陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 30日

カスピ海ヨーグルト

結局、私のはすべて全滅してしまった。(>_<)
悶々としていた時期、カスピ海ヨーグルトはおろか、
他の種類のヨーグルト自体口にすることは、ほとんど
なくなっていた‥‥。

その間の体調は押して知るべし!仕事等の繫忙感に
かまけていたせいもあるが、一年近く胃腸の調子が
いまいち芳しくなかった‥‥。

ところがである!
ある日スーパーのヨーグルト陳列棚で“フジッコ”の
【カスピ海ヨーグルト】を発見!フジッコといえば
カスピ海ヨーグルトの種を販売しているメーカーだ。
早速購入して以前と同手順で増殖。見事にできた!
f0140209_18262886.jpg

それからは種の死滅の心配もなく、ほぼ毎朝食べている。
胃腸の調子が良いのは言わずもがなのことである‥‥。

「放送の 次は新聞 ボク好み」
「妻の噓 信じるボクも 嘘だらけ」
(ボクってオイラのことじゃないよ!
 どこかの国の嘘吐き宰相です!)

by don-viajero | 2018-03-30 18:28 | 男の料理 | Comments(0)
2018年 03月 27日

初めての献立

今朝、我が家の梅もようやく開花した!
f0140209_19252236.jpg

思わぬ春の大雪に見舞われた3月21日。
翌日カミさんは、長女の娘二人を連れ立ち実家(府中)に
遊びに行く予定だった。
早々とタイヤをノーマルに替えてあったため、駅まで送り!

主婦のいない22日から25日までしっかり「男の料理」!
新しく作ったものは「サバ缶アヒージョ
f0140209_19265726.jpg

「ジャーマンポテト」の二品だ!
f0140209_19281245.jpg


by don-viajero | 2018-03-27 19:30 | 男の料理 | Comments(0)
2018年 03月 24日

ようやく春が来た!

そこここで見かけるようになってきた可憐な
クロッカスの花。
一体、いつになったら我が家の庭に顔を出して
くれるのだろうか‥‥?

そんなやきもきしていた矢先、ついに本日発見!!!
21日春の大雪にもめげず、雪が融けた日当たりの良い
場所に一輪、誇らしげに黄色く輝き咲いていた‥‥。

これから白、紫と咲き乱れてくることだろう‥‥。
f0140209_18312583.jpg

「嘘つきな 嫁と別れろ 母が言い」
「嘘つくも 可愛い息子 母親は」

by don-viajero | 2018-03-24 18:33 | エッセー | Comments(0)
2018年 03月 21日

古い奴

-You know something?-
直訳すれば「あなた何か知っている?」であるが、
「ねぇねぇ、あのね」の意味だ。

そこで個人的なニュース「You know something?」
最近カミさんがスマホに乗り換えたんだ!

私はというとWi-Fiのみのタブレットを持っているし、
今のところスマホの必要性を感じていないから、
ガラケーで十分だ。しかし、近い将来スマホがなければ
買い物も出来なくなる時代がくるかもしれない‥‥。
米国ではすでにC.C(クレジットカード)離れも進んで
いるらしい‥‥。

-古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを
 欲しがるもんでございます。‥‥-
故・鶴田浩二の「傷らだけの人生」の冒頭セリフだ。

「我が家でも ついにガラケー オレひとり」
f0140209_19442641.jpg

「妻の噓 忖度なのか 旦那への」
「佐川君 あとの生活 オレがみる」
“オレ”って誰でしょうか‥‥?

by don-viajero | 2018-03-21 19:46 | エッセー | Comments(0)
2018年 03月 18日

アカゲラ君

「あれれ? ボクのお気に入りの楢の木がない??
 隣にあったコゲラ君がよく遊びに来ていた木も
 無くなってるぞ~!」

辺りを飛び回った末、新たにお気に入りの木を
見つけたアカゲラ君-コンコン コンコン‥‥-
f0140209_19215769.jpg

f0140209_19221856.jpg

我が家の裏にある山桜の老木が次のお気に入りかな?

「松枯れで コゲラアカゲラ 増えてきた

by don-viajero | 2018-03-18 19:23 | エッセー | Comments(0)
2018年 03月 17日

か・ん・や・く

農家ではないから、当然農業用水に関しての権利はない。
つまりは水利権のことであるが‥‥。

我が家の西に流れる大きな三面コンクリート用水路と、
東のU字溝の水は、よほど(台風等の大水被害予想)の
ことがない限り常に流れている‥‥。

しかし、一年に一回確実に流れが止まる時がある‥‥。
それは3月下旬に一斉に行われる川ざらい『かんやく』の
日の前日と当日である。
【かんやく(安曇弁)】とは⇒地域の労働奉仕であり、
道路や川の清掃作業に参加することである。
f0140209_19393756.jpg

f0140209_19395959.jpg

明日の作業前日、水利組合から午後から水が止まるという
報告を受け、川を跨いで倒れてしまった3本の伐採木
片づけを、チョロチョロ水量になった川底に入り決行した。
f0140209_19422089.jpg

とりあえず1時間ほどで終了!
あとはぼっちらと暇を見つけの作業を残すのみだ!!!

