comments(0)
2016年 12月 02日

背負子

f0140209_19322610.jpg
【40年ぶりに日の目を見た背負子】

先日、松本に住んでいる長女から携帯メールが入った。

「お父さん!新米残っている?あったら20kぐらい頂戴!!!」
折り返し
「了解!近いうちに持ってくわ!」
「ありがとう‥!!!」

このやり取りを打ち終えて、ハタと気が付いた。
彼女の家族が暮らしているのは、エレベーターもない
市営住宅の5階だ‥‥。
-さて、どうやって5階まで運んだら良いものか‥‥?
 そうだ!物入れの奥で長いこと眠っている背負子に
 括り付けて持ち上がろう!-

30k籾袋を精米して23k、残っていた精米済み2kを
加え計25k。昔取った杵柄、なんなく部屋まで持って
いくことができた。

ロッククライミングや雪山以外の時は、結構この背負子を
担いだものだった‥‥。
重たい登山靴を他のザック等と一緒に縛り付け、颯爽と
地下足袋でひょいひょいと山道を登り下りしていたものである。

by don-viajero | 2016-12-02 19:39 | | Comments(0)