陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 18日

旬の味

スーパーの魚売り場を覗けば、1パック100円~200円の
ボイルホタルイカのトレーがズラリ。ほうれん草も一時に
比べ格段に安くなった!

フライパンにバター10gを溶かし、刻みニンニクを炙り、
下地処理したホタルイカを混ぜ合わせ、火が通ったところで
ホウレン草を加える。

これぞ、旬の味!!!
f0140209_19423640.jpg


by don-viajero | 2018-04-18 19:43 | 男の料理 | Comments(0)
2018年 04月 16日

ま・て・い

キセキレイの巣作り。

毎年同じ巣に手(口)を加え、今年はなかなか“まてい”に
出来ているではないか!

結局5個産んだところで抱卵に入った‥‥。
f0140209_17593138.jpg

“じゃぁあばな~”(スペイン語だったらHast mañanaかな)
元気な子に育てるんだぞ!

さよなら、また明日!

「IQが 高い人ほど 物忘れ?」

by don-viajero | 2018-04-16 18:44 | エッセー | Comments(0)
2018年 04月 14日

’18 山桜

2018年、ようやく我が家の山桜も咲き始めました!
f0140209_18424993.jpg

f0140209_18431224.jpg

f0140209_18433595.jpg

f0140209_18435125.jpg


「『膿出す』が 解らぬ御仁 膿だらけ」

by don-viajero | 2018-04-14 18:44 | Photo | Comments(0)
2018年 04月 12日

「嘘つきとボクのポルカ」

「老人と子供のポルカ」

♪ ズバズバ ウソウソ

 辞めてケレ 辞めてケレ 辞めてケ~レ アベアベ

 辞めてケレ 辞めてケレ アベアベうそ~つき

 ラララ ランラン ララララ アベアベ~

 どうして~ どうして~ アナタはうそ~つき~

 お~閻魔様 お~閻魔様 アベの短舌抜いとくれ~ ♪

「親分が 嘘つきならば 子分まで」
「リーダーが 嘘つきならば 国民も?」
もっとも、私はあの嘘つき坊ちゃんをリーダーとは
認めていませんが‥‥。

by don-viajero | 2018-04-12 18:47 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)
2018年 04月 10日

ヤバい!

G.Wはまだ先だというのに、なによ!我が家のこの新芽
育ち具合!!!年々収穫が早くなってくる‥‥。
f0140209_21575073.jpg
【タラの芽】
f0140209_21582776.jpg
【コシアブラ】
f0140209_2159359.jpg
ついでに【木苺の花】

国営さん!政権のアンケート調査のなかに
“支持しない理由”に“嘘つきだから”を加えてよ!!!

「お坊っちゃんは ゴルフをやりに アメリカへ」

by don-viajero | 2018-04-10 22:01 | エッセー | Comments(0)
2018年 04月 08日

震える

晴れ間なのに、朝からときおり雪のチラつく日曜日‥‥。

里のほうはすでに花散らしが始まったが、私の周辺の
ソメイヨシノは満開を迎えている。
f0140209_18483425.jpg

桜の開花も早かったように、我々の田んぼの蓮華も
チラホラ咲き始めていた。
f0140209_18493041.jpg

f0140209_18495320.jpg

人間と同じように桜や蓮華ばかりでなく、早すぎた
暖かさにすっかり慣れてしまっていた、すべての
生きし者たちが震えていた休日だった‥‥。

霜にさえ遭わなければ、次の日曜あたりには一面に
マーヤたちが飛び交っていることだろう‥‥。

by don-viajero | 2018-04-08 18:52 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2018年 04月 06日

草餅

餅つきまでは、まだ半年以上先になるが‥‥。
f0140209_1842120.jpg

春先に芽吹いたばかりのまだアクの出ないヨモギを
確保するのが私の役目だ。
f0140209_18425128.jpg

水洗いをして余分な草やゴミを取り除き、塩を加え
沸騰したお湯に数分入れ煮込む。
f0140209_18433764.jpg

ザルに移し水分を切った後、数袋に小分けし冷凍庫に
しまう。日の目を見るのは半年以上先になる‥‥。

by don-viajero | 2018-04-06 18:58 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2018年 04月 04日

廃れる

f0140209_19251274.jpg
【我が家の満開の白梅】

犀川に沿った国道19号線を長野市に向けて走っていた‥‥。
山清路以降の道のりは、20年以上前まで遡るだろうか‥‥。

しばらくして、右手の小さな山間(やまあい)の集落が
目に飛び込んできた。躊躇せずシャッターの下りた小さな
雑貨屋の前に車を停めた。

左手のバス停に一人で座っていた、白髪交じりのおばさんに
声をかけた。
「すみません。この集落の方ですか?」
「そうだよ!」
「ここに昔○○だったMさんは、ご健在でしょうか?」
「あぁ‥。T君のことだね!
 あの子はアル中になっちまって、それがもとで
 10年以上前に死んじまったよ!」
「そうでしたか‥‥。ありがとうございました」

時は30年以上過ぎ去っていたが、私より2つ年上だった
彼の家は知っていた‥‥。両脇の朽ちかけた数軒の空き家を
見過ごし、急な上り坂を歩いて10分ほど喘ぎながら辿り着いた。

庭は長い時間手入れもされず、春先のまだ背の伸びていない
雑草が生い茂り、玄関の表札に示された彼の名も家族の名も
すっかり錆びついていた‥‥。

車を停めた場所へは違う小道を下って行った。そこで見つけた
小さな墓所。なかでもまだ真新しい梵字のお墓が目に留まった。

墓碑には彼の名も、やはり私を殊の外可愛がってくれた彼の
父親の名も刻まれていた。静かに首(こうべ)を垂れ両手を
合わせる‥‥。

車窓から流れる川沿いの満開のソメイヨシノと、点在する
山々に咲き乱れる山桜の競演が、春霞のせいなのか滲み
出てくる涙の被膜なのか、いくらかぼやけて見えていた‥‥。 

by don-viajero | 2018-04-04 19:29 | 超短編小説 | Comments(0)
2018年 04月 01日

4月1日

季節の花々は嘘をつかない‥‥。

我が家の敷地に数本自生して、毎年一番に春を告げるのが、
枯れ枝に黄色く咲き始めるマンサクの花だ‥‥。
南に面している木々が、今満開を迎えている‥‥。
f0140209_1821193.jpg

名前の由来は、早春に咲くことから「まず咲く」⇒
「まんずさく」が、東北地方で訛ったものと言われている‥‥。

「国営は 有料放送 観なくとも」
「昭恵とは 今日別れます フェイクです」

by don-viajero | 2018-04-01 18:06 | エッセー | Comments(0)