「親分が 嘘つきならば 子分もか」
「A新聞 哀れ言う人 哀れだね」

by don-viajero | 2018-03-17 19:45 | エッセー | Comments(0)
2018年 03月 15日

チャッチャッチャ丼

チャチャっと出来上がるだ!
これは超簡単、超旨い丼物の極意かもしれない‥‥。

用意するものは水煮サバ缶100g程度。缶の汁
半分ほどに醤油と調理酒を大さじ1程度加え
鍋に入れ、適当に千切ったホウレン草1束分を入れ
煮立ってからサバを加え、溶き卵を流し込む。
f0140209_19184541.jpg


「書き換えを 改ざん言わぬ 国営は」

by don-viajero | 2018-03-15 19:20 | 男の料理 | Comments(0)
2018年 03月 13日

’18 山葵の花

今年は先月から出回り始めて、今回で3回目の購入だ。

件(くだん)の販売所の棚を覗けば、反対側には
毛色の違う袋が並んでいた。レジのおばさんに
写真撮影の承諾をとってからパチリ!まるで山葵田
作業のなかで間引きしたものみたいだ。
f0140209_19325988.jpg

その様子を窺っていた店員らしきエプロンをした年配の
おじさん。
「この山葵の花がどうかしたのかい?」
「はい、こんなに短いものはここで初めて見たので‥‥
 茎が長ければ下の方が“こわい”(堅い)からですか?」
「そうなんだよ!“こわい”んだよな!」
「でも、私が作るのは塩・砂糖を塗してから、
 しっかり揉むから柔らかくなりますよ!」‥‥。
f0140209_19342460.jpg
私はというと、いつものを二束購入。
f0140209_19352219.jpg
今年から塩と砂糖の割合を変えてみた。(塩/1:砂糖/5)大成功!
辛さと旨味がしっかり同居しているではないか!!!

「嘘つきは 過去の噓さえ 忘れてる」 

by don-viajero | 2018-03-13 19:40 | 男の料理 | Comments(0)
2018年 03月 11日

成功!

黄門様ではないが、我が家の玄関を開けると同時に見上げる
松枯れの大木の左右には、向かって左にあるのが数年前から
足繁く通ってくるコゲラ君の大好きな、やはり枯れた楢の木。
右は昨年あたりから枯れ始めた楢の木で、最近アカゲラ君の
姿をちょくちょく見かけるようになっていた木だ。

しかし、この高く聳える“黄門様”松枯れ木を倒すには、
寄り添うように立っている、お供の“助さん、格さん”
楢も一緒に伐採しなければならないのだ!
昨日、お供の二本を倒し続いて黄門様も‥‥。

しかし、我若くなし!数年前だったら3本くらいの伐採なんか、
一日でチョイチョイだっのだが‥‥。

そして、本日無事本家本元の大木を見事に伐採することができた!
f0140209_20203312.jpg

f0140209_20205060.jpg


by don-viajero | 2018-03-11 20:22 | エッセー | Comments(0)
2018年 03月 09日

国営放送

先に断っておくが、あくまで自分のことは棚に上げておく。

結婚してから数年、テレビは置いていなかった‥‥。
その後、引っ越し先の借家にあったテレビを観ていたのだが、
新築した家では、友人からもらった中古テレビを使用していた。
だから、ずっと国営放送との契約をしたことがなかった。

我が家の外壁は板張りのため、いわゆるラス網(金網)が
張ってないから、室内アンテナで十分事足りていた。

ところが、最近耳目を集めている受信料滞納裁判でのすべてが
国営勝訴だ。契約しているのに払わないのは、明かに契約違反
ではあるが、契約自体していない者がなぜ、現政権御用放送に
なり下がっている国営に受信料を払わなくてはならないのか、
摩訶不思議である。
f0140209_192535.jpg
【先日国営から届いたハガキ】
2月中旬の日曜、カミさんが一人でコタツにあたりながら、
オリンピック観戦をしていたとき(私は留守だった)、
受信料徴収員が玄関からではなく、窓越しから我が家の中の
様子を覗き込むように、見ていたそうだ。なんとも卑劣な行為
ではなかろうか!もし、私がその場に居合わせていたら、
「勝手に人の家を覗き込むなんて犯罪じゃないか!」とでも
恫喝していたかもしれない!まったく国営そのものの体質である。
カミさんも現場を見られた以上、現行犯?として素直に従い、
契約させられてしまった‥‥。
まぁ下手に反発しなかった分、温和に事が収まったのだが‥‥。

昔、いつもの仲間との新年会でこう言われたことがあった。
「受信料も払ってない者が大声張り上げて文句言うな!」
これからは声を大にして堂々と文句を言えるかな!(笑)

「お坊っちゃんの 自席発言 ただのヤジ」

by don-viajero | 2018-03-09 19:06 | エッセー | Comments(0)